外国人旅行者が日本で体験したいこととは?ネットビジネスに活かす

観光庁は2016年10月31日に日本を訪れる外国人旅行者数が、初めて2000万人を突破したと発表しました。

2016年の訪日外国人観光客数は前年比21.7%増の2403万9000人と、4年連続で過去最高を更新しました。
この背景には観光庁の外国人観光客の訪日誘致に向けた取り組みや、タイからの観光客のビザの廃止などが考えられます。

多くの外国人旅行者が東京や京都を訪れ、日本の桜や雪を見たいと思っています。

そこで今回は外国人旅行者が日本で体験したいことについて、できるだけ詳しく検証していきましょう。

日本で体験してみたいと思っていること

日本で体験してみたいと思っていること
日本を訪れる目的も京都でお寺を見たいとかいろいろありますが、日本ならではの体験してみたいと思っている外国人旅行者も多いようです。
例えば温泉や銭湯に行くことは日本人にとっては当たり前のことですが、温泉や銭湯がない国から来る外国人にとっては日本で体験してみたいことなのです。

日本のお祭りも外国人観光客に人気のようで、タイにもイベントの時に金魚すくいやヨーヨー釣りなどはありますが、やはり若い女の子が浴衣姿で歩く独特の雰囲気は日本ならではの風物詩です。

この他にもせっかく日本を訪れたから和風の旅館で畳がある部屋での和食や、自然に囲まれた露天風呂を体験してみたいと思っている外国人旅行者も少なくありません。

日本食を食べる

日本食を食べる
これは定番中の定番ですね。日本への旅行希望者の70%がしたいことだそうです。

日本には寿司を始めとして独特な食文化がたくさんあります。和菓子や郷土料理など、目と舌を楽しませてくれます。

しかしながら、意外にも一番人気なのは日本のラーメンなのだとか。
ガイドブックにはラーメンの食べ歩きマップなどもあったりして、立派な日本文化として世界に認識されているようです。

他にも、日本人の慣れ親しんだ百膳のお弁当も大人気だそうです。
世界ではお弁当ブームが起きていて、ニューヨーカーも夢中になっています。

そして日本独自のお酒、日本酒を飲むことも大人気。
ワインのように口当たりの良いものや、スパークリング日本酒などは特に人気です。

日本食とともに世界中で人気を博していますよ。

旅館・宿坊に宿泊

旅館・宿坊に宿泊
わざわざ日本へ来たのだから、ホテルなんかより畳の部屋に布団をしいて寝たいという外国人がとても多いそうです。
ホテルにはない「おもてなし」を受けられるのも、外国人にとっては新鮮な体験なのでしょう。

さらに温泉も大人気なのですが、不思議な事に欧米の人たちよりも、アジア地域やオーストラリアの人のほうが興味を持っているのだとか。

また、日本人にはあまりなじみのない「宿坊」。
これはお寺での宿泊体験なのですが、意外と希望する外国人が多いようです。

日本のお寺の深い精神性に触れることで非日常感を味わい、心身共にリフレッシュできるのかもしれませんね。

温泉に入る

温泉に入る
綺麗好きな日本人の誇る文化、温泉。旅の汗と疲れをゆったりと流せて、疲労回復にも効果抜群なのはご存じの通りです。
日本には「裸のお付き合い」という言葉もあるように、同じお湯に浸かりながらたわいもない会話を弾ませる楽しみもあるようです。

また、外国にはない銭湯や健康ランドも人気があるようです。
泡風呂やサウナなどの設備も充実しており、入浴後にはドリンクまで用意されているというのが物珍しいと聞きます。

わざわざ入浴場所を銭湯に選ぶ人もいるくらい、外国人にとっては特別な場所なのだそうです。

アニメに漫画、カラオケやプリクラなどのサブカル

アニメに漫画、カラオケやプリクラなどのサブカル
日本が世界に誇るアニメや漫画などのサブカルチャーも大人気で、世界中のファンが訪れます。

さらに外国にはない文化といえば、カラオケ。
好きな曲を思う存分歌えるようなお店が、外国にはめったにありません。
だから、観光地としてカラオケ店を選ぶ外国人も多いそうです。

そして日本特有のマシン、プリクラ。
旅の思い出を友人と撮るとき、プリクラを選ぶ人がかなりいるそうです。
思い出を美麗な画質で撮れる上に、ラクガキやスタンプ機能なども充実していて、日本のマシンクオリティの高さに感動する人が多いのだとか。

