【2017年】スマホでできる!主婦におすすめな副収入を得る6つの方法

 

 

2017年になってもう数週間がすぎましたね。つい最近まで、今年も終わると思っていたのに、もうすぐ今年度が終わります。ぼんやりしているとすぐに時間が過ぎていくのがこの12月~3月。

 

普段の家事や育児だけでなくイベントが盛りだくさんです。きっと家計を管理していることも多いでしょうから「今月は赤字だ。」「今月は貯金できた。」と家族の経理部門も担っているのでしょう。

 

「毎朝決まった時間に起きて、朝食をつくり、家事をして、夕方には夜ご飯の準備をする。」

「子どもを学校に送ってほっと一息つくまもなく、家事に追われる。」

「なんだかんだ忙しく、まとまった時間は取れないものの、スキマ時間なら見つけられる。」

 

そんな主婦におすすめな、スマホでもできる副業を紹介します。

 

1.アンケートモニター

 

主婦の副業としてはかなりポピュラーなものがアンケートモニター。企業からの質問に対して、スマホから回答を送るだけで収入がもらえます。企業は、主婦の声を頼りに今後の商品開発や見直しに活かすことを目指していて、その御礼としてお金をもらうことができます。

 

1日を通して家事で忙しく、なかなかまとまった時間が取れないなら、テレビを見ているCM中のようなスキマ時間でできるアンケートモニターがおすすめです。

 

アンケートモニターを募集しているサイトはたくさんありますが、安心感も得られるという点で、国内最大手といわれるマクロミルに登録するのがおすすめです。ただ、アンケートに答える回数が少ないと、やはりそれだけもらえる金額も少なくなります。また、質問に答えるといういわば誰にでもできるものとなるので、単価が低いのも気になりますよね。

安いもので100円などです。

 

ですが、時間に縛られず、自分の気が向いたときにやればいいので、そういう意味では、チリツモでも馬鹿にできないです。

 

2.フリマアプリ転売

もう着なくなったお洋服はありませんか?自分のだけではなく、子どもが成長して数回しか着なかったような服、きれいなままのおもちゃなど自宅にまだ残っていませんか?

 

メルカリやフリル、ZOZOフリマのように、今までは広い公園に行ってお金を払って出店していたフリーマーケットが、無料で、自宅にいながらできてしまう時代です。特にメルカリやフリルは、子ども服の流通がかなり大きいです。

 

最初は家にある不用品を売るだけでも10万円稼いでいる人が多くいます。それに慣れてきたら、古着屋やで格安で購入するか、知人でもいいので使わなくなった子供服を譲ってもらいましょう。趣味感覚でも月に5万円~10万円は稼げるので、生活の足しにするには十分な額ですよね。

 

3.ハンドメイドアイテムの販売

メルカリのようなフリマアプリが、自宅の不用品を扱うものだとすれば、minneのようなアプリは、手作りのハンドメイド商品を扱うものです。

 

裁縫で子供服を作ったり、ちょっとしたインテリア雑貨を作ったり、楽しみながら作れてしまいます。最初は趣味として作っていたものでも、minneに出してみると想像以上に高額になったということも少なくありません。

 

バッグなどのアイテムやピアスやネックレスのようなアクセサリーが人気も高いです。minneだけで50万近い利益を出している方もいるので、副収入の気持ちとは言え、夢がありますよね。

 

稼ぎすぎて旦那さんに怒られるかもしれないですが、自分で作ったものがいろんな人に求められて、お金を出してでもほしい!と思ってもらえるというのは、これ以上な喜びだと思います。昔、裁縫が好きだった。とか、モノを作るのが好きだった。でも、大人になって離れてしまっていた。という人にはおすすめです。

 

まずはがっつり稼ごうとは思わず、お小遣いになればいいなという気持ちで、副収入半分、趣味半分で試すのがいいかもしれないですね。

 

 

4.ココナラ

 

自分の得意を1コインにかえる。このサービスができて、もう数年が経ちますが、最近話題のシェアリングエコノミーの走りとも言えるサービスでしょう。

 

今まで自分の持っているもの(スキル・経験)に金額がつくとは思っていなかった人が、日本という広い地域でみると求めている人がいる。ということが実感できるサービスです。

 

たとえば、デザインやイラストなどはわかりやすい“スキル”ですが、「あなたの相談に乗ります。」「悩みを聞きます。」「私の◯◯な体験をお伝えします。」というものにさえ、値段がついて、取引されていいます。

 

なにか商品を仕入れるということはなく、あなた自身が商品となり、はじめは500円から、どんどん出品していき、評価も貯まると500円以上でも購入してもらえるようになります。「自分になんて特別なスキルがない。」と思う人こそ一度ココナラをのぞいてみてください。

 

「こんなものでも、値段がついてるんだ!」と感じると思います。そして、自分にもできそうと思うはずです。そうなったら、まずは、ココナラで人気の商品のエッセンスを取り入れてみて出品してもいいですし、あなた自身何が提供できるかを考えてオリジナルのサービスを出品してもいいでしょう。

 

ココナラは直接会う、話すというよりは、サービス上のトークルーム(掲示板のようなもの)でメッセージのやりとりを行って提供するので、まとまった時間が取りにくくても取り組みやすい副業です。

 

5.クラウドソーシング

 

クラウドワークスやランサーズ、@SOHOが日本では大手ですが、自宅にいながら仕事を請けることができるサービスです。在宅ワークの仕事が主に募集されています。

 

募集されている仕事は、記事のライティングやネットショップの商品登録、海外商品のリサーチ、WEBデザイン、イラスト作成、カスタマーサービスなど多岐にわたります。在宅秘書のような仕事も、ランサーズでは募集されていました。

 

会社に雇用されることなく、基本的には時間の縛りもない仕事が募集されているので、興味のある仕事には積極的に提案してみましょう。月に3万円程度であれば、クラウドソーシング上で募集されている仕事だけでも簡単に達成することができます。

 

WEBデザインとなると、パソコンを使ってまとまった時間が必要になることが多いですが、記事のライティングとなると隙間時間にスマホからでも書くことができます。また、難しい専門知識が求められるというよりは、あなた自身の体験を求められることも多いので、あまり悩まずに文章を書くことができるでしょう。

 

今は、音声入力の技術もかなり発展してきていますから、文字のタイプが面倒だという場合は、スマホに話しかけて文章にしてもらって、あとから、不自然な部分を修正するというやり方もできます。

 

6.FX

 

最後に紹介するのは副業の王道と言っても過言ではないFXです。ただ、向き不向きがあるということで最後に紹介です。これまで紹介してきたように、特別な知識がなくても、特別なスキルがなくても、簡単に稼ぐことができるというものではないからです。

 

チャートを読めるようになって、日本だけでなく世界中の経済情勢に目を光らし、為替の変動を予測する。稼げる金額は桁違いですが、その分、求められる知識や資金も多くなります。

 

なくなってもいい。と思えるお金でFXに取り組むのがいいですね。あまりレバレッジをかけすぎると、多額の借金を負うこともあるので、あまり無茶はせず、ご自身の責任が取れる範囲で取引するようにしましょう。

 

 

まとめ

 

 

忙しい主婦だからこそ、まとまった時間で大きな金額を、というよりは、隙間時間で月に3~5万円の方が、扶養のことも考えると取り組みやすいですよね。今回紹介したものは、FXを除いて、普通にやったら月に5万円程度の副収入になるものです。元手がいるものでもないので、興味があるものからまずは取り組んでみてください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)