スマートフォンの料金の未納を続けるとどうなるのか

スマートフォンの料金が大きな負担だと感じている人、増えているのではないでしょうか?
ガラケーよりも数千円ほど高く設定されている料金に悲鳴を上げている人が多いのも致し方ないのですが、仮に返済が滞るとどうなるのか。気になっている人も多いのではないでしょうか?
この問題はクレジットカード払いか銀行口座からの引き落としかでも微妙に流れが変わってきます。

銀行口座の残高不足の場合

この場合、残高不足が確認されると携帯電話会社から「残高不足なので引き落とせませんでした」という葉書が送られてきます。そしてそこには新しい引き落とし日が記載されています。
その日もまた、残高不足で引き落としが出来ない場合、同じように残高不足で引き落とせなかった点、そして改めての引き落とし日が記載された葉書がやってきます。
携帯電話会社によって異なりますが、2回~3回ほどこのやり取りをした後には振込依頼書が送られてきます。そこに「期日までに指定口座に振り込むように」と記載されていますが、ここでも振り込みが確認出来ない場合にスマートフォンが使えなくなります。
つまり、未納からでも1カ月弱程度はスマートフォンは利用出来ます。

クレジットカード払いでの未納

クレジットカード払いでの未納の場合、口座の残高不足以上に厄介です。クレジットカード払いということは、通信会社にはクレジットカード会社からお金は支払われることになります。
そのため、未納となると携帯電話会社からではなく、クレジットカードを発行している信販会社から連絡が着ます。振り込みであれば支払日、口座引き落としであれば残高不足が確認されたと共に、こちらもまずは葉書が送られてきます。そこには改めての引き落とし日が記載されています。
更にクレジットカードですと葉書と共に信販会社から督促の電話もかかってきます。電話にて「確認取れていないのですが」と。
その電話をやり過ごしたとしても支払に応じなければ催促書類と電話の二重攻勢が待っています。そしてやがてはスマートフォンも使えなくなるのですが、クレジットカードの場合さらにブラックリストにも掲載されてしまいます。
「スマートフォン料金程度で?」と思うかもしれませんが、クレジットカードを発行している信販会社にとっては未納は未納です。「約束を守れない人」となるのでブラックリストに名前が記載されることになります。

まとめ

ブラックリストに掲載されるとその後金融サービスを利用出来なくなりますのでクレジットカード払いの人は今後の自分のことも考えて未納は控えるよう頑張りましょう。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です