大流行!メルカリの転売で稼ぐ方法~出品者として稼ぐコツ~

副業している人だけでなく、普通に生活している人ですらほとんどの人が使ったことがあるのではないかと思えるくらい急速に広がっているメルカリ。今まで不用品の販売と言えばヤフオクが優勢でしたが、少し取っ掛かりにくかったのも事実。それがメルカリでは、スマホ1つで簡単に出品できてしまうということで、中高生にまで人気になっています。

副業とは言わなくても、お金をかけて処分するくらいなら、お小遣い代わりやちょっとした生活の足しにしている人も多いのではないでしょうか。そして、せっかく出品するのであれば、もっと効率的に稼げるといいですよね。

そこでこの記事では、メルカリを使って稼ぐために必要なことをまとめてお伝えします。

 

そもそもメルカリとは?

1

メルカリは、一般的には個人と個人が商品の売買をするCtoCサービスと言われます。通常、商品を売るのは“企業”であり、商品を買うのが“消費者”ですが、このCtoCサービスでは、消費者が販売者にもなりえるのです。難しく言いましたが、イベントでよく行われているフリーマーケットのアプリ版と思っていただければ大丈夫です。

スマホの普及とともに利用者が拡大していて、ヤフオクが男性・30~40代がメインの利用者層とすると、メルカリをはじめとしたフリマアプリは女性・10代~30代がメインの利用者層になっています。中高生のようなかなり若い人たちも、メルカリに出品しているのは特徴的です。

また、オークションと違って、価格がどんどん上がっていくのではなく、値切り交渉が盛んに行われているのもメルカリならではと言えます。ときおり、無茶苦茶に値切ってくる人もおり、出品者もそれを見越して通常より高値で出品している傾向があります。

そしてメルカリの手数料ですが、基本的には売れた金額の10%です。時々キャンペーンをやっていて、1万円以上の販売で出品手数料が下ることもあります。販売額の10%ですと一見、高いように感じますが、お金のやり取りはメルカリ運営が間に入ってやってくれるので、出品者と購入者、お互いに安心して取引できるというメリットがあります。安心と販売のための広告費に10%分払っていると思えば、安いものだと思います。

 

メルカリで転売はできるのか?

2
そんなメルカリですが、メルカリを使って転売はできるのでしょうか。メルカリでは、メルカリで買ったものを送料と手数料を加えた金額以上の価格で販売、つまり利益目的の転売は禁止されています。ですが、これは“メルカリで購入したもの”に限られるので、たとえば家電量販店のセールで購入したものやヤフオク・Amazonで安く購入できたものをメルカリ上で、それ以上の価格で販売することは禁止されていません。ですので、その点は安心して大丈夫です。

そして、メルカリは利用者が多く、出品してから売れるまでのスピードも圧倒的に早いので、販路としても有力です。また、いい意味で相場を無視した値付けをされている商品も多くあるので、販売先としてだけでなく、仕入先としても十分に活用することができます。

 

メルカリで稼ぐためのコツ

1.商品写真には全力を注ぐ
3

特に1枚目の写真です。メルカリを見ていただくとわかるのですが、まず文字よりも写真が目に入ってきます。出品するときの1枚目の画像が商品のメイン写真として、カテゴリページや検索ページに表示されます。

そして、購入者さんが商品を見つけるときは検索してみつけることもありますが、画像で判断することも多くあります。気になる画像があれば、商品名はあまり読まずにタップして、商品詳細ページをみてくれます。

毎秒単位で商品が出品され続けているメルカリですから、商品ページに訪問してもらうことが販売のための第一ステップです。その可能性を高めるためにも、商品写真はこだわって撮影しましょう。

