初心者に人気・おすすめのインターネットビジネスとその理由とは?【完全版】

初心者に人気・おすすめのインターネットビジネスとその理由とは?【完全版】

Sideline.Labオーナーの私、紙直樹のビジネス歴の成功、

失敗を元に

「では一体今後どう進めればいいのか?」

という道しるべ的なお話しをしていき、

あなたが最短距離で成功できるよう進めていきたいと思うが、

そもそも株やFXは元資金が必要になるし一気にゼロになったり

大きくマイナスを生む可能性がある。

 

とても初心者にはおすすめできない。

 

安全な投資をしようとしたら年利で5%を狙うべきとされている。

しかも普通の人はそれほど多くの投資額を入れることは

できないだろうから仮に10万円として年利5%で計算すると、、、

「自由に裕福に」という生活は多分世紀をまたぐような話になってくるだろう。

 

僕の友人でも投資だけで生活してる人間はいる。

しかし彼らも1日で1000万円というお金を溶かしたり、

という話はよく聞く。

 

初心者がこれをやるとしたらギャンブルにしかならない。

パチンコやスロットの方がマシかもしれない。

(ちなみに僕の友人でパチンコだけで年収2000万円というツワモノがいるが、維持できなくなったそうで今は普通に働いているよう)

彼や投資で生活してる人は例外なく「強靭な精神力」を持っている。

1000万円溶かしても「生きていればどうにかなる!」というような。

 

仮にある程度の勝率があるとしても、

普通の人(僕も含めて)の精神状態なら、

「働かずに毎月安定して入ってくる収入」の方が

時間的、金銭的、精神的自由は間違いなく得られる。

なので、ここでは投資案件については

除外して話を進めていきたいと思う。

 

ネットビジネスで収益が上がる4ステップ

ネットビジネスで収益が上がる4ステップ
凄く当たり前の話ではあるが、

収益が生まれるには必ず法則がある。

 

この4ステップを知っておくことで、

この後お話しする「初心者が取り組むべきビジネス」の輪郭が見えてくる。

収益が生まれる4ステップとは

  1. 顧客を集める(集客)
  2. 顧客との関係性を深める
  3. 商品をセールスする
  4. 顧客をフォローする

 

どんなに良い物があっても誰もそれを知らなければ収益にはならないし、

いくら良い商品でその認知度が高くても顧客が

安心している状態でなければ物は売れないし収益も売れない。

よく小売店は「価格勝負」みたいな謳い文句を

表に出してるところを見かけるが基本的に

「価格勝負をし出すと終わり」である。

 

基本的に顧客は

 

安心>品質>価格

 

この順で優先度を付けている。

 

どんなに価格が安くても汚い格好の店員が売る品質の悪い商品は売れない。

どんなに価格が安くても汚い格好の店員が売る高品質の商品も売れない。

価格をどうこうする前に安心感や品質をどうにかしたほうが圧倒的に良い結果が得られる。

 

話が少し外れたが、要するに顧客との関係性を

深める重要性を理解していただきたい。

セールスも非常に重要である。

TVショッピングなんかを想像してもらえばわかると思うが、

TVショッピングで売ってるような商品を最初から

「○○の商品を××円で販売します!」と言われても買うだろうか?

顧客に価格以上の価値があることをプレゼンテーションしてから価格を言う、

飽きさせないカメラワークや演出、ギャラリーらしき声、

販売開始後の電話注文の嵐(っぽい映像)などなど、

これらが組み合わさってあの爆発的な販売が可能になる。

 

セールス後も売りっぱなしではもちろんダメで、

顧客フォローやアフターケアが必要になる場合も多い。

 

普通の家電でも、おもちゃでも、健康器具でも、

目に見えないカウンセリングやコンサルティングのような「無形の商品」でも、

すべてこの4ステップができていれば売れるし、

できていないならどこか、

または全部が足りてないということになる。

 

