加熱する企業のサービス

日本にはファミリーレストランのロイヤルホストやマクドナルドなど、24時間営業の飲食店やサービスをしている企業も多くとても便利です。
牛丼屋などの飲食店だけでなく24時間営業のコンビニなどは日本では当たり前ですし、スーパーやフィットネスクラブやドラッグストアや24時間営業のレンタカーや書店もあります。
それと通販サイトなどで商品を注文すると、翌日には注文した商品が到着するサービスを行っている企業もあります。
そこで今回は加熱する企業の、サービスについて詳しく検証してみます。

24時間営業を止める飲食店や企業の事情

日本に住んでいると歩いていける距離に24時間営業のコンビニがあったり、駅前に24時間営業のドラッグストアがあったりととにかく便利です。
しかし私たち消費者にとっては便利な企業の24時間営業サービスですが、ロイヤルホストは2017年1月から24時間営業サービスを止めるなど飲食店でこの便利なサービスを見直す動きが見られます。
マクドナルドや1店舗に従業員を1人しか置かないワンオペレーションが原因で、アルバイトが集まらないことが表面化したすき家なども24時間営業からの撤退を決めました。

加熱する配送サービス

Amzonや楽天市場やYahoo!ショッピングで商品を注文すると、3社とも翌日配送サービスを行っています。
Amazonの当日お急ぎ便などは注文した時間帯によってはその日の中に商品を届けてくれるサービスもあり、Amazonでは注文から配送までドローンで30分というサービスまで始めています。
楽天やYahooの場合はAmazonのように全国に、自社の倉庫やフルフィルメントセンターを持っていないので、Amazonのような配送サービスは今のところは難しいようです。

まとめ

24時間営業サービスを行っている企業が営業時間の短縮などの動きが見られる一方で、Amzonなどの通販サイトでは配送サービスが加熱しています。
Yahoo!ショッピングでも実験的に「すぐつく」を開始し、500円の手数料を支払うことで注文した商品を2時間以内に届けてくれます。
配送地域も限定されていますが、Yahooでは徐々に配送地域を拡大する予定です。
24時間営業サービスもあれば便利ですが、企業も従業員も大変です。
配送サービスも消費者にとっては便利ですが、あまり加熱すると現場で働く人に負担が掛からないか心配です。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【ブラックリストとは何か】

ブラックリストとは何か

24時間営業をやめる、企業や飲食店の本音
http://toyokeizai.net/articles/-/147155?page=2

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です