もし外国人の友人が日本を訪れるのなら、こういった場所に連れて行くのもいいかもしれませんね。

神社仏閣など景勝地をめぐる

神社仏閣など景勝地をめぐる
日本にある無数の神社仏閣。
その世界観に魅了される外国人は多いと聞きます。
わびさびという日本特有の感覚は、世界中の人の心の奥底に響くのでしょう。

その地の神様や仏様にお参りするというのは、より日本を近くに感じられる体験だと思えます。

さらには、季節によって美しく変化する景観も人気が高いです。
日本の美しい四季と神社仏閣の調和には、息をのむ外国人も多いのだそうです。

お花見や紅葉狩りに加え、屋形船での宴会騒ぎなんかも外国にはない文化です。
こちらも人気で、船内アナウンスに外国語が盛り込まれている屋形船もあるのだそうです。

また、滝行や先ほど述べた宿坊体験も人気で、世間と隔絶された他文化の中で自分を見出すこともひそかなブームとなっているようです。

デパ地下などでショッピング

デパ地下などでショッピング
日本人にとってさほど特別なものでもないデパ地下。
ですが、外国人からするとデパートの地下に広がる様々なフードのエリアというのは不思議なものなのだそうです。
景観はもちろん、フードのおいしさや見た目のすばらしさに驚く人が多いそうです。

また、「爆買い」という言葉で有名なのはアジア圏の人々。
昨今では家電量販店や総合ディスカウントストアに行くと、免税カウンターや外国語に堪能なスタッフの存在が当たり前になるほどになっています。

アジアに比べて欧米の人々には、ショッピングはあまり人気ではありません。
欧米の人たちは日本特有の景勝地や文化を訪れる方が人気があるようです。

日本特有の伝統芸能を楽しむ

日本特有の伝統芸能を楽しむ
日本舞踊や歌舞伎など、日本古来からの伝統文化は欧米の人々を中心に人気があります。
特に歌舞伎では、劇中の演者に向かって観客が称賛の声を上げることが、外国人には不思議に思えるらしく、演者と観客との垣根の低さに親しみをおぼえるのだそうです。

特に京都では舞子さん体験やお座敷遊びなども楽しめて、外国人には人気が高いそうです。

相撲の観戦なども大人気で、外国人の中にはすっかりハマってしまい、本国に帰った後も衛星放送などで観戦を楽しむ人がいるのだとか。

新幹線や電車に乗る

新幹線や電車に乗る
日本人はもちろん、外国人も観光の交通手段として使う新幹線や電車。
とくに新幹線は、高速なうえにほとんど揺れないことが外国人に高く評価されています。その技術は外国にも輸出されるほどで、移動手段すら観光の目玉になっています。

また日頃わたしたちが当然のように使っている電車ですが、わたしたち日本人が思いもよらないものが外国人に人気を博しています。
それは、電車内の吊り広告。
色とりどりの広告が天井から釣り下がっている様が、外国人にとっては珍しく感じるのだそうです。

時々電車内を熱心に撮影している外国人をみかけますが、吊り広告に感動している観光者なのかもしれませんね。

雪道ドリフト体験をビジネスに

雪道ドリフト体験をビジネスに
タイなど雪が降らない国から来る観光客の、日本で楽しみの一つが雪を見ることです。
北海道を訪れるタイ人観光客が多いのも、日本で雪が降るのを一目でも見たいからです。

そんな中で札幌とタイに拠点を持つ旅行会社「ミツユキマネジメント」が北海道の江別市に、外国人旅行者をターゲットにした自動車の雪道運転を楽しめる体験コースをオープンしました。
これは雪道を後輪を滑らせるドリフト走行が手軽に楽しめるのがセールスポイントで、タイ人観光客など雪が降らない国から来る観光客に人気のようです。

まとめ

日本を訪れる外国人旅行者のほとんどが最初は東京や京都を観光しますが、次に訪れる時は日本でしか体験できないことをしてみたいと思っています。

今の時代はインターネットが普及しているので、日本の地方都市でももっと体験型の観光を紹介するウェブサイトを立ち上げて、外国人旅行者にアピールすれば海外からの観光客を誘致できるはずです。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
1発逆転の発想がヒット商品を生む!ネットビジネスでも活かせる知識

1発逆転の発想がヒット商品を生む!ネットビジネスでも活かせる知識

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です