4ステップの必要項目数でネットビジネスの難易度が決まる

4ステップの必要項目数でネットビジネスの難易度が決まる

ここで僕がなぜアフィリエイトで失敗したか、

という説明になるわけだが、

結論から言うとアフィリエイトは

この4ステップをすべて行う必要があるビジネスである。

 

顧客を集めるには広告を打つかサイトを立ち上げて

Googleの検索順位を上げるような施策をしないといけない。

 

それか、何かを無料で提供したりして

顧客リストを集める必要がある。まずこれが難しい。

 

顧客との関係を深めることも対面して話す機会でもあれば

安心できるかもしれないが、そんなことは難しいし、

そもそも全員と会っていたらいつまで経っても自由な生活はできない。

 

(僕は時々セミナーなどを行いリアルに会う機会を大切にはしているが、

顧客リスト全員と会うのは無理がある)先ほども述べた通り、

人は安心してない人から物を買うことはない。

 

どんなに良い商品だったとしても買うことはない。

価値を提供したり、あなた自身が有名になったり、

インターネット上だったとしても会話する機会を設けたり、

そういったことをしなければ一個人の「我々」を

なかなか信用してもらうことはできないだろう。

 

また、アフィリエイトなので自分の商品を売るわけではないが、

今やアフィリエイトも競合が多いので、

アフィリエイト単価が高い商品をただ商品リンクだけ貼っておいても売れるものではない。

 

高い報酬な物ほど激戦区なので

「なぜそれを自分から買う必要があるのか?」とか

「なぜそれを自分のサイトから買う必要があるのか?」を

明確にしなくてはならない。

 

マーケティング、コピーライティングなどの比較的難易度、

抽象度が高いスキルを要するのでそれなりに難しくはある。

 

そう考えると最初にアフィリエイトでは失敗し、転売で成功した理由がわかる。

 

1ステップで完結する初心者に人気の簡単なネットビジネスとは?

1ステップで完結する初心者に人気の簡単なネットビジネスとは?

もしあなたが「コツコツ日々決めたことをできる」という性格であれば、

アフィリエイトで成功することも可能であろう。

 

ただし、時間はかかると思っておいたほうがいい。

広告を打てば短期的に収益を上げることも可能だろうが、

「リスクを少なく」という意味ではおすすめできない。

 

大体の人間は1か月くらい実績が出なければ挫折してしまう。

成功体験が多く、「やっていれば必ず成功する」と信じ切れる人は別だが。

僕も含め、「最初に投資、アフィリエイトをやったが失敗した」

という人間は非常に多い。

 

実はそれは失敗ではなく、続けていれば結果は出るのだが、

いつ結果が出るかわからない事をやり続けるのは難しい。

 

それでは一体初心者は何から始めるべきなのだろうか?

前項で

 

  1. 顧客を集める(集客)
  2. 顧客との関係性を深める
  3. 商品をセールスする
  4. 顧客をフォローする

 

このステップが多いほど難易度は上がるという事をお伝えした。

インターネットビジネスの中で唯一、

これらのうち1ステップだけやってれば収益があがるビジネスがある。

 

それは、物販である。

 

「物販って在庫を置かなきゃいけなかったり、

発送とか、顧客対応とか手間が多そう」

 

もしあなたが今そう思ったのであれば、

とりあえずまた別途で説明するが「心配は要らない」という事だけお伝えしておこう。

なぜなら僕や自由に生活してる物販プレーヤーは皆

 

自宅に在庫は1つもなく、

顧客対応も発送もせずにノークリックで収益を得ている

 

からである。これについては順を追って説明していこう。

下記は僕の事務所で、以前ある撮影をした時の写真だが、

テーブル、ソファ、写真では見えないがPCがあるだけで綺麗なものである。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=627448060746398&set=a.433076810183525.1073741827.100004436290911&type=3&theater

とても物販をしている人の事務所には見えない、とよく教え子から言われる。笑

 

さて、話は戻って、

「4ステップのうち1ステップで完結してしまうビジネス」それが物販である。

具体的に話していこう。

 

