3Dプリンターが秘める可能性と危険性

2014年5月に3Dプリンターで拳銃を作った大学職員の男が逮捕され、その男性は職を失った上に前科や前歴がないにも関わらず懲役2年の判決が下されました。
本物の実弾は製造してない上に科捜研が実弾を使って発射実験をしたところ、銃身に亀裂が入ったり銃身が折れたりしたそうです。
確かに日本には銃刀法違反という法律がありますが、拳銃マニアが簡易に3Dプリンターで拳銃を作ると重い量刑が待っているという見せしめの一面もあるのかもしれません。
そこで今回は3Dプリンターが秘める可能性と、危険性について詳しく検証してみます。

世界初!バイオ3Dプリンターで人間の神経を再生

京都大学の研究グループがバイオ3Dプリンターと呼ばれる人間や動物の細胞を立体的に作る3Dプリンターを使い、事故などで欠損した神経を再生することに成功したと2017年2月23日に発表し、論文はアメリカの科学誌「プロスワン」にも掲載されました。
この技術は世界初の快挙でこれまでは事故などで神経細胞が欠損した場合は、他の神経を移植する手術が行われますが、今度は移植した部分の神経を欠損してしまう可能性があります。
またシリコン製のチューブを使って欠損した神経をつなぐ方法もありますが、前の状態まで欠損した神経が回復するのは難しいと言われています。

3Dプリンターが秘める危険性

日本では3Dプリンターで拳銃を作ることは法律で厳しく禁じられていますが、法律で禁じられているのは何も拳銃だけでなありません。
例えば1万円札などの紙幣や特殊解錠用具も、3Dプリンターで作っただけで罪に問われます。
特殊解錠用具とは鍵を使わずに他人の部屋のドアを開けたり、金庫を開けるピッキング行為に使われる用具のことです。
拳銃も実際には実弾を発射するにはバレルやバネなどの金属の部品が必要ですが、今回の判決で分かるように3Dプリンターで出力した時点で捕まります。
1万円札などの紙幣も3Dプリンターで出力すれば通貨偽造の罪で違法行為と見なされます。

まとめ

京都大学の研究グループが3Dプリンターで作った、長さが約8ミリで外径が約3ミリの神経導管を神経が欠損したマウスに移植したところ、正常なマウスのように歩き始めたと言います。
研究グループでは実用化に向けて2019年度から臨床試験を行うとしていますが、年間に5000人から1万人が事故や労災で神経を欠損している日本では早い実用化が待たれます。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【節約「タバコを止める」】

節約「タバコを止める」

3Dプリンターで神経再生=細胞チューブ作製―京大など
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000095-jij-sctch

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です