毎月10万円の貯金をする方法。実践して年間120万円貯めよう!

 

貯金があれば何かあったときでも安心ですよね。

 

でも、毎月一定額の貯金をしたいけど、

具体的にどのくらい貯金すればいいのかは悩みどころです。

 

そこでこの記事では、

具体的な数値目標を毎月10万円して、貯金する方法を紹介します。

毎月10万円貯金ができれば毎年120万円貯まることに!

 

年間100万円以上の貯蓄があると思うと気持ち的にもかなり安心できるはず。

ぜひ実践してしっかりとお金を貯めましょう!

 

紙直樹

当サイトを監修している紙直樹です!

現在、期間限定で副業の動画講義を30名限定で無料プレゼントしています!

まずは無料で学びたい方はチェックしてみてください!
クリック

 

 

毎月10万円貯金、あなたはどのタイプ?

 

 よし、10万円貯金するぞー!!

 

といっても、収入や年齢、実家か一人暮らしか、

未婚か既婚か、子どもの有無。。。

等々、

人によってかなり状況が違ってきますよね。

 

一般的にありそうなパターンとして、

以下に3名あげてみました。

あなたに近い人がいるか分かりませんが、参考になれば幸いです。

 

手取り18万の実家暮らしAさん

実家暮らしであれば家賃と光熱費が必要ないので貯金しどきといえます。

ただ、社会人ともなれば家にお金を入れるべきですよね。

学生向け社会人準備応援サイトのマイナビフレッシャーズによると、

実家暮らしの新社会人の86.9%が家計にお金を入れると回答したそうです。

そしてその金額で最も多いのは3万円でした。

参考:https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/48955

 

18万円のお給料のうち3万円を引いて

10万円を貯金するとなると、手元に残るのは5万円

・外食は控えてなるべく家で食べる
・交遊費を控えるため、遊ぶ時はメンバーや本当に自分が行きたい内容なのかよく考える
・服などを買うときはメルカリなどのフリマアプリやリサイクルショップを利用する

などの工夫をすれば、

10万円貯金もできそうです!

 

手取り25万の1人暮らしBさん

ひと月にかかる生活費は個人個人で違うので一概には言えませんが、

1人暮らしの家賃目安は収入の3分の1がベスト

といわれています。


となると、

手取り25万円だったら8万円ほどが妥当でしょうか。

 

実際、東京都23区で一人暮らしの目安となる

1Kの家賃はおおよそ8万円前後からが多いので、

仮に家賃を8万円と設定します。


参考:CHINTAIネット

 

地域差、個人差もありますが、

1人暮らしの光熱費(電気・ガス・水道代)

平均額は訳1万円ちょっとだそうです。


参考:不動産・住宅情報サイト HOME’S

 

食費もまた個人差と努力次第で

大きく変わる部分ですが、

平均的には3万円ほどが多いようです。

25-(8+1+3)=13

13万円のうち10万円貯金してしまうと、
毎月3万円でやりくりする必要があります。
なかなか厳しいですね。。。汗

 

夫婦共働き子供1人の世帯月収手取り40万のサラリーマンCさん

総務省統計局の家計調査によると、

3人家族の平均的な生活費は27万円前後です。

年代別の平均的な生活費は下記の通りです。

20代:20万円
30代:22.5万円
40代:26.25万円
50代:30.55万円

参考:家計調査(二人以上の世帯)2018年(平成30年)12月分

40-27=13

こちらのパターンも10万円貯金すると

3万円でやりくりすることになってしまいました・・・!

 

しかも子どもの年齢が大きくなるにつれて

学費などで更に家計を圧迫すること必須!

悩ましいですねえ、、、


子供に関わるお金と貯金に関しては

以下の記事にも詳しく載っているので

ご参照頂ければと思います。

子供に必要な平均貯金額!上手に貯金を増やすおすすめの運用方法とは?

 

 

毎月10万円貯金のための支出をコントロールする4つの方法

 

10万円貯金の道のりは、中々厳しそうだ…orz

ということがわかりましたが、

諦めるのはまだ早い!?


コントロール次第ではなんとかなるかもしれません。

 

お金は流れていくもの。

あればあるだけ使っていては、収入がいくらあっても足りません。

 

貯金のキーポイントは、

いかに支出を上手にコントロールするかにかかっている

と言っても過言ではないでしょう。

 

項目ごとの細かい予算を立てて、

きちんと家計簿管理ができれば理想的です。

 

いやいや、、、


それが中々できないからこんな記事を読んでるんだー!

 

という声が聞こえてきそうですね^^;

 

ごもっともです。

 

現代人は忙しい!

