無料掲示板『ジモティー』の「あげる、もらう」って本当に使って安心?

地元情報が満載の無料掲示板「ジモティー」。自宅の不用品をあげたり、売ったり、譲ってもらったり、地域コミュニティに根ざしたものとなっています。

 

たとえば引越しで粗大ごみが出たとき、回収センターに申し込むのもめんどくさい。余計なお金がかかる。かといって、オークションに出品して、梱包発送もめんどくさい。

 

ですがジモティーなら、お金を払って処分しなければならなかったものを無料で、もしくはお金をもらいながら処分することができます。オークションやフリマアプリとの違いは手数料や掲載料が一切かからないことです。

 

相手との直接取引を推奨しているので、無駄な費用がかかりません。それが魅力の1つでもあるのですが、その一方で、不安に感じる人が多いのも事実です。

 

そもそもジモティーがなぜ直接取引を推奨しているのか。そしてトラブルに巻き込まれないためにはどうすればいいのか。この記事で解説します。

 

今、若い人たちがジモティーを利用している


「あげる、もらう」をうたった『ジモティー』と言う掲示板があり、若い人たちにかなり注目されています。

ジモティーは、金銭が発生する場合もありますが、積極的にアピールしているものは、無料の広告掲示板です。

しかし、タダほど高いものはない……と言いますし、本当に、このようなモノを利用していいものでしょうか。
「ジモティー詐欺被害」専用の掲示板まで立ち上がっているのをご存じでしょうか。

ジモティーが成長して来た背景について考える


誰でも簡単に出品出来ることも、ジモティーの売りです。

ジモティーは、30秒で出品が出来るということを広告としているようですが、それは、オークションを利用している人たちの手続きの面倒くさいイライラ感を解消させ、こちら向きにさせる戦略です。

しかし、大手オークションは利用者の資格審査を厳密に行っているから、面倒くささも必然的に出てきてしまうものであり、 ジモティーも、確かにSNS認証、身分証認証という画面はありますが、 認証をしなくても出品できるのが実情のようです。

ジモティーが推奨している「直接取引」


ジモティーが推奨している「直接取引」にも、ちょっとシステムの疑問も感じます。

ジモティーは、こう言っています。
人気のない場所での取引は危険だから、駅や商業施設など人気の多い場所で取引を行ってください。
家に取りにきてもらう場合、家族や知人などに同席してもらいましょうと。

それは、サイト上の取引はリスクは高いけど、直接会えば問題はありませんと間接的に言っているようなものです。

ジモティーでのトラブル考察

ジモティーでのトラブル考察
どのサイトでも商品に不備があった、連絡がとれないといったトラブルはあります。
では、ジモティーでのトラブルはどうでしょうか。

最も多いトラブルは振込での取引みたいです。
つまり、相手に商品を購入したい!と伝えて振り込んだが品物が届かなかったというようなパターン。

メルカリのエスクロー決済(購入者が商品を受け取ってから代金が振り込まれる)と違って、相手は代金を受け取ったら逃げてしまうことができますね。
無料掲示板ならではといったトラブルではないでしょうか。

しかし、直接取引ならどうでしょうか。
お金は手渡しなので支払い面は問題なそうですね。

まぁ購入した物や貰った物が不具合があったというケースならあるでしょう。
これは出品者同士で話合う必要があります。
運営が間に入ってくれないので、ちょっと面倒です。

まともな人であれば、きちんと返金対応してくれる可能性があります。
ですが、日本人は本当に正直者が多いので、嘘をついてまで売るというケースは稀です。

嘘をついたりする人は、ジモティーだけでなく、ヤフオクやメルカリなどにも存在します。
一概にジモティーだけが悪いというわけではなさそうです。

直接取引に危険性はあるか?

直接取引に危険性はあるか?
お金と商品を、直接交換するので商品が届かない、お金を騙し取られたということはなさそうです。

問題は、襲われる可能性があることでしょうか。
そのため、取引する場所を工夫する必要があります。

上手く取引されている方の話では、駅の改札口越しで受け渡しをするそうです。
お金を渡して1分くらいで終わるから大丈夫みたいですよ。
駅員が目の前にいるし、万が一は大声をだせばトラブルを回避できるのではないでしょうか。

ですが、「自宅に取りに来て!」という取引は怖い感じがしますね。
現在では、自宅に取りに行く取引に関するトラブルの報告はありません。
しかし、自分が女性であるならば男性の家に取りに行くのは怖いです。
用心して2人以上で取りに行く、しっかり周囲の人に取りに行く場所を伝えておくようにした方がいいでしょう。

いずれにしてもどんな人と取引するか?ですね。
メールでのやりとりで怪しいなぁ~と思ったら取引を中止するといった判断も重要です。

まぁ変な人はどこにでもいるんで100%安全な取引はないと思いますが。

ジモティーの取引で携帯番号は教える?

ジモティーの取引で携帯番号は教える?
メールのやり取りをしていると「携帯番号を教えてください」と聞かれると思います。
知らない人に番号を教えるなんて、なんとなく悪用されそうで嫌ですよね?