物販と一口に言っても実は様々な販売場所がある。

ヤフオク

Amazon

メルカリ

楽天

ebay

Google

Buyma

などなど。ただ、共通して言えるのは、

 

「安心感」を持っている顧客がすでにたくさんいる という点である。

 

Amazonやヤフオクなどで買い物するときに

顧客に不安感はあるだろうか?基本的には無いだろう。

「買ったら届く。梱包も対応も安心」と思っているはずだ。

つまりどういうことか。すでに述べた

 

  1. 顧客を集める
  2. 顧客との関係性を構築する

 

この2つが不要なのである。

そして、販売した後も自動的にメールが飛ぶシステムがあるので、

完全に不要とは言わないが基本的にはほぼ不要である。

 

4つのステップのうち1つのステップだけで収益が得られてしまうのだ!

 

最終的にこの4ステップのスキルを得られたなら

どんなビジネスを行っても成功するだろう。

しかし、順番や成功率、離脱率を考えると

物販からスタートするのが最も安定感がある。

では、既に述べたように多くの販売場所や手法がある中で、

何が一番良いのか?

 

「一番良い」という表現は適切ではないかもしれない。

どれも収益を上げることはできるが、

まずは「利益が生まれるカラクリ」を明らかにしておいたほうが

その後の話がスムーズなのでそちらからお伝えしておこう。

 

あなたは「なぜ利益が発生するのか?」という事について

明確に答えられるだろうか?

 

ネットビジネスで利益が出て、稼ぐことができる理由とは?

利益が確定してから仕入れる初心者に人気の転売手法

利益が生まれるカラクリは非常にシンプルである。

地域

 知識

これらの差によって生まれる。

具体例を挙げると、

例えば人気アーティストのライブ限定グッズや、

チケットなどが高値で取引されるのはなぜだろうか?

 

基本的には東京や大阪などの主要都市で

イベントが開かれることが多いと思うので、

地方に住んでる人間からしたら、東京に行って買ってくるより、

誰かが転売してるものを買ったほうがどう考えても金額的には安い。

 

(「行って買う事に意義がある」的な

アーティストへの熱は置いておいて、単純に金銭的な意味で)

 

「砂漠で水を売る」なんて表現もあるが

必要とされる場所で

それがその地域には無い物を

販売すれば確実に利益が取れる。

 

また、大震災が起きた際に水不足が起きたときは水が売れるし、

地震対策の為の水で「スイスの軍が実際に使用してる保存用の水」

というのが一時期爆発的に売れたそうだ。

 

これは「スイスの軍で使ってる保存用の水ならきっと安心」

という顧客心理があるからだろう。

知識に関しても同じことが言える。

 

この書籍や、セミナー、コンサルティングに関しては

「知識がある人」が「その知識がない人」に販売することで利益が生まれる。

もしこの書籍を読んでる方で僕が知らない、

僕が欲してる知識を有する方がいたら、

僕はその方の書籍やセミナー等を購入することだろう。

 

前に聞いて驚いたのが、今は無いのかもしれないが、

Facebookが流行り始めた頃には

「Facebookアカウント作成セミナー」なんてのが

数千円ではあるが有料で開催されてたり、

地域によっては「ワードの使い方セミナー」なんてのもあるんだとか。

これもまさに知識格差の典型だろう。

 

このようにして利益というのはこれらの格差が

あることによって生まれることを理解してほしい。

 

次に、物販なので当然在庫を持つ、という選択肢をすることもできる。

もちろん在庫を持つ場合のメリットもあるわけだが。

 

在庫を持たずに行う「無在庫」という新しい転売スタイル

在庫を持たない「無在庫」という新しい転売スタイル

僕は前職まさに物販ビジネスをしているネットショップに

勤めていたので、特に物販ビジネスといえば

 

・在庫を持って

・メーカーや卸から安く仕入れて

・倉庫を持って

・スタッフを抱えて

 

というイメージしかなかった。

それでもひと昔前の物販よりはインターネットがある分相当楽なんだろうが。

 