日々の仕事や生活に追われて細かい管理はムリ!

 

そんなどんぶり勘定派の人でも
10万円貯金できる方法を考えました!

 

強制的に10万円貯金する

乱暴なようですが、とにかく強制的に

10万円を貯金してしまいましょう!


「それじゃあ生活できないよ~」

と思うかもしれませんが、

不足分は何とかやりくりする他ありませんので、

なければ無いなりの生活をするはずです。

 

どうしても覚悟が決まらない。。。

そんな場合には、強制的な方法を取るというのもアリかと思います。

 

収入が10万円減った”つもり”貯金

つもり貯金とは、

「買ったつもり」や「食べたつもり」で節約をして、

その浮いたお金の分だけ貯金していくという方法。

 

具体的には、、、

・ランチ後のコンビニスイーツを我慢したら、そのスイーツ代を貯金。
・電車やバスに乗らずに歩き、浮いた交通費を貯金。
・スーパーのタイムセールで安く買って本来の価格の差額分を貯金。

などがあるでしょうか。

 

いやいやいや、、、だからー、
そんな小銭程度ならできるかもしれないけど、
10万円も給料が減るなんて現実感なさすぎ!

そんな風に思われる方も多いかもしれませんね。

でも、

もし本当に月収が10万円下がったらどうされますか


減額どころか、

いきなり収入ゼロになる可能性だってあります。


会社が倒産したりクビになる可能性はゼロだって言い切れますか?

もしそうなったら、

節約に励んだりバイトや副業を探したり、

絶対に10万円を取り戻してやる!ってなりますよね。

 

10万円貯金箱で貯金する

古典的ではありますが、

成果が目に見えてわかる気持ちよさもあり根強い人気の貯金箱。


10万円貯金箱だと500円玉で貯金するものがメジャーでしょうか。


500円玉が200枚で10万円。


ひと月に10万円貯めるためには、
1日当たり6、7枚の500円玉が必要になります。

ちょっと難しそうですね^^;
でもできないこともないかも!?

参考画像:Amazonジャパンより

 “先取り”で貯金する

『月末に残ったお金を貯金に回す』のではなく、
月初にお金を先取り貯金し残ったお金で生活をする

一般的な傾向として、

貯金がニガテな人は前者、得意な人は後者である場合が多いです。

 

非常にシンプルではありますが、

毎月の貯金をムリなく続けていくには必要不可欠な発想です。

 

お金の出し入れが面倒だという場合は、

定期預金で給料日の翌日に自動的に引き落とされるように設定することをおすすめします。

 

 

 

生活費削減が10万円貯金への近道

 

毎月10万円も貯金に回すとなると、

平均的なサラリーマンの収入では正直かなりキツイです。


ハッキリ言って、

中途半端な節約法ではおそらくできまないでしょう。

 

毎月の収入の多くを貯金に使うことになるため、

生活費の無駄を見つけて

徹底的に支出を減らしていく必要があります。

 

もちろん収入次第ではありますが、

これから述べる節約方法はエコにも繋がりますので、検討・実践する事をおススメします!

 

食費

基本は自炊が必須です。

コンビニや外食で済ましているランチを

お弁当にするだけで昼食代をかなり抑えられます。

飲み物もマイボトル持参を徹底しましょう!

 

飲み会は仕事上の付き合いもあるでしょうから

ある程度は必要経費かと思いますが、

その飲み会が自分にとって本当に行く価値があるのか考えて参加を決めましょう。

断ったところで案外自分が気にしてるほど誰も何も思っていないですよ。

 

飲み会の断り方「鉄板フレーズ」集10選!後味の良い断り方はこうだ!行きたくない飲み会に時間を費やすのはもうやめた!

2019年3月18日

 

光熱費


電気のつけっぱなしや水道の閉め忘れなんてもってのほか!

地球の為にも常に節電、節水を心がけましょう。


細かいことでも継続すれば大きな節約となります。

 

また、2016年以降の電力自由化によって

好きな会社から自由に選んで電気を買えるようになりました。

せっかく選べるのに東京電力に払い続けているのはハッキリ言って思考停止状態。

2017年からは都市ガスも電気と同様に自由化されています。


ほとんどの会社はネットでシュミレーションできるので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

通信費


携通信費に関しては、まずは現在の契約状況を把握することが大切。

携帯電話代に月1万円以上払っているようなら要注意!

最近では「格安SIM」など低価格で利用できるものもあります。

よく使うサービスや使用頻度などによって、

自分にとってどれがベストなプランかは異なりますので、

まずは現状を把握し、プランの見直しから始めてみましょう。

 

節約法に関してはこちらの記事もおススメです。
1人暮らし・貯金ゼロ・手取り18万の私が1年で50万円貯金できるようになった30の節約術

収入を増やして貯金する分の10万円を稼ぐ

 

節約に励み、切り詰められるところは全て切り詰めた!

