副業で月収120万!輸出ビジネスで一気に売り上げを伸ばす限定仕入れとは?

サラリーマンをしていて、副業でもっと稼ぎたいと思っている方は少なくないと思います。
空いた時間で月に数十万稼げるなんて憧れますよね。

今はパソコンさえあればすぐに始められる副業がたくさんありますが、
どれが自分に向いているのか分からず、なかなか踏み出せずにいる人は多いのではないでしょうか。

今回は、輸出ビジネスで成功するまでに沢山の副業を経験している堤正和さんのお話です。

彼がどのようにして副業で月収120万稼げるようになったのか、その手法を公開しますので
是非参考にしてください。

様々な手法を試して見出した手法とは

今回は、副業でも月収120を稼いだ手法についてお話をさせていただきます。

まず自己紹介です。

名前は堤正和です。
1982年8月生まれ。東京出身で趣味は野球観戦、ライブです。

そして僕は今、現役のサラリーマンです。

僕の経歴をお話しすると、

大学4年生の時にwebデザイナーという職を知り、響きがかっこよかったので
それだけでwebデザイナーになろうと思い、最初は経験がなく社員では採用してもらえなかったので、
アルバイトという形で働き始めました。

そのまま就職をしましたが、1年後に転職しました。

そこで採用された会社に努めて今年で9年目になります。
そこではメディア運営や広告運用などをしています。

僕が副業を始めるようになったきっかけは、社会人1年目に入った会社がブラック企業だったからです。

年俸240万、ひと月の労働時間が370時間。
これは時給に換算すると、500円位なんです。本当に社畜生活という感じの毎日を過ごしていました。

土日も出勤して、会社に何日も泊まったりと心身の極限状態になってしまい、
このまま続けていたら死ぬぞ、何とかならないかなと思っていました。

転職すればいいのにという人もいますが、僕はwebデザイナーという仕事がしたかったんです。
そういうわけで、転職するにはある程度の経験がないと雇い入れてもらう事が難しかったんです。

そこで何かお金を稼ぐ方法はないかなと考え、サラリーマンによくある話ですが株を始めました。
最初は割とうまくいっていたんです。

ライブドアの関連会社の株を買っていけば勝手に上がっていく、これならやれるんじゃないかと思ったのですが、
ライブドアの粉飾決済、株式の市場が混乱。

そして僕の懐も大暴落。これで希望のお金を失いました。

せっかく稼ごうと思ったお金が無くなってしまったんです。

そのショックを受けて、いったん副業を撤退しました。
webデザイナーとして1年間の経験を積みたかったので何とか1年を耐えきって、その後無事に転職をしました。

そこである程度心身が回復してくると、また副業がしたいという欲望がわいてくるんです。

そして、また副業を再開しました。
僕がやってみた副業は下記です。

・株、FX
・ドロップシッピング
・カード転売

・Naverまとめ
Google等で検索すると上位の方にNaverまとめ記事が出てきます。
これはインプレッションごとの課金なんです。

検索も強いので儲かるのかなと思ってやってみましたが、きつかったです。

やはりサラリーマンは時間に拘束されているわけですので、旬なネタは書けないんですね。
Naverまとめはトピックスに載らないとお金が発生しないんです。

サラリーマンの僕だとどうしても遅れが出てしまうという事で、厳しいと思い撤退しました。

・サイトアフィリエイト
普通の2チャンネルのまとめをしていました。
普通の記事と、ちょっとピンク色の記事というのを書いていたんですが、あまり広告をクリックしてもらえませんでした。

纏めのサイトなので、お客さんもあまり記事を押さないんですね。

・バイマ
バイマは、割と固く利益が出ていたのですが、サイズやカラーがブランドによって異なるんです。
お客さんに、このサイズは私に合いますかと聞かれても分からないんです。

そういった手間がかかるのでどうしようかなと思っていた時に、
ちょうどFXで70万の儲けが出たので辞めてしまいました。

このような感じで、色々な副業に挑戦しました。

そして去年の4月、ネットビジネスゴールデンセミナーに参加をしました。

児玉歩(こだま あゆむ)さんが主宰するFMCが、初心者向けに色んなビジネスのお話をするセミナーでした。
それぞれの登壇者が話をしていた中で、霧島さんという方が輸出についてすごく楽しそうに話していたんです。

