人気副業、ebay(イーベイ)輸出ビジネスワンポイント講座。初期設定編

副業を始めたい。
やってみたけどリサーチの仕方がわからなかった。
もっとお金を稼ぎたい。自由になりたい!
サラリーマン・主婦・在宅ワーカーなど様々な人が
一度は考えますよね。

そんな皆様へ、月に一千万円稼ぐようになった僕こと紙直樹が
副業でebayをはじめた人へ輸出ビジネスワンポイント講座という
講座を実施しました。
送料設定・初期設定の方法について
外注化センターの宮野さんが詳しく説明してくれます。

ebayやAmazon輸出で副業をはじめたけど、設定方法がよくわからない
と、いう方がいらっしゃいましたら、ぜひ動画をご覧ください。

きっと、副業をはじめた方へのよい参考動画となるはずです。

送料設定・初期設定

紙 ー
こんにちは紙直樹です。
輸出ビジネスワンポイント講座です。
Amazonの登録が終わったあとの
送料設定についてお話します。

宮野 ー
お願いします。

紙 ー
送料設定は小口の場合はできません。
大口の場合だけということになりますね。

宮野 ー
はい、そうです。
まず、AmazonのSeller Account(セラーアカウント)にログインします。

Seller Accountの画面の1番右上のところに
Settings(セッティング)というのがあります。

そのSettingsの中を見ていただくと
Shipping Settings(シッピングセッティング)というのがあります。

ここを開いて、その中のChange Shipping Model(チェンジシッピングモデル)
これをクリックします。

2つ選ぶところがあります。

Per Item/Weight- Based
Per Item(パーアイテム)、つまりアイテムごと。
Weight- Based(ウェイトベース)、重さごと。

という方にチェックを入れてContinue(コンティニュー)を押しましょう。

ここでStandard(スタンダード)と
Expedited(エクスペクテッド)とでています。

それから左側のほうは
アメリカ国内、そしてヨーロッパやアジアを
どうするかという選択肢になっています。

しかし、Amazon.comというのは当然アメリカのAmazonなので
基本的にはアメリカのお客様を相手に販売するという前提です。

アメリカ意外のところは基本的にはチェックをはずします。

紙 ー
入れてもいいんですが、多くの場合はアメリカ国内のみに
チェックするほうが多いですね。

宮野 ー
まずは入門編なので
最初はアメリカのみでスタートするほうが
いいと思います。

紙 ー
そうですね、間違えるかもしれないから
最初はこれでいいかもしれません。

宮野 ー
例えばヨーロッパの人に対しては
ヨーロッパのAmazonの登録を行うという
別の考え方もあります。

紙 ー
そうですね。
今回は、これでいきましょう。

宮野 ー
チェックでいうと、画面の上4つになります。
そして、Standard(スタンダード)。
いわゆるe-パケットや、航空便という普通の送り方。
特急でもなんでもない送り方です。

それを自分は何日で送れるのかという日数を
ここで書きます。

もちろん1日とか2日で送れるはずがありません。
すごく安全な発送日数でいうと
18〜32Business day(ビジネスデイ)です。

紙 ー
無難ですね。

宮野 ー
購入者の手元に荷物がはやく届く分には喜ばれます。
右側のExpedited Shipping。

これは我々日本の国際郵便でいう
EMSで送れるかどうかということです。

EMSは、高額商品の保証もついてます。
1週間くらいでアメリカに届けてくれます。

紙 ー
はやいときは、本当に2〜3日でつきますね。

宮野 ー
はい、素晴らしいんです。
EMSご希望の購入者からはその分
余分に送料もらえば問題ありません。

Expedited Shippingは
チェック項目の上の4つにチェックをいれれば
EMSも対応していますということになります。

EMSも対応で問題ないと思います。
このExpedited Shippingも
チェック項目としては
右側の上4ついれていいと思います。

紙 ー
おそらく初心者の方は
e-パケット、EMSという言葉の意味が分からないかもしれません。
送料の説明はまた別途説明を行います。

今は
「そういうものがあるんだな。」
と、いう気持ちで聞いてもらえれば大丈夫です。

宮野 ー
そしてContinueをクリックしましょう。
いよいよここでで
Shipping Rates(シッピングレート)という画面にすすみます。

ここで何を選ぶかというと左側を見てください。
Rate Components(レイトコンポーメンツ)という欄に関しては
Per Weight(パーウエイト)重さごとにというのを選択します。