でもどうしても10万円も貯金できない・・・

 

となると、

残された手段としては収入を増やすしかありません。

 

収入を増やすためにできることを以下に挙げてみます。

 

転職で稼ぐ

今のお給料ではとても貯金に回せない!

と、今現在の収入に満足できていないなら、

思い切って転職を検討するのも手です。

 

とはいえもちろん、

お給料だけで会社を選ぶのはキケンです。


あなたのやりたい事に見合っていて

今の会社より自分自身がステップアップできそうで、

尚且つ現状よりも昇給が見込める会社があれば

転職も視野に入れてみるのもいいかもしれません。

 

残業で稼ぐ

これは会社にもよりますね。

残業代がきちんと出るのならばいいかもしれませんが
昨今の風潮として

『無駄な残業はしない、させない』

という会社が増えてきています。

 

本当に残業してまで必要な業務なら仕方ないですが、

「わざとゆっくり仕事やって残業代稼げばいいんじゃん!」

という発想で残業をしているとしたら、

その場限りの残業代は稼げても、

長期的に見て

社会人として、人として、成長できないですよね、、、

 

副業で稼ぐ

政府の働き方改革の一環としての

副業・兼業に対する後押しもあり、

現在本業の傍ら副業や資産運用に取り組んでいる人は年々増えています。


参照:厚生労働省「副業・兼業の促進に関するガイドライン」

 

インターネットの進化もあり、

昔に比べて副業を始めるハードルは格段に低くなっています。


パソコン1台さえあれば可能なネットビジネスもたくさんあります。

「ネットで副業?なんだか怪しそう。。。」

 

そんなのは一昔前のハナシです。

 

確かにネット上には怪しい情報も山ほどありますが

堅実に、確実に稼げる副業もたくさんあるので下記の記事を是非参考にしてみて下さいね。

本当におすすめの副業5選!うまくいかない理由もあわせて体験者に聞いてみた。

 

忙しい主婦でもできる副業があるみたいです。

サラリーマンの人も通勤中などスキマ時間にできるものがあるかも!

主婦だからできる!家事の合間にできるお小遣い稼ぎの副業7選

 

月10万円の貯蓄ができたら、

1年後には120万円の資金が作れます。

 

その120万円を元手に

「お金にお金を生んでもらう」資産運用をしたり、

副業を更に本格的に取り組んでみるのもいいかもしれません。

 

ただ、

素人が闇雲に取り組んでも中々うまくいきませんので、

実際に成功している人の話を

聞いたり読んだりすることをおススメします。

PC1台で自由に生活する男の15の法則が常識外れ過ぎる!

 

 

 

まとめ

 

貯金に真剣に取り組むと、

お金を大事にするようになり、

自然に無駄遣いも避けるようになっていきます。

 

計画通りにお金が貯まって行くことに快感を感じたあなたは既に貯金上手かも!?

貯金について悩むのではなく、楽しめたら理想的ですね♪

 

お金があれば幸せなのかと問われると必ずしもそうではありませんが、お金がないことによって不幸になることは大いにあり得ます。

 

貯金が増えれば人生の選択肢も増えます!

 

しっかり貯めて稼いで、誰もがより豊かな未来を描いていけますように。

 

コチラの記事も併せてどうぞ
あなたがお金持ちになりたいなら気をつけるべき4つのこと

 

 

このサイトのトップページはこちら

新着記事の一覧はこちら

【※限定公開】副業で失敗したくない人の賢い副業の方法

 

 

・学生におすすめの記事はこちら↓

学生におすすめの副業記事まとめ

2019年4月10日

・会社員・サラリーマンにおすすめの記事はこちら↓

会社員・サラリーマンにおすすめの副業記事まとめ

2019年4月10日

・主婦・女性におすすめの記事はこちら↓

主婦・女性におすすめの副業記事まとめ

2019年4月10日

・ビジネス・お金持ちに関するおすすめの記事はこちら↓

ビジネス・お金持ちに関するおすすめ記事まとめ

2019年4月10日

・YouTubeで稼ぎたい人におすすめの記事はこちら↓

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐのにおすすめの記事まとめ

2019年5月30日

 

Sideline.Labの情報をもっと知りたい方は

下記SNSをフォローすれば、
Sideline.Labの情報を定期的に受け取ることができます。
フォローお待ちしております^^

公式Instagramはこちら

▼公式facebookはこちら

▼公式Twitterはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)