1. TOP
  2. ネットショップ 固定費&販売手数料 徹底比較!!2016年版

ネットショップ 固定費&販売手数料 徹底比較!!2016年版

1

ネットで商品を販売したいけど、どこのショップで販売するのが良いのかわからない。
大手ショップで展開したいけど、有名な分だけ固定費や手数料が高い気がするし、、、。
「結局迷ってしまって、1歩が踏み出せない。」そんな声も良く聞きます。
そこで、今回は、数あるネットショップから利用者が多いショップをピックアップして、固定費と販売手数料について、比較してみました。この記事を読んで、自分に合ったネットショップを見つけましょう!

 

固定費+販売手数料について

2

ネットショップを比較する上で欠かせないのは、「固定費」「販売手数料」です。

固定費とは、、、
売り上げに関係無く、ネットショップを運営する上で発生する費用です。
例えば、「月額利用料」「システム利用料」「クレジット契約料」などです。

販売手数料とは、、、
そのショップで商品が売れた際に発生する手数料の事です。
「売上の○%の手数料」「クレジット決済手数料」「ポイント」などです。

 

Amazon

3

http://www.amazon.co.jp/

言わずと知れた、世界最大級の通販サイトです
Amazonで販売する場合は、小口出品と大口出品があります。
本格的に販売行為を行っていく場合は、出品のしやすさなどからも、大口出品にすることをオススメします。
単純に月に50品以上販売する場合は、大口出品にするべきでしょう。

<固定費>
小口出品…無料
大口出品…4,900円/月

<販売手数料>
小口出品…販売手数料 8~20% (商品カテゴリーによる) +基本成約料100円/件
大口出品…販売手数料 8~20% (商品カテゴリーによる)

 

Yahoo!ショッピング

4

http://shopping.yahoo.co.jp/

Yahoo!ショッピングは、2013年の完全無料化を機に出店数が激増しました。
出店方法は、ライト出店とプロフェッショナル出店の2つの出店方法があります。
ライト出店は、ネットショップ初心者向けです。
プロフェッショナル出店は、本格的に販売モールを展開したい方向けです。
どちらも固定費が無料という点が共通していますので、「とりあえず出店してみたい」という場合に、選ばれてみると良いかもしれません。
※ただし、出店審査があります。
また、csv出品も出来る事から、Yahoo!オークションに出品している商品を、Yahoo!ショッピングにも販売するケースなども増えています。

<固定費>
無料

<販売手数料>
3.5%~(内訳:Tポイント原資負担 2.5~、アフィリエイトパートナー報酬原資 1%~)

 

Yahoo!オークション

5

http://auctions.yahoo.co.jp/

オークションサイトの代表格。圧倒的なユーザー数がいるモールです。
こちらも、Yahoo!ショッピング同様、2013年の完全無料化を機に入札する際の会員登録不要化や出品手数料の無料化などで、親しみ易くなりました。

<固定費>
Yahoo!プレミアム会員費 498円/月々
※2016年3月1日より適用

<販売手数料>
8.64%
※送料が落札者負担の場合など、一部の場合は%ではなく、54円/件

 

楽天市場

6

http://www.rakuten.co.jp/

楽天株式会社が運営するショッピングモールです。圧倒的な集客力で、日本人に根強い人気を誇っています。年末のセールなども注目度が高く、これから参入しようと考える方も、まだまだ勝算はあります。
また、店舗構築の為のサポート体制も充実しているので、商材力があれば、初月から大きな売上も十分に期待できる。

<固定費>
出店料 19,500~100,000円
※出店料は、プランによって異なります。
カード決済手数料 3000円

<販売手数料>
システム利用料 2~7%
楽天スーパーポイント 1%
安全性向上手数料 0.1%
楽天マルチ決済サービス 2.65%~

※上記の手数料以外に、一律6万円の初期費用が必要となります。

詳しくは、以下のページをご覧ください。
楽天 プラン 費用

 

BASE

7

https://thebase.in/

手軽に自分だけのネットショップを持ちたい人向けです。テンプレートなども用意されているので、ネットに詳しくない人でも「パッと見、しっかりしたショップ」という印象を与えられるサイトが構築できます。
その手軽さや手数料の低さから、サービス開始から既に20万人以上の会員が集まっています。ただし、SEO対策に弱く、ほとんど検索からのヒット見込めないのも事実です。

<固定費>
無料

<販売手数料>
決済手数料 3.6%+40円

※売上金の引き出しに手数料がかかります。
・振込金額が2万円未満の場合:750円
・振込金額が2万円以上の場合:250円

 

メルカリ

8

https://www.mercari.com/jp/

1分当たり、約3500品もの出品数の記録もあるフリマアプリの代表格。
2015年では1000万ダウンロードを達成。
主に主婦や女子高生の間で、スマホ1つで手軽に始められることから、一気に普及しました。売り手としても、ターゲット層に合った商材を販売する事で、売上を伸ばしているケースも多いです。
また、販売方法も即決に限られているため、すぐに商品が欲しい人には、向いています。
また、ヤフオクと併用して利用するユーザーが多いように思います。

<固定費>
無料

<販売手数料>
決済手数料 10%

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ネットショップを開業するにあたって、押えておきたい固定費と手数料についてご紹介させて頂きました。
それぞれのショップにかかる費用を把握することで、どのモールから展開を進めるべきかなどの参考にして頂けると幸いです。
また、出店する際は、上記の特性以外にも、扱う商品の特徴やターゲット、販売戦略を検討してショップ選びを行いましょう。

 






\ SNSでシェアしよう! /

Sideline Lab.|副業で自由な人生を謳歌するWEBマガジンの注目記事を受け取ろう

1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Sideline Lab.|副業で自由な人生を謳歌するWEBマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 0

    <2016年>事業におすすめのネットバンク比較まとめ7選

  • building-joy-planning-plans

    月に10万円稼げる!主婦・学生におすすめの在宅ワーク 10選+1

  • 1

    【女性向け】携帯でできる高収入な副業。チャットレディ以外もご紹介。

  • 1

    【2016年版】ふるさと納税が圧倒的にお得な理由と具体的手続き方法まとめ

  • 誰でも今日から始められる!ネットビジネス副業ランキングTOP5

    誰でも今日から始められる!ネットビジネス副業ランキングTOP5

  • 1

    断捨離まとめ。種類やコツをつかんでスッキリしよう!