ちなみに僕の祖母はインターネットなどない時代に雑貨屋をやっていて、

それはそれは繁盛したそうだが、

最初は仕入先の確保のために当時流行り始めてた

サンリオの本社(本社かどうかちょっとわからないが)まで

わざわざ出向いて頭を下げてなんとか仕入れ確保したそうな。

さらに、在庫は随時両手いっぱいの袋に詰めて移動していたんだとか。

 

その時代と比較すると今がいかに楽か、

という気もするがそれは置いておいて、

日本人特有の「頑張らないといけない」という気持ちは気にしないとすると

誰だって家に在庫は置きたくない。

倉庫を持ったり固定費をかけてスタッフを抱えたくもないだろう。

 

僕は先ほど述べた通り、在庫を持って~というイメージしかなかったため、

普通に転売の時は店舗に仕入れに行ってヤフオク等で販売していた。

 

その後、輸入ビジネスに切り替えたがそれもまた、先に仕入れるビジネスだった。

「在庫を持たずに」という発想自体なかったからだ。

 

ただ、「在庫を持つ」こと=悪というわけではもちろんない。

ほとんどの人が「あまり動かずに楽してリスクなく収益を得たい」と思ってるので、

店舗に足を運んだり、在庫を持つことで競合が減るのと、

利益が大きく取れやすい。

 

さらに、需要が高い商品を買い占めなどしてしまうことで

相場をコントロールして高く売ることも可能になる。

 

こういった「有在庫販売」に抵抗がない人は

おそらくどの物販ビジネスでも問題ないだろう。

 

ただ、僕の経験上、有在庫は相当の規模感にならないとお金が残らない。

 

というのも、当然有在庫の商品が何か1つすごい売れてたとしても、ずっとは続かない。

そうすると次のヒット商品を探さないといけないわけだが、

それをテストするにも仕入れが必要だ。

 

となると、出た利益を全部とは言わなくても次の仕入れに回さないといけなくなる。

経理上は売れたもの-売れたものの原価=利益(簡単に言うと)になるから、

例えばその数字が30万だったとしても、実際は次の仕入れに回してるお金もあるから、

経理上は利益60万の人が「銀行に5万しかない。。。」と言っていたのが印象的だった。

 

僕もそこまでではなかったが、利益を上げても上げても

お金がそこまで増えていかなかった時は

「これはいつになったら裕福になるんだ?」という思いだった。

 

しかも僕は輸入時代、ボルダリング(室内で行うロッククライミング)の

ホールド(カラフルな石のような物)を輸入していて、

僕の家がエレベーターの無い団地の4階だったため、

配達員さんが1箱20kgのホールドが詰まった箱を

10~20箱部屋にゼーゼー言いながら上げてくれ、

僕はそれをゼーゼー言いながら別室に運んだり出品していた。

 

僕もそんな重い商品はやりたくなかったが、

利益が多かったのとライバルが少なかったのでやらざるをえなかった。

 

生活できるくらいの利益は出ていたし、

ホールドが届いたときは大変だったが、

1回出品してしまえば1か月くらいは次の仕入れを

しなくても繰り返し売れていたので、悪くはなかったが、

理想とは程遠かったので、「どうにか現状を打破できないか」と模索した。

 

そして、「無在庫販売」という在庫を持たない販売形式をその後知ることになる。

 

色々探した結果、Buyma(バイマ)という

ファッションアパレルインポートのサイト

(簡単に言えば主に女性向けのブランドファッションを

通常であれば海外在住の人が安く仕入れられるので出品し、

日本の人が買う、というサイトだが今では

日本人が海外のサイトなどから仕入れて

日本の人向けに売るサイトとしても有名になっている)

にたどり着いた。

 

女性もののブランドとかまったく詳しくなかったので

とりあえず「人気がある」というものを出しまくった。

在庫を持たなくていいというのは真似されやすい、

誰でもできるということを意味するので数を出す必要があった。

 

