車を購入する際に別途に掛かる費用の内訳と金額

これから車を購入しようとするのであれば自分の年収でどんな車を買えるのかや、車を購入する際に自動車の代金とは別にいくらくらい掛かるのか知っておくべきです。
さらに車の購入後も車検代や税金など車の維持費が掛かるので、車の維持費なども理解した上で車を購入しないと後で後悔することにもなりかねません。
そこで今回は車を購入する際に自動車の代金とは別に掛かる、重量税や自賠責保険料などのさまざまな費用について詳しく説明していきます。

車を購入する際に自動車の代金とは別にさまざまな費用が掛かることを知っておこう

車を購入する際には自動車の代金とは別にさまざまな費用が掛かり、新車を購入する場合と中古車を購入する場合とでもこの費用は異なってきます。
では新車と中古車の購入の際に掛かる費用の違いは何かを説明すると、まず中古車を購入する際にその中古車にもし車検がない時は新たに車検を取得しなければならないので、別途に重量税や自賠責保険料が加算されます。
また新車を購入する場合の取得税は車両価格に0.9を掛けますが、中古車を購入する場合の取得税は中古車の使用年数で計算されます。
もしあなたが買おうと思っている中古車に、まだ車検が残っていれば車検代は掛かりません。
ただその場合でも車検証の名義変更や、ナンバープレートの交換などを行うので、中古車を販売する業者に手数料を支払います。
自動車税は新車であっても中古車であっても購入の際に掛かる費用で、車種や用途や排気量などによって決められています。
またグリーン化税制で自動車の排出ガスや燃費の性能によっても自動車税の税額が異なり、その年の自動車税の早見表やグリーン化税の自動車税の早見表もネットで探せば簡単に見つかります。
また年度の途中で車を購入した場合の自動車税は取得した月の翌月から、翌年の3月までの分を月割りで計算して算出されます。

ではいくらの車を購入すると自動車の代金とは別にどのくらいの費用が掛かるのか

新車であっても中古車であっても自動車の代金とは別に、さまざまな費用が掛かることはご理解いただけたと思います。
ただ車種や用途や排気量などによってその費用の金額が異なりますが、だいたい車両本体価格の10%から約20%が目安です。
例えば車両本体価格が100万円だとすれば自動車の代金とは別に20万円から約30万円の費用が掛かると思ってもいいでしょう。
もし本体価格が200万円の車であれば30万円から40万円の費用が掛かり、250万円の車であれば35万円から45万円の費用が掛かります。
同様にもし300万円する車を買おうと思えば、40万円から50万円費用が掛かるのを覚悟しないといけません。
350万円の車であれば50万円から60万円の費用が掛かり、400万円の車であれば60万円から70万円の費用が掛かります。
もし本体価格が500万円程度の国産の高級車や外車などを買おうと思えば、60万円から70万円費用が掛かるのを覚悟する必要がありそうです。
具体的な費用の内訳ですが税金としては自動車税や自動車取得税や自動車重量税で、この他にも自賠責保険や車庫証明書や検査登録手続代行費用や預かり法定費用や消費税などで、もし下取りしてもらう車がある場合は査定費用や希望sるナンバープレートがある場合は別途にその料金を取られます。

まとめ

新車であれ中古車であれ自動車を購入する際には、車の代金とは別にさまざまな費用が掛かるご理解いただけたと思います。
車の場合はその車種や自家用とか商用とかの用途や排気量によっても掛かる費用の金額が異なるので、一概には言えませんが車両本体価格の10%から20%は掛かります。
ただ車の場合はこれらの費用の他にも駐車場代や、ガソリン代などの維持費もけっこう馬鹿になりません。
特に都内などの大都市に住んでいると田舎と違い駐車場代は驚くほど高く、車を買ったのはいいけれど後で後悔することにもなりかねません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です