格安海外旅行の注意する点

格安旅行会社「てるみくらぶ」が破産し負債額も約151億円と、旅行会社の倒産としてはリーマン・ショック以降では最大規模です。
てるみくらぶに入金した方は約9万人とみられ旅行代金は総額で約99億円ですが、てるみくらぶが加盟していた日本旅行業協会の弁済業務保証金制度の限度額は約1億2千万円なので、被害者に返金されるのはわずか1%程度になる可能性が高いことが判明しました。
そこで今回は格安で海外旅行に行く場合の、注意する点について詳しく検証してみます。

なぜ格安航空チケットや格安ツアーが可能なのか

なぜ「てるみくらぶ」のような旅行会社では格安ツアーが可能なのか、不思議に思われる方も多いかもしれません。
実は飛行機のチケットに関しては、余剰座席を航空会社から安く買い取っているのです。
ただ今回の「てるみくらぶ」の倒産の要因にもなっていますが、近年では航空機の小型化が進み余剰座席が減少しているのです。
さらに余剰座席があっても旅行会社には回さず、航空会社が自社のホームページなどで販売することが多くなっています。

格安海外旅行の信じられないカラクリ

格安で海外旅行をする場合の注意点ですが実は海外の格安ツアーでは、免税店やショッピングに連れて行かれることが多いのです。
観光客を免税店やショッピングに連れて行くと、買い物をした金額に応じてお店側からバックマージンが支払われるカラクリになっています。
さらに格安ツアーのオプショナルツアーは料金も高く、ツアー料金は安くてもあらゆるものが高く設定されているのです。
そのためレストランの食事などで頼むアルコール類も割高で、ディナーショーをオプションで見ると普通の料金よりも高いのです。

まとめ

今回の「てるみくらぶ」の倒産で被害に遭われた方はたくさんいますが、もし格安で海外旅行を検討しているのであれば旅行会社を慎重に選ぶべきです。
あまり安い海外ツアー旅行の場合は現地のガイドがいろいろとショッピングなど勧めてきますが、できれば自分でガイドブックなどで調べて買い物をしたりした方が良いでしょう。
ただ女性一人で夜歩いたり、危険な場所へは絶対に足を踏み入れないことです。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【社長になるにはどうすればいいのか?】

社長になるにはどうすればいいのか?

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です