しかも、その時は出品ツールとかの存在を

知らなかったのでひたすら手で出品していたが、

先に述べた通り、4ステップのうち1つだけをやればいいので、

やることはとにかく「出すだけ」。

 

利益が確定してから仕入れる初心者に人気の転売手法

利益が確定してから仕入れる初心者に人気の転売手法

次第に数個売れるようになり

利益を乗せて売れてから仕入れる

という快感をこのとき始めて味わった。

 

しかし、やはり基本的には海外居住者の方が有利。

何しろ有名ブランドは海外に住んでると

日本の定価の30~50%OFFで買えるのだから。

日本に住んでる以上は海外のパートナーでも抱えない限り

微妙に人気があるくらいのブランドで細々やるしかない。

 

(逆に言えば海外のパートナーを見つけたり、

リサーチ力が上がれば結構稼げはするが)

 

しかも女性のアパレルは商品点数が半端ではない。

売れたものやアクセスが多い物を見てもどうにも共通点がわからない。

結構必死に出品したのに季節が終われば流行りも終わるので

全部取り下げて次の季節の商品を出さなくてはならない。

 

ちょっと「ずっとできるビジネス」とは思えなかった。

ちなみに先ほどから「輸入を」と普通に書いているが僕は英語はまったく出来ない。

現在はGoogleの無料の拡張機能で自動で

画面上の文字を翻訳してくれる機能

(もちろん多少変な日本語にはなるが内容は理解できる)

があるのでさほど苦にならない。

 

とはいえ、初めての無在庫販売で初月で

利益20万円程度出たので「無在庫販売でも十分売れる」という事はわかった。

だが、ずっと続けれる自信はなかったので、また別の販路を模索してみた。

 

100均の商品が1000円に、1980円の商品が50,000円で売れるビジネス

100均の商品が1000円に、 1980円の商品が50,000円で売れるビジネス

衝撃を受けた。まずはこれを見てほしい。

http://naoka01.info/1980.jpg

この商品が、なんと。

http://naoka01.info/50000.jpg

こんな金額で売れてしまった。

 

これは僕の教え子がジョークで出品したら

まさか売れてしまったというスクリーンショットを拝借してる訳だが、

こういったことは珍しくない。

 

最初に楽しい気持ちになってもらおうと

いきなり結論からお見せした訳だが、

これが僕が最後にたどり着き、

開始1年後に利益で600万円を達成してしまったビジネス

 

輸出ビジネス

 

である。当時の僕としては苦肉の策で見つけたビジネスだったが、

とにかく衝撃的だったのは

 

「日本の普通に売ってる商品で利益が取れる点」

 

である。先に述べた通り、利益が生まれるカラクリは

「地域」「知識」の格差によって生まれるとお伝えした。

 

まさにこれを最大限取れるのが輸出ビジネスなのである。

海外旅行に行ったことがある方はわかると思うが、自動販売機がなかったり、

コンビニがなかったり、料理がおいしくなかったり、

美容系の商品があまりなかったりという体験はあるだろう。

 

というよりも日本製品のクオリティが単純に高いのだ。

この時ほど「日本人でよかった」と思う瞬間はなかった。

ちょっとamazon.jpを開いて商品を海外で見てみると利益が取れる!

 

「これだ!」

 

と思った。もちろん、一部の超人気商品はすでに競合がいたりはするが、

基本的にはなんでも売れる。

 

海外では、

ebay

amazon

という2つの販売先がメインとなるが、

ebayのアクティブユーザーは1億6500万人、

米国amazonは2億8000万人程度とアクティブユーザーが

日本の総人口以上にいる状態。市場の規模が違う。

一部商品以外は飽和することなどまずない。

 

僕が初めにやったのはamazon.jpの商品を検索してebayに出品してみた。

もちろん無在庫の方式だ。するとすぐに2~3万円は稼げた。

楽しくない訳がない!