輸出は海外のお客さんとやりとりをするのでかっこいいと思い、それがきっかけで輸出のビジネスを始めようと決めました。

そして、7月にある方に出会います。
それが師匠の紙さんです。

ネットビジネスといえども、

「人との出会い」

これが自分を変動させ、人生をも変える。

人との出会いがあったおかげで、こういうビジネスもあるんだというのを気づかせてもらい、
それを始めるという事が人生をも変えていきます。

今副業をしている皆さんも色んな出会いをしていると思いますが、この先もセミナーや、
ビジネスをしている人に会って色々な話をして、変動して頂きたいなと思います。

ここから輸出のビジネスのお話をしていきます。

私は去年の5月から輸出のビジネスを始めました。
下記にまとめたものが、僕が約半年やってみた販売方法です。

・Amazon無在庫大量出品
・ebay(イーベイ)消耗品作戦
・Amazon予約商品の出品
・Amazon欧州への出品
・限定仕入れ

色々と試行錯誤をしました。

・Amazon無在庫大量出品
僕が最初に取り組んだ手法です。
輸出で入りやすいのは、やはりAmazonです。

ツールを回して商品を出す。
簡単に聞こえるんですよね。

僕も簡単にできる思っていたので、ツールを回しての大量出品に取り組みました。
そして、初月に300万の売り上げを上げました。

ですが、利益は3万円。
300万円売り上げて利益がたったの3万円とはどういう事だ?!という話ですよね。

これだけ頑張ったのに3万円かと思いました。

そして、翌月にアカウントがサスペンドされてしまいました。

やはり大量出品は薄利多売なので、荷物がものすごく来るんです。
すごい量が届いて、梱包・発送を作業します。

日中は仕事をして10~11時に帰宅し、夕食を食べ終えてから梱包と発送をするわけです。
こういった感じで、ほとんど寝ないで作業をする生活が約1か月半続きました。

発送も、1番安いSAL便しか選べなかったんです。

その結果大量の問い合わせ対応や、AtoZクレームが入ってきました。

そもそも無在庫大量出品は、サラリーマンには無理なんです。
結局は数を送らなければいけないんです。

この無在庫大量出品の薄利多売方式はどこで儲けるのかというと、
ボリュームディスカウントです。

ボリュームディスカウントはe-packetの場合ですと月間5000個以上で
1つ当たりの発送料金に100円の割引が適用されます。

ただ、1日当たり166個です。これは1人では無理ですよね。

この方式を取るのであれば、組織を構築していかなければ不可能です。
サラリーマンですと難しいと思いますので、やるのであれば組織化をした方がいいと思います。

自らきつい手法を選択するのではなく、ここで少し考え方を変えて頂きたいと思います。

薄利多売をやめて、データ取得のための大量出品と考えればいいと。
これから独自の手法につながってくるんですが、下記のような流れにします。

データの取得のための大量出品

好きな利益額を載せる

薄利多売からの離脱

好きな利益額を載せて、薄利多売から離脱する。
これだと売れないんじゃないかと思いますよね。

確かに売れないです。

売れませんが、データ取得のための大量出品と考えるんです。

時々売れる事があります。
その際、例えば通常は300円の利益しか取れない商品に利益3000円載せていたら
一気に10品位の商品を売ったことになるんです。

薄利多売でもいいですが、時間がない人は薄利多売からの離脱をお勧めします。

・ebay消耗品作戦
その次にebay消耗品作戦です。
Amazonのアカウントがサスペンドされてしまっている間活動ができなかったのでebayを始めました。

ただAmazonではツール出品しかしていなかったので、利益が取れる商品のリサーチの方法が分からない事に気が付きました。
結局Amazonのツールを回して出品する手法は、リサーチをしていないんですよね。

そこで、藁をも掴む思いでネットで探しました。

そして、とある方のYouTube動画にたどり着きました。
その方が、師匠の紙さんです。

ここで、紙さんと私は出会ったわけです。

紙さんの動画の中で、消耗品のセット販売方法がシェアされていました。

例えば、ダイソーのシリコンマスク。
フェイスマスクのような物ですが、100円で売られている商品です。

消耗品であれば単価が安く、仕入れにもそんなにお金はかかりません。
お客さんも、消耗品は1つ1つ買いたくないんですよね。

セットで纏まっていれば、そっちの方を買うんです。
ですので、最初は消耗品をひたすらセットにしていました。

その結果、

・7月の落札率50%
・8月の落札率75%

本当に落札率が高いので、ebayで販売をしている方は是非やってみてください。

更に消耗品というのは、1度購入したお客さんがリピートしてくれるんです。
安いのでまず1つのセットを買って、気に入ればまた購入してくれるという形です。

時には10個セットを10個買ってくれる場合もあります。

僕が紙さんの塾へ入ったのは8月だったのですが、この手法のお陰で入塾から半月で動画に出演させていただきました。
その動画では更に掘りこんだ話をしていますので、紙さんの動画からご確認いただければ嬉しいなと思います。
輸出ビジネス裏技大公開その1〜結局どうすりゃ稼げるんだ?〜

