転職で失敗しないためのあなたへのアドバイス

東芝などの上場企業でも経営悪化で、長年に渡って会社に貢献してきた社員でもリストラになる時代です。
戦後の終身雇用や年功序列などの日本の雇用制度は崩壊し、誰もが転職を余儀なくされる世の中です。
しかし日本人は正直なところまだ、あまり転職することに慣れていなくて、転職で失敗する人もいます。
そこで今回は転職で失敗しないためにはどうすればいいのかについて、詳しく検証してみます。

転職に失敗する人のパターンと傾向

中高年の方々がリストラに遭い転職を余儀なくされ年収がダウンする話はよく耳にしますが、20代や30代でも転職し例え年収がアップしても転職を後悔するケースが多々あります。
一つは給料面だけで転職した場合に、思うように自分の力が発揮できないことがあります。
例えば転職する場合もこれまでと同じ業種で、同じ職種であれば仕事もだいたい同じような内容なのであまり失敗することはありません。
しかし同じ業種でも違う職種に転職する場合には注意が必要で、例えばメーカーから同じメーカーに転職してもこれまでの総務職から営業職に転職するケースです。
メーカーで総務職だった人が販売会社の総務職に転職しても、同じ総務職なので仕事内容もあまり変わらないので失敗する可能性は少ないと言えます。

転職で失敗しないためには事前に周到な準備と計画性が必要

外資企業などの場合には朝出社するといきなり、上司から呼ばれリストラを告げられることもあります。
ただ日系企業の場合はリストラの宣告をされても、実際に転職するまでには時間があります。
まして自主的に転職を決意するのであれば、在社している間に周到に計画性を持って転職活動を行うべきです。
学生の時には就活で必死になって企業の情報を収集したり、面接の練習をした人でも社会人になると転職を甘く見てあまり転職活動をしない人もいます。
そして面接で自分のこれまでの実績ばかりをアピールし、転職先の社風や内部事情もよく調べないで転職し後で後悔します。

まとめ

今の日本では転職はもはや特別なことではなくなっていますが、それでも生涯に何回もするものではありません。
それだけにもし転職するのであれば、確実にキャリアアップやステップアップしたいものです。
そのためにはまずは自分の市場価値が、どれくらいなのかを把握することが大事です。自分では仕事ができると思っていても、市場価値が思っていたよりも低い場合もあるからです。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【無理をしない生き方も必要】

無理しない生き方も必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)