 

ebayには出品制限が最初全員にかかっていて、

徐々にそれを上げていきつつ商品点数を増やしていくのだが、

それが増えると共に10万、20万、50万、100万と天井知らずで伸びていった。

当然無在庫だからお金の貯まり方もこれまでの比ではなかった。

 

通常の転売形式では店舗に行ったりしないといけないので、

労力がかなりのものになるし、競合も相当多い、お金も貯まりにくい。

 

輸入でも店舗には行かなくて良いが、先仕入れが普通なので金銭的に厳しい。

 

 

Buymaも無在庫が主流ではあるが、

季節によって商品を入れ替えなくてはいけなかったり、

センスも多少必要、ブランド商品が多いので梱包も気を遣う、という点がある。

 

突き詰めていけばどれも稼げるし、どれを選ぶかはあなた次第だが、

楽しさも含め、輸出ビジネスを僕は推奨している。

 

まとめ

まとめ

まず重要なのは

「雇われ、誰かのコントロール下におかれ、労働量=収入量」になっていては

一生自由になることは無理である。

 

そのためには「仕組みを作っておけば、あとはその仕組みが勝手に売ってくれる」

といった「自動販売機を作る」ことが必要である。

では一体どんなビジネスを初心者は取り組めば良いのか?

 

僕も最初からビジネスでうまくいったわけではない。

投資、アフィリエイトといったジャンルから始めたがまるでうまくいかなかった。

これはそのビジネスが良い悪いという話ではなく、

初心者が取り組むべきビジネスではない。

 

投資は1000万円くらい用意できないと個人では

やる意味がないとしている投資家が多いのと、

そもそも一気にマイナスになったりゼロになったりするのでリスクが高い。

 

アフィリエイトは収益化の4ステップのうち、

すべてを行う必要があるビジネスのため、敷居が高い。

 

4ステップのうち、1ステップで完結する唯一のビジネスは物販ビジネス。

各種プラットホームに商品を置きさえすれば売れていくのだから。

 

だが、在庫を置いたり、先に仕入れが発生したり、

競合がひしめいたり、発送作業をしたり、

そういったことをしても手間はかなりのものだし、

先に仕入れる分リスクが伴う。

 

市場規模も広く、在庫も持たずに、競合も少なく、

在庫を持たずに販売でき、お金も貯まり、かつ自動化できるビジネスが

輸出ビジネスである。

 

100均の商品が1000円に変わったり1980円の商品が50000円に化ける。

しかも特別な商品ではなくその辺に販売してる物が、だ。

 

もしあなたが無在庫販売、輸出ビジネスに興味を持ったなら

僕のamazonランキング1位の書籍とメールマガジン

ご覧になってほしい。

 

僕は輸出ビジネスにおいて約1000人以上の指導実績があり、

 

・欲しいものを買いたい

・会社勤めに嫌気がさしている

・しょうもない人付き合いをやめたい

・自分に自信を持ちたい

・子供の教育費をしっかり稼ぎたい

・お金の問題で結婚できない

・自由になりたい

 

といったたくさんのクライアントの夢を叶えてきた。

そういった生徒の「成功の法則」や「自由になる方法」

輸出ビジネスの具体的な進め方などを納めた

Amazonランキング1位の書籍「自由人の条件」

1200円で販売していたが、ランキング1位を記念して

期間限定で無料配布している。

 

この記事にたどり着いたのも何かの縁だと思うので

是非読んでみてほしい。

 



*

※ボタンが反応しない場合、アドレスは登録されません。その際は申し訳ありませんが、限定数が終了しております。

 

投稿者プロフィール

紙 直樹
紙 直樹
1981年生まれ、埼玉県出身。

大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年より副業としてネットビジネスを開始。
現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。
物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。
初心者に人気・おすすめのインターネットビジネスとその理由とは?【完全版】

1 個のコメント

  • わかりやすい!
    実践されてるから うまく思うようにならなかったこともあって論じてることの信用がつたわってきました。
     ネットビジネスな概要が わかりました。
    助かりました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    紙 直樹

    1981年生まれ、埼玉県出身。 大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年より副業としてネットビジネスを開始。 現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。 物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。