そしてその右の欄1lbsとあります。
これはアメリカの重さの単位です。

紙 ー
0.453kgです。

宮野 ー
約500gが1lbsです。
さっき会話にでたe-パケットというのは
送料が1kgで約2,000円ぐらいです。

そうなると約500gにあたる重さは1000円の送料となります。
つまり10ドルです。

少し余裕をもたせておくと12ドルぐらいの価格を設定すれば
まず問題はないと思います。

紙 ー
為替にもよりますが、1ドルが100円としたときには
10ドルもしくは12ドルぐらいにしておくといいと思います。

宮野 ー
まずはスタートをきりたいですね。
最初はわからないと思うので
10ドル、もしくは12ドルという数字を設定すると
スタートとしてはいいと思います。

次に右下のContinueをクリックしましょう。

紙 ー
そしてPer shipment(パーシップメント)です。
画面では赤い部分に埋まってしまっています。
左側の赤枠の下にPer shipmentというところがあります。

宮野 ー
このPer shipmentとは
1発送ごとにいくら料金をとるかということです。

1発送ごとの基本料金です。
さきほどお話した重さとは別に1発送に対し
いくら課金するかという設定ができます。

例えば5ドルという設定にします。
5ドルで1発送。
そして重さで約500g、料金としては約10ドルの荷物だとします。

5ドル+10ドルで、あわせて15ドルの送料が
商品代金とはまた別に請求ができます。

それで送料も確保できるという考え方です。

紙 ー
1発送ごとということは
2つの商品で合計500gだとした場合、10ドルとれるわけではありません。
1発送あたり5ドル+重さあたり500gで10ドルということになります。

宮野 ー
そうです。
ひとりの方に2商品3商品が売れた場合は
1発送にまとまるということです。

その場合は、ここは1発送分しか課金されません。

紙 ー
重さは、かかった重さ分だけ料金を支払ってもらえるということです。

宮野 ー
最初はだいたい5ドルぐらいを設定するといいと思います。

紙 ー
そうですね。
あまり料金をとりすぎても、売れなくなってしまいます。
しかし、扱っている商品にもよるかもしれません。

すごく梱包が大変な商品だった場合
手数料は少し多めにとるのもいいと思います。

高いものばかり扱っている場合も手数料を
多めにとってもいいと思います。

実際梱包も手間がかかったりします。

逆にあまり細かい商品ばっかりなのに
手数料を10ドルもとってしまうと

商品代金10ドルで、さらに1送料あたり
最低10ドルかかってしまうので
購入者からすると少し戸惑うかもしれません。

扱うラインナップによって
設定をかえるほうがいいと思います。

宮野 ー
なるほど。
ただし、この設定は
基本的には自分が出品している商品全部に
この法則がかかってしまいます。

設定を行う際の判断基準としては
自分が主になにを扱うかということです。

大半は何を占めてるかということを考えてみましょう。

紙 ー
ライバルの状況によってもかわると思います。
ライバル全員が1ドルぐらいしか手数料をとっていないの
自分の手数料がひとりだけ高いと
ライバルに負けてしまいます。
バランスをみながら決めるしかありません。

宮野 ー
ここは後から設定はいつでもかえられます。

ここで立ち止まらないでください。
まず設定を行いスタートしてみることが大切だと思います。

ここでちょっと国際郵便マイページのURLも掲載します。
https://www.post.japanpost.jp/int/charge/list/
e-パケットについて掲載されていたり
国際郵便マイページというとこには料金表も載っています。

最後に、Shopping Country(ショッピングカントリー)という部分を
Japanにしてください。

紙 ー
これは確認してください。
これで設定は以上です。

次の動画では国際郵便の説明をします。
初心者の方は、わかんないと思うので
動画をぜひ参考にしてください。

まとめ

動画で紹介した送料設定・初期設定は
基本的には自分が出品している商品全部に
この法則がかかることを注意しましょう。

設定を行う際の判断基準は
あなたが主になにを扱うかということです。

ただ、あまり設定に悩みすぎても先にすすみません。

まずはスタートをきることも大事です。

設定はあとから変更することもできるので
立ち止まらずにすすんでみましょう。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です