ここまではうまくいっているように見えるかもしれませんが、
どうしてもライバルセラーが出てきてしまいます。

僕はソールドを積んで販売していたので、追いかけてくるセラーが出てきたんです。

消耗品はそんなに利益額が取れません。
そこにライバルセラーが増えてくると、どんどん値下げをしてくるんです。

どうやって利益を取っているんだという価格まで下げられてしまったので、
僕は戦わないで、自分の好きな金額を設定して売る事にしました。

それでも売れています。
やはりリピーターさんが付いてくれていますので。

セット売りは、初心者の入り口としては最適な手法です。
利益が少なくても母数とフィードバックが増やせますので、消耗品の組み合わせはお勧めです。

・Amazon予約商品の出品
次はこれで責めました。

Amazonのサスペンドが解除されてから、利益率を高める方法を模索していました。
薄利多売ですと、利益が10%取れれば良いという感じでした。

そこで、物量を増やすよりは1つの商品の利益率を上げたいと思っていました。

例えばアイアンマンのフィギュアですと
仕入れ価格は38000円だったのですが、75000円で出品して売れました。

これは、かなりの利益率ですよね。

ざっくりとまとめると、予約商品は利益率が30%とれます。
薄利多売やっていた時と利益率が全然違いますよね。

ただ、この商品は2015年の8月に売ったんですが、発売日は2016年の6月30日と
かなり先だったんです。

10か月以上先に発売予定の商品だったんですが、売れてしまったんです。

お客さんが購入した際に、きちんと予約商品であることは説明しているんですが、
あまりにも先なので、お客さんも忘れてしまうんですよね。

そうしてAtoZクレームや、ネガティブフィードバックを残されてしまいました。
こうなるとAmazonのアカウントがボロボロになってしまいます。

この事から、予約商品は利益率は高いですが、ハンドリングタイムが設定できるのは30日までになるので
30日を超える商品は扱わないようしてください。

・Amazon欧州への出品
次はAmazon欧州への出品です。

Amazon欧州は.comと比べると、そこまで競争が激しくありません。
追跡番号を付けて発送しても利益がとれる場合が多いです。

例えばこのAKBの生写真は、僕が欧州で販売を始めて最初に売れた商品です。
日本での価格が274円なんですが、これが2100円で売れました。

恐らく彼女の大ファンなんだと思います。

もう1つ例を出しますと、イタリアと英語の辞書です。

当時の仕入れ価格は1998円だったんですが、これが17000円で売れました。

このように欧州を始めてかなり利益率が取れ初め、沢山出品すればあっという間に
30~40万は超えられるんではないかと思っていたのですが、突然サスペンドになりました。

すごく利益が伸びていたので、最初のサスペンドよりもショックが大きかったです。

サスペンドの理由は、知財です。
知的財産権侵害による一撃アカウント停止でした。

Amazonから警告があってからアカウントが停止される場合と、いきなり止められる場合があります。
これはAmazon次第なのですが、欧州の知財の対応は.comより厳しいです。

欧州での販売を始めるのは良いのですが、知的財産権侵害でアカウント停止されると解除は大変なので、
熟練のセラーから商品を追いかけるのがいいと思います。

熟練のセラーは、欧州の厳しい中で生き残ってるわけなんです。
そのセラーが出品している商品のASINを抜いて自分も出品すれば、大体は大丈夫です。

セラーによっては代理店契約を結んでいる人もいるので、そこは気を付けて下さい。

きちんとしていれば、アカウントがサスペンドになる事はありません。

知識がないとサスペンドされる事が多いですが、そこから学ぶ事もあります。
わざわざサスペンドをされに行く必要はないですが、正しい知識を手に入れましょう。

今後情報発信していく中で、サスペンドに関する情報も書いていきますので
ブログやメルマガを登録していただければと思います。

一気に収益を伸ばす限定スナイプ仕入れとは

お待たせしました。
ここから120万の利益を出した限定仕入れのお話をさせていただきます。

Amazonで販売した際に、ビジネスレポートは確認していますか?
ビジネスレポートを見ていない方は多いのですが、データは宝の山です。

Amazonは、詳細なデータが見れるんです。

AmazonTOP>REPORTS>Business Reports→Sales and Traffic

ここから、購入数、セッション数、平均単価等を見ることができます。

このデータを何に使うのか。

ここで式を覚えて下さい。

購入数÷セッション数×100=CVR(コンバージョンレート)