ですが、直接取引で受け渡しをするなら携帯番号は教えたほうがいいです。
というより教えないと不便です。
これがないと迷ってしまった時や遅れるという時などにも相手に伝える手段がないと困ります。
遅れて到着し、相手が帰ってしまった…。なんてことだってあるのです。

また、お互い顔を知らないので電話でやり取りしながら会う感じになります。と
いうわけで携帯番号は教える方がいいです。お互いのためにね。

悪用されたという話はありません。まぁこれも相手次第ではありますがねぇ…。

ジモティーは郵送での取引が多い

ジモティーは郵送での取引が多い
実は郵送での取引が最も多いです。
半分以上が「郵送してくれ!」とお願いされます。
直接会うのが怖い、または遠方での取引の場合は郵送になるでしょう。

最も多いトラブルはこの郵送取引ですね。
入金したのに商品が届かないといったケース。
これはどうしようもないです。
警察でも真剣に取り扱ってくれないようですし…。

また、商品を発送しているにも関わらずに相手が届かない!と文句を言ってくるケース。
もう無茶苦茶ですね。

このような事態を避けるためにも、追跡番号つきの郵送方法で発送するなど、証拠を残すようにしておいた方がいいでしょう。
なるべく過去の実績をみて評価が高い方との取引に絞るとトラブルを避けられます。

郵送は全国の人とも気軽に取引できますが、若干トラブルが多いように感じます。
直接取引よりも慎重になるべきかもしれません。

ジモティーでのトラブル事例

ジモティーでのトラブル事例
では実際にあったトラブルの体験談をいくつか。

気が変わりすぎな人

トラブルというより面倒な人と当たってしまうと厄介です。

お年寄りが購入を希望されたケースでの話ですが、年配の方なので当然丁寧に対応しました。
すると、調子にのってあれこれ要望を出してきました。

始めは家に取りに来ると言っていたのに「暑いから送ってくれ!」といきなり変更されました。
仕方がなく郵送で自宅に発送しようとしていたら、「やっぱり新居に送ってくれないか?」とすぐ変更してくるんです。

で、また「あっやっぱり自宅に送ってくれない?」と何度も変更してきます。
結局自宅に発送という形で落ち着いたのですが、この間6回ものやり取りをすることになりました。
しっかりお金はもらっていたんで、詐欺などではありません。
ただただ、面倒なケースだったなという感じです。

取り置きお願いします。

これはメルカリなどでもありますよね。

「メールして〇〇まで取っておいてください!給料入ったら購入します!」

う~ん。という感じですが、まだ言っている意味はわかりますね。

しかし、ジモティーでは「お金がないので取り置きでもいいですか?」なんていう人もいます。
なぜ、買おうとするのかわからないですよね。

厄介なのは取り置きしておいた後、連絡がとれなくなるのがほとんどです。
まぁ入金される予定がなくなったんでしょうね。
こういうケースは結構多いとの報告があります。

郵送物を転送

これはネットのニュースで目撃した情報です。

ジモティーでは物などを交換する以外に、仕事のやり取りもできます。
アルバイトの募集もできる掲示板なのです。

アルバイトの募集に「自宅に届いた郵便物を転送するだけの簡単な仕事です」という投稿があったそうです。

仕事の流れとしては、

・応募後、住所確認のために身分証明書のコピーを送る
・自宅に郵便物が届き、指定された住所へ送る
・アルバイト料が振り込まれる

これだけなのですが、自宅に届く郵送物はあなたの身分証で契約したスマホです。
ゾッとしますよね。

つまり、

・始めに送った身分証明書でMVNOに契約される
・その契約したスマホをあなたが依頼主の元に届ける
・依頼主スマホゲット!

みたいな流れです。
このスマホが犯罪に使われるとあなたの名義なので、当然疑われます。
犯罪に巻き込まれる可能性が極めて高いです。
このような仕事の募集がジモティーではみつかります。
くれぐれも気を付けましょう。

まとめ

話題のジモティー、実は危険かもしれませんよ
人気のない場所での取引は危険とサイトではっきりと言っていることは、犯罪が行われる事を見通してジモティーというシステムが存在しているということです。

確かに人気のないところでの取引は危険かもしれません。
しかし、うまく利用している人達がいることも事実。
問題はどのようなトラブルがあっても対処できるように知識をつけておくことです。

怪しい人とは取引をしない、自分が安全に取引できる場所が指定できない場合は取引は辞める、そんな選択ができるようになるには知識がある人だけです。
今回紹介した知識や事例を参考にしていただければ幸いです。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!

参考記事:大流行!メルカリの転売で稼ぐ方法~出品者として稼ぐコツ~

大流行!メルカリの転売で稼ぐ方法~出品者として稼ぐコツ~

参考記事:おすすめの売れるフリマアプリ5選【iPhone・Android】

おすすめの売れるフリマアプリ5選【iPhone・Android】

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です