ネット銀行の意外と知らないメリット

 

ネット銀行の意外と知らないメリット


ネット銀行とは従来の店舗型の銀行ではなく、インターネットを利用した営業に特化された銀行のことです。
一般の銀行と比べると店舗数や設置されたATMも少ない上に預金通帳も発行しないので、
余分な人件費や出店のコストが掛からない分だけ、銀行預金の金利も高く手数料が安いのが特徴です。
では実際にネット銀行にはどんなメリットがあるのか、検証してみたいと思います。

 

ネット銀行の3大メリット


インターネットの画面を使って銀行口座の残高照会や振込みなど、インターネットバンキングはどの銀行でも行っています。
ただ店舗をほとんど持っていないネット銀行の最大のメリットは、ATM手数料や振込み手数料が安いことです。
最近ではATM手数料が安い銀行も増えていますが、それでもまだまだATM手数料が銀行も少なくありません。
しょっちゅうATMからお金を引き出している人にとっては、ATM手数料も塵も積もれば山となりで馬鹿になりません。
ネット銀行のなかにはゆうちょ銀行や、セブンイレブンやローソンやファミリーマートなどのコンビニ設置された、
ATMの手数料が無料のところもあります。
ネット銀行のもう一つのメリットが振込み手数料で、同じ銀行間であれば残高がない場合でも無料のところが多いようです。
さらに店舗数が少ないのでコストが掛からない分、銀行預金の金利が高いのもネット銀行のメリットの一つです。

 

ではどのネット銀行がオススメか?


日本国内にあるゆうちょ銀行や、セブンイレブンやローソンやファミリーマートなどのコンビニのATMを、いつでも何回
利用しても完全無料なのが新生銀行です。
東京スター銀行の場合はATM手数料に関しては月8回まで無料で、
じぶん銀行の場合はセブンイレブンやローソンやファミリーマートなどのATM手数料が月3回まで無料で、
ゆうちょ銀行のATM手数料が月1回まで無料です。住信SBIネット銀行は月2回までゆうちょ銀行と
セブンイレブンやローソンやファミリーマートなどのATM手数料が無料で、他のほとんどのネット銀行は
ATM手数料が有料です。他の銀行への振込手数料も新生銀行と住信SBIネット銀行は口座に残高がない場合でも
月1回まで無料で、残高30万円以上の場合は住信SBIネット銀行は他の銀行への振込手数料も月に15回まで
無料で、 新生銀行も月に10回まで無料です。預金金利が高いのは楽天銀行で、2週間の普通預金の金利が
0.10%で新生銀行と東京スター銀行が次に高く0.05%でした。

 

まとめ

どのネット銀行を使うかは本人の自由ですが、新生銀行と住信SBIネット銀行の口座を開設して利用すれば、
ゆうちょ銀行やセブンイレブンやローソンやファミリーマートなどのATMであれば手数料は無料になり、
銀行口座の30万円以上の残高があれば他の銀行への振込手数料も、最大で毎月25回も無料になります。
口座開設料や口座維持手数料も掛からないので、ネット銀行を使わない手はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)