出品している商品の詳細情報によって、同様の商品の関連商品として表示もされやすくなるので、やはり、写真を丁寧に撮っておけば、それだけ閲覧数を増やすことができます。

そして、1枚目の写真で、ユーザーの興味をひいたら、残る3枚(メルカリには、1商品につき、4枚の写真をアップロードすることができます)で商品の詳細を伝えます。表だけでなく裏、横、大きさの比較ができるものはもちろん、どこか汚れやキズがあるのなら、正直に「ここです」とわかるようにしましょう。

売りたい気持ちをもちろん大切ですが、何かごまかすことはおすすめしません。そのときたまたま商品を購入してくれたとしても、評価のときにそのことを書かれてしまいます。そうなると、今後、他のユーザーが商品を購入しようとレビューをみたときに「こんなことをする出品者なんだ」と思われて、嫌煙されてしまいます。

また、きれいにみせようと商品画像を加工することをおすすめしている人もいますが、実物以上によく見せることは、個人的にはおすすめしません。相手の期待値を上げすぎると、実物が届いたときに落胆してしまい、評価にまで響いてきます。長くビジネスとしてやっていくのであれば、一時的な売上ではなく、どうするのが最適なのかを考えながら進めていきたいですね。

2.続きを見たくなる商品タイトルにする
4

写真の次に大切なのが、商品タイトルです。メルカリの出品画面では、40文字まで入力できるのですが、商品一覧画面で表示されるのは13文字までです。

【送料無料】【美品】【未使用】【SALE】のような、見たら詳しく知りたくなるようなキーワードは始めの方に持ってくるようにしましょう。商品名については、画像である程度予測してもらえるので、それプラスどんなメリットがあるのかを伝えるといいです。

また、検索でひっかかりやすくするように、その40文字の中に、ブランド名・サイズ・シーズン・型番などは入力しておきましょう。ここは、難しければ最初の13文字以内のところに収めなくても大丈夫です。


3.商品説明では、ユーザーが知りたいことを詳しく書く

5

メルカリで商品を購入するユーザーは、その商品が「どんなものであるか」というのはだいたいわかっています。商品の詳細やスペック、機能などはもちろん書いた方がいいですが、それよりも重視されるのが「商品の状態」です。

メルカリで買うということは、消費者から買うということなので、商品そのものよりも状態が気になります。本当に使えるのか?きれいなのか?許容できるだけのキズなのか?
こういった不安が購入を検討している人にはありますので、そこを解消してあげるように、商品状態については写真とともに丁寧に伝えるようにしましょう。

あらかじめ伝えておくことで、販売後の購入者とのトラブルも避けることができます。

4.販売価格は必ず相場をチェックしてから。
6

写真も撮った。商品タイトルも大事なところは押えた。商品説明でも詳しく書いた。となったら、最後は、価格設定です。できるだけ高値で売りたいですよね。ですが、ここで大切なのは「相場」です。

あなたがある商品を8000円で売れると思っても、ユーザーが5000円としか思わなかったら、売れることはありません。そして、Amazonでいくらだから、とか、ヤフオクでいくらだから、というのはあまりあてにしないほうがいいです。それよりも、メルカリで同じような商品(商品名だけでなく、状態も)がどれくらいの価格で実際に“売れた”のかを確認しましょう。

“出品されているか”ではなく、“売れた”かです。ここで売れている価格で、いわゆる「メルカリでの価値」となります。迷ったら、まずは、その価格帯で出品するようにしてみましょう。

 

まとめ

7
メルカリの市場はこれからますます拡大していくと思われます。その流れに乗るためには早い段階からメルカリでの取引に慣れ、コツをつかんでおきましょう。どんどん利用者が増えていくなかで、いい評価の数が多いと購入を検討している方も選んでくれるようになります。

そうすれば、相場よりもちょっと高い値段でも売れるようになって、よりメルカリを販路として使いやすくなるでしょう。この記事があなたのメルカリ転売での収益増大に役立てば嬉しいです。

こちらの記事も参考にしてみてください!

PC1台で自由に生活する男の15の法則が常識外れ過ぎる!

PC1台で自由に生活する男の15の法則が常識外れ過ぎる!

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です