借金で苦しんでいるあなたへのアドバイス

 

昔の人の中には大病・借金・投獄の3つの経験が、人間を本当に成長させると言った人もいます。つまり大病して初めて健康のありがたみが分かり、借金をして初めてお金のありがたみが分かり、投獄をして初めて当たり前の生活がどんなに素晴らしいか分かるという意味です。しかしできればこの3つを、経験しないで済む人生を送りたいものです。投獄は犯罪を犯さなければまずあり得ませんが、借金で苦しんでいる人は少なくありません。そこで今回は借金で苦しんでいる、あなたへのアドバイスを書いてみます。

多重債務問題に苦しんでいる場合

最初はたいしたことがないと思っていた借金でも、借金のための借金を何回も繰り返していると、借金が膨らんで多重債務になります。2010年6月18日に貸金業法が施行され多重債務で苦しんでいる人の数は減少していると言われていますが、以前として多重債務問題に苦しんでいる人がいるのも事実です。多重債務者の多くはその怖さに気付かないで、借金が膨らんで借金地獄に陥ってしまうことです。多重債務問題に苦しんでいる場合は、迷わずに弁護士に相談をすべきです。それも多重債務問題に取り組んでいる弁護士のほうがいいでしょう。多重債務問題を専門にしている弁護士であれば、借金を一本化や任意整理などのアドバイスをしてくれるはずです。

任意整理とはどんなもの?

任意整理とは金融業者と交渉して借金の利息を下げたり、毎月の支払い額を少なくしてもらう方法です。債務整理にも自己破産などさまざまな方法がありますが、任意整理は裁判所などの公的機関を利用しないで返済額や利息の負担を軽減するやり方です。金融業者がなぜ任意整理に応じるかというのは、裁判所などを通じて債務者に自己破産などをされるぐらいなら、いくらかでも返済してもらったほうがいいからです。保証人に迷惑をかけたくないと考える人には最適な方法かもしれません。

まとめ

借金は自分で借りたのですから返すのが当然ですが、本当に追い詰められたならば弁護士など専門家に相談すべきです。借金で苦しんでいる時はすでに、普通の精神状態ではありません。自己破産などの方法もありますが、あなたを信じて保証人になってくれた方々へ迷惑をかけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)