インターネット上でお金は稼げるのか

副業として、あるいは空いた時間に何かでお金を稼ぎたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
そこでインターネットです。インターネットを駆使すれば空いた時間や副業でお金を稼げるのではないかと思っている人は多いようですが、実際インターネット上で可能なのでしょうか?

インターネット上でのお金稼ぎ

結論から言えばインターネット上でお金を稼ぐことは可能です。その方法は多々あります。youtuber、アフィリエイト、オークションを活用した売買やクラウドワークスなど、お金になるようなことは多数あります。
これだけの方法があるので、自分のライフスタイルや特技、価値観。それらと照らし合わせればお金を稼ぐことは決して不可能ではありません。

お金が生まれる理屈

ですが、インターネット上ではお金を稼ぐ方法が多々あるのですが、お金が動く、あるいはお金が生まれるということはそれだけの価値があるからこそです。
例えばオークションにしても、出品すれば売れる保証はありません。アフィリエイトやyoutuberも同様です。頑張ればお金になるといった論調もあるのですが、これらはyoutubeに動画をアップロードしたり自分でサイトを作り、そこに広告を掲載することで広告収入が発生して自分にお金が入る仕組みです。
広い意味では「広告代理業」になるのですが、広告を出している側が「意味がない」と思えば費用は安くなりますし、例えばですが自分でクリックしたり更新ボタンを連打して視聴回数を増やせばどんどんお金が稼げるのではないかと思ったら大間違いです。
シビアな言い方ですが、youtubeにせよアフィリエイトにせよ広告主を一番に大切にしますので、youtuberやアフィリエイターの立場は低いです。

クラウドワークスは?

インターネット上にはクラウドワークスと呼ばれているサイトがあります。簡単に言えばそこにはインターネット上で出来るお仕事が多数掲載されています。
そこで仕事を依頼している企業や個人とコンタクトを取って仕事をするのです。これは成果物を納入すればお金になります。
その点では「確実に」お金にはなりますが、どれだけの時間がかかるのかは結局は自分次第です。
例えば1,500円もらえる案件を見つけたとします。完成させれば1,500円になるのは間違いないのですが、どれだけの時間がかかるのかは自分次第です。
30分で出来れば効率の良いお仕事ですが、2時間も3時間もかかるようでは時給換算すれば決して割りの良いお仕事ではないでしょう。
さらには定期的にあるかも不明です。継続的なものなのか、あるいはその時だけなのかは依頼主次第になりますが、お金になるのだけは事実です。

まとめ

お金が発生するということは大袈裟ではありますが「ビジネス」です。自分の都合ではなく、相手の都合に合わせてこそ対価や報酬を得られると知っておきましょう。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)