50代を積極的に採用する企業たち 終身雇用崩壊の世に適応していく

50代を積極的に採用する企業が注目を集めています。なんと、50歳以上しか採用しない会社も存在するとのこと。

終身雇用が崩壊した今の時代には40代や、50代での転職などは別段に珍しいことではありません。
ただまだまだ40代や50代の中高年を積極的に採用する企業は少ないのが現状で、例え新しい仕事が見つかっても正規雇用でなかったり、年収がダウンしたりすることも少なくありません。
そんな中でも50代を積極的に採用する企業もあり、今回はなぜこのような企業が中高年を積極的に採用するのか検証してみます。

50代を新卒採用する森下仁丹

口中清涼剤の仁丹のメーカーで知られている森下仁丹は大阪に本社がある、明治26年創業の老舗の医薬品メーカーです。
その森下仁丹が2017年3月1日から50代を対象に、前の仕事の職種を問わないポテンシャル採用で幅広く人材を募集する、「第四新卒」採用を始め注目を集めています。
森下仁丹が行っている募集職種は営業・商品開発・製造・新規事業開発に関するマネジメント業務などで、正社員として採用されますが前職でのマネジメント経験や、医薬品メーカーなどこの業界での就業経験は問われません。森下仁丹が同年3月1日から始める求人広告のキャッチフレーズは「オッサンも変わる。ニッポンも変わる」で、入社後にやりたいことや本人のやる気といった点を判断基準して採用するようです。

森下仁丹の「第四新卒」では、年齢経験不問で倍率220倍!

給料について一切提示せず「年齢、性別問わず、やる気のある人」という条件で、実際に応募をしてきたのは、50歳前後がボリュームゾーンで、7割が男性、3割が女性とのことでした。その状態で、10人の採用枠に対しての応募は約2200人とのことですので、倍率はなんと220倍です。

採用した人の中に、元IT業界で働いていた48歳の方がおり、「IT業界なんて、48歳にもなったら仕事がないですよ」という言葉が採用担当者にとって印象的だったとのことでした。彼はもともとマイクロソフトでバリバリ仕事をされていた方で、その後、何度か転職され求職活動中だったそうですが、なかなか求人自体がないそうです。また別の方は、介護のために実家に戻らざるを得なくなって退職したという人もおり、現代において、50歳前後で仕事を探すことの難しさを物語っています。

女性は、出産や介護、病気などで一度退職すると、なかなか再就職は難しいと言われていますが、女性に限らず、男性も同様です。
日本は年功序列が非常に強く根付いていますので、やりたいことがあっても、逆にやれなくなってしまうという背景があるのではないでしょうか。
そこで「オッサンも変わる。ニッポンも変わる。」のキャッチフレーズが、多くの50歳前後の人たちに心に刺さったのかもしれません。

50歳以上しか採用しない会社

ウェブ上に50歳以上しか採用しない会社の社長の、インタビュー記事が掲載されていてとても興味深いものなのでご紹介します。
取材者がその会社を訪問して若手の社員がいないことを不思議に思い社長に尋ねると、その社長は50歳以上の人しか採用していませんと答えています。
さらに採用基準があり人生を変えたいという人だけを採用しているようで、人生を変えるにはほんのちょっとのことをするだけでいいとその社長は答えています。
どういうことかと言えば人生を変えるのは一発逆転ではなく些細な日常の習慣で、早起きしたり通勤時間に必ず本を読むとかで電話を毎日10本した社員はトップ営業になり、心を込めてメールを書いた社員はリピート率がナンバーワンになったと言います。

 

まとめ

今の日本では経験豊富な40代や50代の中高年の方々にとっては受難の時代で、給与とスキルが一致しないという理由からなかなか仕事が見つからなかったり、転職できても年収がダウンしたりしています。
しかし中には素晴らしいスキルや才能を持っている、40代や50代の方々もたくさんいるはずです。
要は経営者が中高年の方々のスキルや才能を活かすような仕組みや環境を作れば、これからの日本の将来はもっと可能性に満ちたものとなるでしょう。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【新しいワークスタイル】

新しいワークスタイル

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です