思いがけない初の海外赴任!どうすればいいのか

まさか自分が海外の駐在員として赴任するなんて、「思ってもいなかった!」という人が増えています。
その背景には日本国内で急速に進む少子高齢化で、物がだんだんと売れなくっていることが大きく影響しているようです。
これまでは安い労働力を求めて自動車メーカーなどが海外へ進出していたのですが、今は東南アジアなどの市場を求めてさまざまな業種が海外へと出ています。
そのため海外での駐在員などは、自分に関係ないと思っていた人までが、海外赴任している時代です。
そこで今回はもしあなたが急に海外赴任することになったならば、どうすればいいのかについて詳しく検証してみます。

海外に赴任する前にすべき選択

海外に赴任することが急に決まった場合に独身であればあまり問題ありませんが、もしあなたが結婚していて子供がいるとするとある選択に迫られることになります。
それは家族と一緒に海外に赴任し共に生活するか、それとも家族を残してあなただけ海外に単身赴任するかの選択です。
いくつかのケースが考えられますが奥さんも仕事を持っていて、中学生の子供がいるとすると単身赴任する可能性が高くなります。
一つは海外への赴任期間が3年から5年だからで、奥さんが仕事を持っているとこれまでのキャリアを失うことと、もし子供が中学生だと3年後は地元のインターナショナルスクールか日本に帰国するしか方法がないからです。

海外に赴任してからの英語の不安

家族の問題はもし子供が小学生か就学前であれば日本人の子女を対象にした、保育園や幼稚園や小学校や中学校がある国も多いのであまり問題ありません。
特に初めての海外赴任の場合は東南アジアが多いので、日本人学校がある国も多いからです。
それよりも初めての海外赴任でほとんどの人が、英語に不安を抱えています。
大手企業であれば現地の会社に日本語ができる通訳が何人かいますが、最近では経費節約のために通訳がいない会社も増えています。

まとめ

海外に赴任することが急に決まったからと言って、英会話を始めてもすぐに上達するものではありません。
語学は時間を掛けてやっていかないとかんたんに上達するものではないので、普段からコツコツと勉強することが大事です。
エンジニアの仕事であれば片言の英語でも現地の社員とコミュニケーションが取れますし、営業であれば日系企業廻りがほとんどなので、あまり言葉の不自由は感じないかもしれません。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【日本の保険制度について】

日本の保険制度について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)