賃貸か購入か。不動産はどちらが得なのか

賃貸にすべきか。あるいはローンを組んででも購入すべきか。不動産の悩みは尽きないものですが、実際どちらの方が良いのか。
簡単には答えが出ない問題ですが、それぞれの特徴をよく吟味してみるとしましょう。

賃貸のメリット・デメリット

賃貸のメリットはいつでも出ていける点です。隣人が気に入らない、気が変わった、転勤が決まった。このような状況に直面したら賃貸契約を終了すれば良いだけです。また、固定資産税や修繕積立費がかかりません。
反面、言うまでもなく賃貸は何時まで経っても賃貸です。仮に30年借りたからといって自分の権利にはなりません。一般的には年金暮しになった時に、賃貸の負担が大きくなるとも言われています。

購入した場合

購入する場合のメリットは自分の資産になる点。そして住宅ローンを支払い終える頃にいわゆる「老後」を向かえますので家賃の負担が少なくて済む点です。
一方、固定資産税がかかりますし、住宅ローンの場合、いくら低金利の時代ではあっても利息を計算するとそれなりの額になっているのも事実。また、いくら家賃がいずれなくなるとはいえ、修繕積立費がかかりますのでいくら自分の権利ではあっても決して「毎月お金がかからない」にはなりません。
但し、いざとなれば売却出来るのはメリットです。場合によっては売却した額の方が購入時より高くなるケースもあります。老後になって不動産ローンが終わったら、売却して老後の資金にという考え方も出来るでしょう。

どちらが良いのか

どちらが良いのかは
シチェーション次第としか言えません。なぜならこの議論はかねてからどちらの方が得なのかと散々なされてきたのですが、未だに答えは出ません。
不動産の価格が安ければ購入した方が得とは言われていても、仮に震災等が起きて自分の不動産がダメージを負ったら丸々負債になってしまいます。
いずれにせよ、どちら共にメリットとデメリットがあるので、自分自身の気分や環境によって決めるくらいでも問題ないのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)