クラウドワークは稼げるのか

クラウドワークスやランサーズといった、インターネット上にはいわば「仕事掲示板」のようなサイトがあります。
仕事が多数掲載されていますので、フリーランスや副業の人はインターネット上で仕事を探して連絡を取ってですぐにでも仕事が出来ますが、果たしてこのようあnシステムは稼げるのでしょうか。

 

結局は自分次第

6
極論すれば結局は自分次第です。クラウドワークスやランサーズに共通しているのは、仕事は多数ありますが案件の難易度もまた、様々です。誰でも出来る簡単な物もあれば、ある程度のスキルがなければ出来ないようなお仕事もあります。
例えばですが、外国語も喋れる、プログラミングも出来る。このような人であれば、クラウドサービスだけで十分に食べていけるでしょう。仕事は山のようにありますが、その中から高額案件だけを選んでお仕事をこなせるでしょう。
一方、何もスキルがない場合、誰もが出来るような簡単な調査等だけになりますので、報酬額は安いです。
なぜ仕事があるのかといえば、作業してくれる人を求めているからですが、報酬と仕事の難易度はほぼ比例していますので、どれだけ稼げるのかは結局は自分のスキル次第です。

 

報酬に関して

4
報酬に関してはピンキリなのですが、その手のサービスの場合、報酬額から2割がサイト利用料として取られます。つまり、5,000円の案件であれば2割に当たる1,000円が手数料名目で差し引かれるので4,000円手に出来ます。
これを高いと見るか安いと見るかは判断に迷う部分です。仮に直で契約すれば手数料など必要ありません。ですが、不払いのリスクもあります。
クラウドワークスが登場する前からその手のサービスはあったのですが、報酬の未払い等、トラブルが多かったのも事実です。その点、サービスが仲介することによって不払いがなくなります。リスクヘッジという点では良いのですが、それでも2割は高いとの声があるのも事実。
利用するしないは自己責任なので、高いと思うなら利用しなければ良いだけですし、実際探せばクラウドサービス以外にも直でやり取りを出来る仕事掲示板もあります。

 

まとめ

結局はインターネット云々ではなく、「仕事」になるので自分の能力次第です。
見るだけであれば誰でも出来ますので、どのような仕事があるのかチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)