リストラを告げられる前に転職する

リストラとは英語の「Restructuring」が語源で本来は再構築という意味ですが、日本ではリストラと言えば企業が従業員を解雇するという意味合いで使われています。このリストラという言葉が使われ始めたのはバブル景気崩壊後の1990年代以降で、日本の多くの企業ではそれまでの日本独自の雇用制度だった終身雇用を放棄し、不要な従業員の解雇を始めたのです。そこで今回はリストラを告げられる前に、転職する方法などについて詳しく検証してみます。

部長になれないならば全員リストラ要員

自分だけはリストラには遭わないと思っていても、ある日いきなりリストラを宣告されるのが今の日本です。リストラは本来は再構築という意味なので不要な人材を解雇し、必要な人材で会社の再構築を図るのがリストラの目的です。日本のように終身雇用制度を取り入れている国はほとんどなく例えばアメリカでは、レイオフと呼ばれる企業が業績悪化になると解雇を宣告する制度があります。日本で外資企業では会社に出社すると、朝から上司に呼ばれその場で解雇を宣告されることもあります。日本でも部長になれない社員は、全てリストラの要員だとも言われています。

リストラを告げられる前に転職を考える

終身雇用制度が崩壊した日本では部長になれない従業員を雇用するよりも、同じスキルを持っている若手の社員のほうが給料も安く可能性があります。今の日本では事実上は同じ会社で一生働けると思っている人は少ないようですが、それでもまさか自分がリストラに遭うとは思っていません。リストラを宣告されてから新しい職場を探すことは、想像している以上に大変なことです。転職する前は今もらっている給料くらいで、新しい会社を探せると思っている人が、1年経っても仕事が見つからないのです。

まとめ

もしあなたがこのまま会社にいても部長になれないと思うのであれば、会社からリストラを宣告される前に転職活動を考えるべきです。インターネットの普及で会社に在籍したまま、希望の職種や年収で仕事を探すことができます。転職には計画性と十分な時間を掛けるべきです。転職する前に自分で考えている給料と、市場価値との間には大きな違いがあるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)