お金持ちになるための5つの選択肢

「ユダヤ人大富豪の教え」や「大好きなことをしてお金持ちになる」など、多くのベストセラー本を執筆している作家の本田健氏によると、お金持ちになるためには大きく分けて5つの方法があるようです。
一つは親が裕福で親から資産や財産を受け継ぐことで、二つ目が会社を創業し成功した本人が亡くなりその会社や資産を相続するケースです。
そして三つ目が株やFXに投資をしてお金持ちになる方法で、四つ目が高年収の職業で最後が自分で起業し成功するケースです。
そこで今回はこのお金持ちになるための、5つの選択肢について詳しく検証してみます。

職業次第ではあなたもお金持ちになれる

一般的に富裕層と呼ばれているのは年収3000万~5000万円以上で、純金融資産が1億円を超える層です。
2014年に発表された世界の富裕層数データによると、資産が1億円を超える日本人の人数は約272万人です。
また年収3000万~5000万円以上の職業も多く存在し、例えば医師や弁護士や企業の社長や役員などです。
この他にも芸能人やプロ野球選手なども、年収3000万円以上の人は多数います。

自分で起業し成功すれば年収が1億円を超えるケースも

「働かないで年収5160万円稼ぐ方法」の著者の川島和正氏は横浜国立大学を卒業し、サラリーマンから年収1億円のブロガーに転身した人物です。
自身の著書も28万部売れるベストセラーとなりその後も50万部のベストセラーを出版した川島和正氏は、さまざまなノウハウ本からビジネスのやり方を学び実践したことで、メールマガジンやブログなどのネットビジネスで成功し20代で年収1億円を達成しています。

まとめ

日本に約272万人ものの富裕層が存在することや、ネットビジネスで20代で年収1億円になれる事実には驚かされます。
言い換えれば誰でも富裕層になれる、可能性があるとも言えます。
お金持ちになるための5つの選択肢で最も可能性があるのは最後の自分で起業し成功することで、今の時代はインターネットがその可能性をより現実のものとしてくれそうです。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【インターネット上でお金は稼げるのか】

インターネット上でお金は稼げるのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)