CVRはコンバージョンレートというのですが、セッションの数に対する購入の率になります。
セッションというのはページに来た数です。

例えばコンバージョンが1%の場合、100セッションに対して1つ購入される事になります。

このコンバージョンレートが分かると何ができるのか。

セッションを取ることで、出品している商品毎のセッションやカートの取得率等、
細かい情報を見ることができるんです。

という事は、一定期間のデータをもとに、どれくらい購入されるのかだいたい分かるんです。
そこに、商品毎の単価を掛ければ、おおよその売り上げや仕入れに必要な資金が分かります。

僕の場合は、それをデータから割り出すという感じです。

例と出すと、コンバージョンレートが1%で1週間に100セッションある場合、1週間に1つ売れることになります。
なので平均単価3万円の商品の場合、1ヵ月で4個売れるので12万の売り上げ想定となります。

仕入れ単価が1万円の場合、4万円の仕入れ資金が必要です。
そこから送料や手数料を引くと、利益が約8万円になります。

コンバージョンレートやセッション数、販売単価等が分かれば、ここまでのデータが出せるんです。

1週間に何個売れて、どれくらいの資金が必要かという事が分かると、
どれくらい仕入れればいいのかが分かるわけです。

ここからが限定仕入れの真骨頂です。

-限定仕入れ-
データを基に以下の条件で商品を絞って行きます。

・Amazon自体が出品していない商品
Amazonはプラットフォームでもありますが、Amazon自体がセラーとして販売している商品もたくさんあります。
Amazonの販売量や資金を考えると、どう考えても勝ち目はありません。

・セッション数が多い商品
やはりセッションの数が多ければ多いほど売れる確率が多いので、そういった商品に絞ります。

・日本と対象国で価格差が大きく開いている商品
あまり利益率がない商品はたくさん仕入れても薄利多売になってしまいますので、
価格差が取れる商品です。

・ネット上で枯渇している商品。
これが一番大事です。
ネット上で枯渇している商品を仕入れることによって、多くの利益が出せることがあります。

なので、商品の狙い撃ちをするんです。

これは12月に私が実際に販売した商品の価格です。

日本でのWeb価格 40000円
僕が仕入れた金額 8600円
海外での販売価格 46000円
利益額(送料・手数料除く)
374000円(利益81%)

枯渇している商品なので、Webの価格がすごく高騰しているんです。

約4万円まで高騰してしまっていまいした。
この時私が仕入れた金額は8600円です。

海外での販売価格が46000円。

ウェブで購入してウェブで販売するとなると、海外の発送量を含めると利益が出ないんです。
むしろ赤字になります。

僕が仕入れた金額は8600円なので、利益が37400円です。
1つの商品で37400円取れるのはすごくいいですよね。

定価以下で仕入れる事ができれば大きな利益になります。

こんなことが可能なんでしょうか?

できるんです。

それは、店舗仕入れです。

店舗仕入れのメリットは、

・商品が定価で手に入る。
ネット上のように値段が高騰する事がありません。

・場合によってはセール価格で手に入る。
10%オフで売っていると、それだけで利益になります。

・ポイントがたまって次回安く購入できる。
ポイントがたまる=利益になります。

店舗仕入れは面倒くさいと思う人もいると思います。

ですが、この限定仕入れのいいところは仕入れる商品が既に分かっている事です。
店舗に行って30分もあれば購入できてしまうんです。

僕の勤めている会社は12月は繁忙期なんですが、会社の帰りでも仕入れられるほど時間はかかっていません。

有在庫で販売するメリットは、

・在庫切れがない。
無在庫販売をしている人は、商品が売り切れるとキャンセルする事しかできません。
お客さんからキャンセルして貰える場合もありますが怒る方もいるので、そういったデメリットを防げます。

