実際のところ、FXは儲かるのか

投資の中でも少額から行えるFXの人気は日に日に高まっていると言っても過言ではありませんが、実際の所FXは儲かるものなのでしょうか?

FXの原理

FXは為替投資になるのですが、株式投資との決定的な違いは株式投資は会社単位で見るものですが、FXは円という通貨での取引になりますので、日本の国際情勢によって左右されます。
また、FXは為替の変動を利用した投資になりますので、円とドル、円とユーロといったように対になる通貨を選ばなければなりません。つまりは日本に何ら問題がなくても、例えばドル円レートであればアメリカに何か問題が起これば円の価値が高まり、円高になります。
国内だけではなく、相手国の動向や国際経済まで頭に入れておかなければならないのです。

儲かる原理

どうすれば儲かるのかといえば単純です。買った額より売った額が高ければ利益になります。1ドル80円の時に購入し、1ドル100円の時に売却すれば20円の利益になります。もちろんここから税金や手数料を取られるのですが、基本的にはこれがFXの儲かる仕組みになります。
ですが、国際通貨の変動は誰にも分からないだけにギャンブル的な要素もあるのです。

レバレッジとは

FXの最大の特徴はレバレッジです。自己資金が10万円の人間と100万円の投資家。どちらが利益を出せるかといえば、投資の手腕が同じであればお金がある方に決まっています。これはFXに限らず投資の原理ですが、FXの場合レバレッジと呼ばれる、いわばお金を借りる制度があります。
そのため、10万円しか持っていない人でもレバレッジを10倍で運用すれば100万円分の資産運用が可能になります。仮に1%利益が出た場合、10万円なら1,000円ですが100万円なら1万円。持っているお金が異なるだけでここまで利益が異なるのですが、これは損失にも言えますので、レバレッジを高くすれば良い訳ではありません。

まとめ

FXは少額から始められるだけではなく、レバレッジによって大きな夢を見れる点が人気ではあるものの一方では自分の身の丈に合わない損失を負う可能性もあると知っておきましょう。
それでも普通に働いていてはなかなか手に出来ないような額を手に出来る可能性があるのも一つの事実ではありますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)