SNSと税金の無申告で副業がバレてしまう!?

SNSで副業を話題にするのは禁物

ここ数年でフェイスブックやツイッターなどのSNSを利用される方が急速に増えてきています。
おそらく、皆さんも何かしらのSNSを利用されているのではないでしょうか?
皆さんもご存じのように、SNSには個人的な情報を一般に公開できるという特性があります。
その情報が、他人に知られてもなんともない事であれば問題はありません。
しかし、そこで本業の他に副業をしているということを明らかにしてしまった場合、大変なことになってしまいます。
具体的に言うと、上司や同僚にSNSを通じて副業をしていることが知られてしまえば、当然それは会社にバレることになり、何らかの処分を受けることになってしまうのです。
しかも、その可能性は決して小さなものではないのです。
また、最近では会社員が社内で撮影した写真をSNSにアップするということが増えてきているため、会社としてもそうした行いには目を光らせ、
SNSのチェックを積極的に行っているのです。
ですので、SNSで副業のことを話題にするのはくれぐれも避けるようにしましょう。

 

税金の無申告も副業がバレる原因に

副業がバレる原因には様々なものがありますが、会社に伏せて副業をしている方の中には「税金を申告しなければバレないのでは?」と考えている方がいらっしゃいます。
ところが、実際にはそうはいきません。
税金の申告、つまり確定申告をしなければこれは脱税ということになり、
税務調査が行われて脱税が明らかになれば未納の税金に加えて場合によっては罰金を支払うことになってしまいます。
そして一度脱税が明らかになれば、会社から受け取っている給与が差し押さえられ、脱税をしていたという事実が会社にも伝わってしまうのです。
そうなれば当然、脱税をしているということは給与以外の副業による収入があるということになり、処分を受けなければならなくなります。
このように、確定申告をしなければ副業がバレないということではないのです。
しかし、ここまで説明したようなことがあってもどうしても副業をしたいという方もいらっしゃるでしょう。
そうした方には、「バレにくい副業」をすることをお勧めします。
バレにくい副業とはどういうものかと言えば、簡単に言えば人目に付かない仕事です。
例えば飲食店やコンビニといった直接に人と触れ合う仕事をしていれば、必然的に人と接触しなければなりません。
ですので、バレない副業をするためにはこれとは違った仕事、例えばコールセンターやIT関係などで働くといいでしょう。
また、アフィリエイトやネットオークションといった方法で収入を得るというのもバレにくい副業の1つです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
SNSと税金の無申告は副業がバレる大きな原因となってしまいます。
この2点の重要性について本稿が少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

投稿者プロフィール

本田 りさ
本田 りさ
会社員/ライター/婚活中のマルチキャリア
自身の経験もあり、様々な副業の方法、手法に興味アリ。

これから副業を検討する方も、既に取り組み中な方にも、
有益な情報をお伝えしていきますのでよろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本田 りさ

会社員/ライター/婚活中のマルチキャリア 自身の経験もあり、様々な副業の方法、手法に興味アリ。 これから副業を検討する方も、既に取り組み中な方にも、 有益な情報をお伝えしていきますのでよろしくお願いします^^