・出品の出し入れのコントロールが可能です
商品も生き物なので、日によって価格が変動します。

価格が上がったり下がったりと、市場の価格があるわけです。
有在庫販売の場合、そこに対してコントロールが可能です。

出品したりしなかったり、売りたくないと思ったら出さなければいいんです。

・受注から発送までが早い
無在庫販売は、ネット上で仕入れてから届くまでに時間がかかり、届いてから発送までにまた時間がかかるんです。

早く発送してくれればいいんですが、例えばヤフオクのセラーがサラリーマンだった場合、
週末にしか発送してもらえなかったりして、ハンドリングタイムに間に合わなくなるんです。

在庫を持っていればこういったデメリットは解消できます。

・クレーム軽減(ポジティブフィードバックをもらえる可能性)
発送までが早くて在庫切れの心配もないと、クレームどころかポジティブフィードバックをもらえる可能性の方が高いです。
そうすると、アカウントに傷が付かず強いアカウントになってきます。

在庫を抱えて、商品が売れるか分からないという不安があるかもしれませんが、
それは先ほど説明した限定仕入れで、見込みの受注数が分かるのである程度リスクの軽減ができると思います。

僕はこの手法を見つけて12月に120万円の収益を上げました。

ここまで読んで気付きましたか?

限定仕入れにたどり着くまでに、試行錯誤しました。

無在庫大量出品
予約商品
仕入れのずらし
FBA

無在庫大量出品や予約出品、仕入れのずらしやFBA。
色々と彷徨って、うまくいかない事も沢山あったのですがそれぞれ試してみて
見極めた手法だったんです。

まとめると、

無在庫大量出品によるデータ蓄積

データ分析からの商品の絞り込み

店舗仕入れ

市場状況を確認しながら価格変動・出し入れ

店舗仕入れ or メーカー、卸業者

在庫がなくなったら、また店舗で仕入れをする。
このサイクルを繰り返すことによって大きく利益が稼げます。

どうですか?

そんなに難しくないと思います。

少しデータを見てどれくらい仕入れるのかを計算し、店舗へ行って購入する。

僕は月収13万から一気に120万を積み上げることができたので、簡単にできるのではないかと思います。
無在庫での大量出品は気を付けなければいけませんが、それ以外は簡単にできると思います。

最後にマインド的な話になってしまいますが、
ビジネスをしていく中で、うまくいく事も失敗する事もあります。

これは皆さんも経験されていると思いますが、僕はどちらかというと失敗の方が多いです。
ですが、諦めずに走りながら修正をしてきました。

それを実行できたのは、師匠がいてビジネスの仲間がいてと適切な環境があったからです。

皆さんも、仲間がいたりいなかったりそれぞれだと思いますが、
うまくいかないと躓いて止まってしまう可能性の方が高いんですね。

ちょっと堀りこめば当たるかもしれないのに、辞めてしまうのは1番もったいないです。
それまでに時間もお金も投資をしているわけなので、辞めるのはもったいない。

僕が続けられたのは、師匠がいて、ビジネス仲間がいてという適切な環境があったからなんです。
なので、適切な環境を見つけるというのが、売り上げを上げていく中でも大事なことだと思います。

最後に一言

「やめなければ負けはない」

これは、花畑牧場の田中義剛さんの言葉です。
ガイアの夜明けで言っていたのですが、僕のすごく好きな言葉です。

やはり辞めなければ負けはないんです。

稼いでいる人それぞれ色んな独自のノウハウがありますが、それをやってみて失敗しても続ける。
それを継続してやり続けていただければと思います。

まとめ

他の講師達も何度か話していますが、セット売りというのは初心者の方には本当にお勧めです。
中級者で売り上げに伸び悩んでいる方も、まずは少ない資金から始められる消耗品のセット売りを是非やってみてください。

そこから堤さんの手法、「限定仕入れ」で一気に売り上げアップを狙うのもいいと思います。

Amazonは詳細なデータが見れます。
そこを見れるようになれば、確実に売れる商品を見つけることが可能です。

稼ぐための色んなノウハウを紹介しているので、混乱してしまう方もいるかもしれませんが、
全て実際に稼いでいる人たちのノウハウですので、間違いではないんです。

自分にはどのノウハウが向いているのかというのを実践して見極めてください。

失敗しても、それを原動力にして諦めずに進めば、きっと成功への道が見えてくると思います。
セミナーの講師たちも、最初から全てがうまくいった人はいません。

諦めないで続けたからこその成功です。

今伸び悩んでいる人も、まずは実践して自分に向いている手法を見つけてください。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です