宝くじで一攫千金を狙う

 

一攫千金とは1度に大きなお金を手に入れることですが、一般の日本人にとって一攫千金とは競馬・競輪・パチンコといったギャンブルで使われる言葉です。一攫とは「一つかみ」という意味で、千金とは「大金」という意味です。つまり大金を一つかみで、手に入れることです。ただ大金と言っても競馬・競輪・パチンコといったギャンブルで、1億円や2億円も手に入れることはできません。そこで今回は宝くじで一攫千金を狙うには、どうすればいいのかついて詳しく検証してみます。

 

宝くじの種類

 

日本で発売されている宝くじは主に、全国の都道府県や政令指定都市が発売しています。そのため宝くじの名称も全国で販売される宝くじは全国自治宝くじと呼ばれ、東京都で販売販売される宝くじは東京都宝くじと呼ばれています。他にも中国・四国・九州・沖縄県で販売される宝くじは西日本宝くじで、三重県を除く2府4県の近畿地方で販売される宝くじは近畿宝くじと呼ばれています。なおサマージャンボ宝くじは市町村の振興が販売の目的のため、政令指定都市は発売元ではありません。またナンバーズ3やナンバーズ4は数字選択式全国自治宝くじと呼ばれる宝くじで、抽せんで番号が一致すれば最高で8億円が貰えるのでまさに一攫千金を狙うことができます。

 

宝くじが当たる確率はどのくらいか?

 

ジャンボ宝くじの2億円が当たる確率は1000万分の1程度と言われていて、その確率はあなたが交通事故で明日にでも死ぬ確率より低いのです。まあ宝くじが当たる確率と交通事故で死ぬ確率を比較しても仕方がありませんが、それほど低い確率だということです。ではジャンボ宝くじの6等300円が当たる確率はといえば10分の1ですが、5等3000円になると100分の1なのでそのまま金額と同じ10倍の難関です。4等の組違い賞10万円は1000万分の1099で、3等100万円は10万分の1で、2等3000万円は1000万分の3で、前後賞の1億円が当たる確率は500万分の1と気が遠くなるような確率です。

 

まとめ

 

宝くじで一攫千金を狙うことは、やはり難しいかもしれません。よく宝くじは夢を買うものと言いますが、宝くじを買って当選番号を見るまでは「もし当たった車を買おう!」とか、「家を建てたい!」とか宝くじには夢があります。それに買わないと絶対に当たらないし、誰かに1等の宝くじが当たるわけですから、宝くじで一攫千金を狙うのも悪くないかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)