忙しい人でも副業できる!Amazon(アマゾン)輸出のFBA

副業を始めたい。
やってみたけどどうやって稼ぐのかわからなかった。
もっと稼げるようになりたい。自由になりたい!
サラリーマン・主婦・在宅ワーカーなど様々な人が
一度は考えますよね。

そんな皆様へ、月に一千万円稼ぐようになった僕こと紙直樹が
忙しい人でも簡単に副業できる、Amazon輸出FBA(エフビーエー)
について説明させていただきます。

Amazon輸出のFBA(エフビーエー)
耳にしたことがある方もいらっしゃると思いますが
ご存知ない方のために、基本的な説明をさせていただきます。

FBAとは

FBAとは、フルフィルメントbyAmazonの略です。

アマゾンにあなたの商品を預けることで、
アマゾンがあなたに代わって、受注・発送・カスタマーサービス
を請け負ってくれるサービスです。

要は有在庫ということです。
商品を買って、まとめてAmazonの倉庫へ送ります。

手順はいろいろありますが
商品をAmazonの倉庫へ送ったあとは
売れたあとの処理をAmazonが全部やってくれるというサービスです。

FBAの流れ

通常の流れとしては

商品を仕入れる

商品を出品する

自宅で在庫保管

売れたら梱包して商品を発送する。

返品や問い合わせの場合は自分でやるというのが
普通だと思います。

AmazonFBAの場合は商品を仕入れる

出品をします

出品した商品をAmazonに送ります

売れたらAmazonからメールがきます。

それ以外の作業は全部Amazonがやってくれる。

出品する商品を購入するだけです。
時間がない方はやっていることが多いです。

ただし、有在庫になるので
リサーチをしっかりしないといけないと
いうことはあります。

FBAを使う6つの恩恵

FBAを使うことによっての
Amazonから受けられる6つの恩恵があります。

1番、プライム対象商品の決済方法が増えます。

プライムをご存知だと思いますが
プライム対象商品決済方法も増えます。

Amazonが売っているという扱いになりますので
優遇がされます。

2番、小売部門の商品の同梱発送も可能になります。

Amazonで鍋とおもちゃを買うと
一緒に配送されるということがありませんか。

種類が違うものでも、同梱発送可能にしてくれます。
これはお客さんからすれば、頼みやすいということになります。

3番、最短お届け日を購入者に表示します。

最短のお届け日を購入者に表示をしてくれますので
急いで商品が必要な購入者にアピールできます。

4番、Amazonから発送されるという安心感を与えることができます。

また、ラッピングも可能です。

僕もそうですが、プライム商品なら納期が早いと
購入したくなります。

5番、高額商品には保険料の全額負担が付く旨の文章が表示され

安心して買物ができます。

6番、ショッピングカードボックスの獲得率が上昇します。

これが1番大事です。

ショッピングカートボックスの獲得率

無在庫でやっているセラーがいます。
Aという商品がありました。

その商品に10人のセラーがいます。
9人は無在庫で売っているので、納期に20日ぐらいかかります。

ところが1人だけ海外にちゃんと納品をしていて
すぐ届きますとなると、
その1人の商品が高くても売れるわけですよ。

この「カートに入れる」と書いてあるところ。

画面でいうと6番のところです。

「カートに入れる」と書いてあるバナーと
その下に「こちらからも購入いただけます」と記載があります。
また、ここに表示されていないものもあります。

この「カートに入れる」というところに出ている人が
1番有利なんです。

買物初心者の方は、この「こちらからも購入できます」を見ずに
「カートに入れる」をクリックすると思います。

これを「ショッピングカートボックスの獲得率」といいます。

FBAでリスク分散のメリット

FBAのメリットは

梱包、発送、受注の手間が省けます。

返品、クレームにはAmazonが対応してくれます。

評価のない状態でもカートボックスが取れます。

少し高めの価格設定でも売れます。

有在庫なので、在庫管理が楽です。

売れたときの発送料が安くすみます。

他のチャンネルで売れたときでも発送が可能です。

Amazonの倉庫に置いておくと
ebay(イーベイ)で売れた場合にも、Amazonの倉庫から送れます。

在庫が残ってしまうというリスクが
分散させられるというところです。

FBAのデメリット

手数料が普通に販売するよりもかかります。
当然保管料がありますので、少し多めにかかります。

有在庫なので最初に資金が必要です。
売れない場合は倉庫使用料が発生します。

Amazonの倉庫に置いてもらうので、
売れなければずっと残ってしまうというリスクはあります。

またアメリカは広いので
アメリカ本土に商品が到着してから
納品まで5日から7日かかります。

売れなかったときに返送料もかかります。

しっかり回転する商品にしぼって
出品する商品を送るということが大事になります。

まとめ

FBA納品の費用についてですが

商品代金、FBA倉庫までの送料
Amazonへの手数料、在庫保管手数料、
出荷作業手数料、発送重量手数料、販売手数料

送った商品を自宅へ返送する場合は返送料が発生します。

始める際に気を付けることですが

消費期限のある商品はFBAで出品できません。
無在庫も一緒ですが、内臓リチウム電池のある家電は
FBAに納品できません。

JANコードのある商品を選ぶこと。
FBA倉庫に送る箱のサイズには制限があるので
チェックをしてください。

時間が取れないという人は、リスクはありますが

納品すればAmazonが手続きをしてくれますので
効率的にできる手法だといえます。

AmazonFBAの説明は以上となります。
ありがとうございました。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です