1. TOP
  2. シェアリングエコノミーがリードする【非正社員の未来】

シェアリングエコノミーがリードする【非正社員の未来】

1

あなたはシェアリングエコノミーのサービスについて、どんな印象を持っていますか?
近年急激に拡大している個人間でのサービスやモノのやりとり、不安に感じるという声も多いですが、案外身近なものではメルカリなどの個人売買もそれにあたります。
今回は、急速に広がるシェアリングエコノミーについて、まとめてみました。
少し難しい話もありますが、利用する、提供することについて、楽しみを見出していただけるような記事を目指しておりますのでどうぞお付き合い下さい。

 

シェアリングエコノミーとは

2

シェアリングエコノミーとは、個人の所有物やスキル、時間などを一時的に利用してもらうようなサービス、ビジネスのことを言い、注目を集めています。
アメリカ西海岸を起点に広がり、その市場規模は2013年に約150ドル、2025年には約33350億ドル規模に成長する見込みで急速に拡大しています。
海外ではかなりの拡大スピードのようですが、日本では、国民性もあってか少しずつ、という印象がいなめないですよね。
では、どういったサービスがあるのか、見ていってみましょう。

 

どんなサービス、内容があるのか

3

市場規模で広がっていると言われても、なかなかイメージがつきにくいと思います。ここでは実際に日本でも提供されているサービスから、どんなもののことを言うのか、ご紹介いたします。

 

Airbnb、シェアハウスなど、民泊、居住空間のサービス

4

民泊ビジネスとして著名なAirBnBは、海外から日本への観光客の方などがよく利用しているイメージですね。空き部屋を宿泊施設として利用することができ、案外出張などで宿泊する日本人のビジネスマンや、国内旅行に利用する方も多くいらっしゃいます。
また、こちらも近年増えてきている感があるシェアハウスですが、これもシェアリングエコノミーのひとつと言えるでしょう。

 

uber, anycaなどのカーシェアサービス

5

uber などの配車サービスも、シェアリングエコノミーのサービスです。少し前にタクシーとの間で一悶着がありましたね。
最近はAnycaという、個人の所有する高級車、痛車など、ユニークな自動車をレンタルしてもらうサービスなどもあります。
利用者は、モノを「所有することなく」、目的地や、欲しい車などに、「アクセスできる」、というところがキーポイント。

 

メチャカリ、エアクロなど衣類のサービス

6

こちらもモノに関するサービスです。メチャカリは、月額定額制で、ブランドものの洋服を新品の状態でレンタルし、60日借り続けた服は、もらえるというかなり斬新なサービスです。今のところ若い子向けサービスである感はいなめないですが、今後増えて行くことを願う女性も多いのではないかと思います。
エアクロ(air Closet)はスタイリストさんが選んだ洋服をレンタルすることができます。#airClosetのタグで、インスタグラムなどから雰囲気を見ることができますので、気になった方はご覧になってみてください。

 

メルカリなど、フリマアプリによる物販サービス

7

ご存知メルカリは、自分の所有するモノをフリマ感覚で別の人に販売することができるアプリです。月間利用者数は500万人を超え、ヤフオク!を抜く勢いだそうです。これはすごいことですよね、メルカリが出てきたのも本当に最近なので、需要の大きさを物語っています。全てが簡単にすませられてしまうし、けっこうお金にもなるし、便利!
いわゆる転売も時間、価値の提供ということでシェアリングエコノミーの要素を含んでいます。

 

米Amazonも始めてる?

8

一時はドローン配送が話題になったAmazonですが、なんと一般人に配送してもらうためのアプリを開発中なのだそうです。
アマゾンが既に行っているアマゾンロッカーや、コンビニに配達された商品を代わりに受け取って、自宅まで届けてくれる人を見つけるシステムを考案しているのではないか、と言われています。
アマゾンはこれまでも、自転車、タクシーなどで即日配達を行うためのテストもしており、今回のアプリもその一環ではという推測がされているそうです。
これが実現すると、Amazonからの買い物の受け取りがさらに融通がききますので、忙しい方でもさらに気軽に買い物ができてしまいますね。

 

