趣味と実益を兼ねた副業とは(覆面モニター編)

日本の労働人口約6200万人で平均年収は約420万人ですが平均年収にも満たないサラリーマンや、派遣社員にとっては副業などで本業の収入を補うしか方法がないのが現実です。
サラリーマンだけでなく主婦にとって消費税が8%に上がれば家計を直撃することは目に見ているので、何かの副業を始めたいと思っている主婦も多数いると推測されます。
ただパソコンやインターネットがいくら普及したとは言えコンピュータなどの知識があまりない主婦にとっては、いきなりアフリエイトやネットオークションと言われても戸惑うばかりでハードルが高いのが本音です。
そこで今回はパソコンやインターネットがなどの知識がない、主婦でもできる趣味と実益を兼ねた副業をご紹介していきます。

覆面モニターとはいったいどんな副業なのか?

覆面モニターは覆面調査とも呼ばれ1940年代にアメリカで始まったミステリーショッピングという、消費者側の視点に立ったマーケティングリサーチの手法のひとつです。
当時はリサーチ会社の調査員が正体を隠して一般のお客のふりをして、サービスを受けたり商品を購入し接客態度や店内が清潔に保たれているかなどさまざまな点をチェックしていました。
今はインターネットを通じて覆面モニターを募集していて、指定されたお店を訪れいくつかのチェック項目やコメントのレポートするのが仕事です。

覆面モニター副業にはさまざまな心構えや注意点がある

覆面モニターの副業を探す場合はネット上で検索すれば簡単に見つかるので、気に入ったサイトで登録をすれば覆面調査のマニュアル書が送られて来るようです。
後は自分の携帯電話に覆面モニターの仕事の依頼が入るので、その中からレストランや外食チェーン店や美容室や通販などから好きな案件を選ぶだけです。
例えばマニュアル書にはレストランに行く場合はあまり目立たないような服装でお店を訪れることや、居酒屋を訪れる際には必ずカップルか男2人で行くことなどが書かれています。

まとめ

飲食店の覆面モニターの場合は注文した料理だけでなく店の外観やトイレや、会計したレシートまで写真撮影することを求められる場合もあります。
ビールの写真撮影も上からと横からのショットなど細かに指定されていて、料理を注文してその料理がテーブルに届くまでの所要時間や、料理の味や従業員の接客態度やレジでの応対までチェック項目も多岐に渡っています。
気になる覆面モニターの報酬ですがレストランなど飲食店であれば、食事代金に500円程度の謝礼が支払われるようです。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です