インターネット通販を始めるには

インターネットを使いウェブサイト上で商品の受注と販売を行うもので、オンラインショップ・ネット通販・ウェブショップ・ECサイトなど呼ばれています。インターネットの急速な普及で「ジャパネットたかた」のようなテレビショッピングや、ニッセンや通販生活のようなカタログ通販から「Yahoo!ショッピング」・「Amazon」・「楽天市場」のようなインターネットサイトで、個人でも手軽にインターネット通販を始められるようになりました。そこで今回はインターネット通販を始めるには、どんなことをすればいいのかいろいろと検証してみます。

まずは商材を見つける!

インターネット通販を始める上で、最も難しいのが取り扱う商材を見つけることです。実際の市中にあるお店と、インターネット通販で取り扱う商品は異なります。自分でアクセサリーや子供服など作っていたり、イチゴやマンゴーなどを作っている農家などであれば、最初から取り扱う商材が決まっています。しかしそうでなければ、何を商材にするかから始めます。例えば自分で物やくだものなどを作っていなくても、地元や地域の美味しいと評判のお菓子や地酒なども商材になります。お菓子や地酒などは消耗品なので、購入してくれた方が美味しいと思えばリピーターになってくれます。「Yahoo!ショッピング」・「Amazon」・「楽天市場」などの、インターネットサイトの売れ筋ランキングを参考にすると、いま何が売れているか分かります。

次のステップ

インターネット通販のネットショップの名前を決めて、ショップの独自ドメインを取得します。今は無料で作れるインターネット通販向けのホームページがたくさんあるので、ホームページを立ち上げてウェブサイト上で先ずは利用者が注文や、それを受注できかなどテストをします。次にユーザーからの注文があった場合の、カード支払いとか銀行振込などの決済方法を決めます。
そして商品の発送を行う際の宅配業者も、事前に調べ料金などをホームページに掲載します。中古品のインターネット通販を始めるのであれば、古物商の許可を取得する必要があります。

まとめ

インターネット通販を始める前に最初から役所や税務署に、個人事業の開始申請書を提出する必要はありませんが、インターネット通販のめどが立てば青色申告商品申請書の提出をします。それと電子消費者契約法や個人情報保護法などの、法律のこともある程度は事前に調べたほうが良いでしょう。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です