個人の欲求は、「所有すること」から「体験すること」に向かっている

9

どうでしょう?意外と馴染みのあるサービスもあったのではないでしょうか。
モノを安く買いたいなと思ったら、それをより安く買える。
旅行に安く行きたいなと思ったら、安い空き部屋で地域に暮らす体験ができる。
高くて自分では手が届かないようなモノを誰かから安く借りて利用する。
より安く、かんたんに済ませたいことを、身近なサービスで実現するというイメージです。
英語の勉強だって手軽に、安く提供されています。

時間、モノ、個人のスキル、趣味などが高じて所有欲が満たされている人が、誰かのために役立てようという動き。
また、体験したいことがあっても、そのために必要な道具や、服などを自分で所有するまでのことはできないという人に、余剰のある人が提供するという動きです。

また、こういったことが増えると、物理的なモノの量が減って、環境負荷が減るという見方もあるそうです。別に意識してそういう動きがあるわけでもないのに、環境に良い。なかなか良いことだらけな気がしますよね?

 

IT、スマホが雇用のカタチを変えている

10

なぜこんなことが急に可能になったのでしょうか?それは、スマホの普及によって、個人間でのアクセスが容易になったからです。個人同士のつながりが容易なため、間に大きな仲介が必要がなく、個人が持て余したモノや能力を提供しやすくなり、大幅に安くすませることができるようになりました。
洋服が好きで好きで必死に買い込んで、その資金をつくるために働いている人は、余った洋服を誰かに貸したり、売ったりすることができます。
ほかの人より余剰のある「洋服」という部分を資金に変えることで労働の時間を抑えることができるわけです。
家、車、もそうですし、個人的な特技でも同じです。
自分はもっと自由なライフスタイルを選びたい、自分には誰よりも好きな何かがある・・・「誰よりも」、までいかなくとも、そういった貴方にしかできないこと、個人的な人よりちょっとだけ特別なところを、活かした仕事、生活が、よりしやすくなっているということですね。
ブラック企業で働いて、日夜働きづめで、自分のことが何もできないよ、、そんな方は、少しここを意識するだけで変化があるかもしれません。
日本の大学の講義で、シェアリングエコノミーのビジネスプランを提案する、というようなワークショップも行われたりしていますし、独自にシェアリングエコノミーサービスのプラットフォームを構築しようとする方も増えています。今後浸透していくだろうことは想像がつきますね。

 

非正社員でも、やっていけます。

11

日本での非正社員の割合は、4割に近づいていると言われています。
そんな中でも物質的な充実感は特に変わることなく、日々続いていますよね。
大企業が提供するビジネスに、需要が減ってきている傍ら、個人が提供するサービスへの需要は増えてきている。どちらにつくかは人それぞれですが、「雇用されているだけ」という状態が、より良い生活に結びつく可能性は、年々減っていくように思います。

見知らぬ人からモノやサービスを買ったり借りたり、するのは抵抗があるという方が多いのは、日本では特にそうだと思います。
しかし世界で広がりを見せるサービス。日本でも、すごいスピードで拡大しているわけではないですが、着実に大きくなっていっている市場です。
今までは個人は何かを提供される側である場合が多かったように思いますが、こういった機会を楽しんで、主体的に自分のライフスタイルを選ぶというのも、選択肢として出てきています。

まずは気軽にはじめられそうなところから、取り組んでみてはいかがでしょうか?当ブログではどなたでもはじめられる副業から、本格的に取り組んで独立も可能なものまで、お役立ち情報も含め多数ご紹介しております。

 






\ SNSでシェアしよう! /

Sideline Lab.|副業で自由な人生を謳歌するWEBマガジンの注目記事を受け取ろう

1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Sideline Lab.|副業で自由な人生を謳歌するWEBマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 1.1

    何それすごい!お休み大好きドイツ人の労働環境が日本と比べて違いすぎる!

  • 1

    ポイントより現金!月5万稼げるアプリ!トラブル対処も!

  • 1

    ネットショップ 固定費&販売手数料 徹底比較!!2016年版

  • people-friends-relaxing-chilling-large

    大学生必見!おすすめの楽に働ける長期・短期バイト

  • 0

    <2016年>事業におすすめのネットバンク比較まとめ7選

  • apple-iphone-books-desk

    無料で使える!おしゃれで商用利用可能な写真フリー素材サイト23選