副業としてあまりオススメでないバイトとその理由(ティッシュ配り編)

副業にも在宅でできるアフィリエイトなどのネットビジネスや、スキルがあればクラウドソーシングで稼ぐこともできます。
ただ残念ながら全ての方がアフィリエイトなどのネットビジネスやクラウドソーシングで稼げるわけではなく、副業としてバイトをするサラリーマンやOLや主婦も少なくありません。
ただ全てのバイトが副業としてお勧めかと言えば、中には副業としてあまりオススメでないバイトもあります。
そこで今回はなぜティッシュ配りのバイトがサラリーマンやOLの副業として、あまりオススメでないのかその理由について詳しく検証していきます。

誰でもでき短時間に稼げるティッシュ配りのバイト

よく繁華街や駅前などに立って通行人にティッシュを配るバイトの姿を見かけますが、フリーターが多いティッシュ配りのバイトですがサラリーマンやOLの方でも平日であれば会社が終わってから1日に3~4時間か、土曜日や日曜日であれば好き時間に気軽にできるバイトです。
地方でも都内でもティッシュ配りのバイト求人募集は、アルバイト情報誌やネット上の求人サイトで簡単に探せます。
出来高制を採用しているところもありますが時給のところが多く時給1000円以上で、ティッシュ配りのバイトはだいたい日に3~4時間なので日給に換算すると3000円から4000円以上は稼げます。

なぜ副業としてティッシュ配りのバイトをあまりススメないのか

ティッシュ配りのバイトは指定された集合場所に行き担当者からティッシュを配布する場所や、ティッシュを配るターゲットについて説明を受けてから始めます。
配布場所は普通ターミナル駅の付近や繁華街やデパートなどの大型施設の前で、ティッシュに印刷されている広告に興味を持ちそうな人たちが配布するターゲットになります。
無料でティッシュを配るだけのバイトですが夏の暑い日や冬の寒い日に、街頭に立つので熱中症になったり寒さで風邪をひく可能性もあります。
さらにバイト中は立ちっぱなしなのでけっこう体力が必要で、なかなかティッシュを受け取ってもらえないこともあるようです。

まとめ

ティッシュ配りのバイトは早足で歩き想像以上に疲れる仕事なので、本業で疲れているサラリーマンやOLにはあまりススメなバイトとは言えないようです。
それに中には露骨に嫌がる人や舌打ちしたりする人もいるので、精神衛生上もあまり良いバイトとは言えないようです。
ただティッシュ配りのバイトはほとんどのところがノルマがなくバイトが終わればその日に現金で払ってもらえたり、翌日に自分の口座にお金が振り込まれるのでどうしてもお金が必要な方にはお勧めかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)