職場の人間関係が苦手な方へのアドバイス

無人島に一人で住まない限りは、どんな人でも他人と関わって生きています。
他人もさまざまで自分と相性がいい人もいれば、どうしても苦手だという人もいます。
相性が悪い人とか苦手だとか思う人とは、別に付き合う必要もありません。
しかしこれが会社など職場となると、話は違ってきます。
どんなに相性が悪い上司とか苦手だとか思う同僚や部下がいても、全く無視するわけもいかず職場の人間関係に悩んでいる方はたくさんいます。
そこで今回はどうすれば職場の人間関係が、スムーズにいくのかについて考えてみましょう。

相性が悪い上司との人間関係に悩んでいる方へのアドバイス

職場のなかでも直属の上司との人間関係が上手くいかないと、どんなに給料が良くても仕事や待遇に満足していても転職の二文字が頭のなかを過ります。
上司にもいろいろなタイプの上司がいますが、上の立場の人間に対してはへりくだり下の立場の人間に対しては威張っていたり、自分の仕事の失敗は棚に上げて部下の仕事の失敗は執拗に長々と追及するタイプの上司がだいたい嫌われているようです。
他にもできもしない売上目標を掲げて愛社精神を求める上司や、仕事ができないのに自分では仕事ができると勘違いしている上司などです。
大事なことはもし給料や仕事や待遇に満足しているのであれば、上司との相性が悪いというだけで会社を辞めたり転職したりしないことです。
例え転職しても前述したようなタイプの人間は、どんな会社にも一人や二人はいます。
上司に対して何か求めれば腹も立ちますが、何も期待しないでいればその内にどちらかが異動になります。

同僚や部下との関係が上手くいかない方へのアドバイス

職場の上司との人間関係に悩んでいる人だけでなく、会社の同僚や部下との人間関係にストレスを感じている方はたくさんいます。
例えば仕事の失敗を人のせいにしたり、異性と接している時の態度と同性と接している時の態度が、あまりに違う同僚の人間性を疑ってしまうこともありますよね。
部下との関係に悩んでいる人も多いようで、特に世代が違う若い部下との接し方がよく分からないという声も耳にします。
確かに年配の人から見たら言葉遣いやマナーや、常識がないと思ってしますこともあるかもしれません。

まとめ

同僚の場合も部下の場合もそうですが、人はそれぞれ性格も違えば価値観も違います。
相手の性格や価値観が自分と大きく違っていても、まずは相手を認めることが大事です。
自分が苦手と思っている上司や同僚や部下も、あなたのことを苦手と思っているかもしれません。
この世の中には完璧な人間など存在しません。
誰でも欠点や、悪いところを持っています。
相手の欠点や悪いところを必要以上に許せないと思っていると、苦しむのは結局のところあなた自身です。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【前に進むには後悔しないマインドが不可欠!】

前に進むには後悔しないマインドが不可欠!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)