1. TOP
  2. 【最新版】ネットショップ開業で成功させるために、始める前に知っておきたい3つのポイント

【最新版】ネットショップ開業で成功させるために、始める前に知っておきたい3つのポイント

0

かつては、ネットショップを始めようと思ったら初期費用に数百万円かかるような自社ネットショップをつくるか、毎月数十万円の出店料を払うモール型のものしかありませんでした。

それが最近、無料でも開始できるような手軽なネットショップサービスが多くリリースされてきました。

それは、BASEやSTORES.jpですが、ヤフーショッピングの無料化も大きな話題になりましたね。これからもますます増えていきそうな気配です。

 

とはいえ、手軽にはじめられるようになったからといって、売上も手軽に上がるようになったわけではありません。多くの人がネットショップをオープンさせる中、

「はじめたものの、全然アクセスが集まらない」
「高い金額を払って広告を出したけど、売上につながらない。」
「やっぱり独自ドメインを使いたい」
「もっと取扱い商品数を増やしていかないといけない。」

そんな悩みを聞く機会も増えてきました。

そこで今日は、ネットショップを開始しようと思っている人、開始まだ間もない人が、売上をあげて成功するために今からでも知っておきたいことを3つのポイントに分けてお伝えします。

 

ネットショップはどういう形で出店するか

apple-camera-desk-office-large

やはり最初が肝心。ネットショップを成功させるためには、どういう形式でショップをオープンさせるのかが大切です。

大きく分けると、下記の4つとなります。

 

1. 楽天やYahoo!などのモールに出店する。
2. サーバーと独自ドメインで自分で作る。
3. BASEやSTORES.jpなどの無料サービスを使ってオープンする。
4. カラーミーやショップサーブなどの有料サービスを使ってオープンする。

 

ただ、レンタルサーバー、ショッピングカート、決済関係の契約を面倒に思うのなら、
間違いなく2の「自分で作る」は選択すべきではないでしょう。

サーバーとドメインも毎月の管理費がかかりますし、メンテナンスも必要です。サーバーは月1,000円程度、ドメインも年間数百円とそこまでの金額ではないのですが、とはいえ、手間もかかりながら、お金もそこそこの金額になってしまいます。

また、決済手数料は、売れた分に関して掛かるので良いのですが、ショッピングカートは月額使用料が基本です。売れても売れなくてもかかります。

高性能のモノだと月で数千円以上はしますのでこれは、かなりの金額になります。つまり、自分でショップを作る場合、サイト構築の勉強もしつつ、販売する商品を仕入れたり、登録したり、お客様の対応をしたり、と多くの業務が発生し、人を今すぐ雇えるほどの予算がなければ、現実的な線じゃないですよね。

手間が増えすぎて時間が足らず、下手するとオープンする事が目的になる可能性もあります。本当なら、ネットショップを使って、売上をあげることが目的なのです。手段と目的が混同してしまいます。

 

また、自分でサイトを作りたいという人の多くが、「独自ドメインを使いたい」「いろいろな機能をつけたい」とおっしゃるのですが、

カラーミーはもちろん、BASEやSTORE.jpでも独自ドメインを使用してショップを作ることができます。いろいろな機能もあった方がそれはもちろん便利ですが、はじめは基本的な機能で十分です。ですので、そういう面を考えても自分で作るという選択肢はなくしていいでしょう。

続いて、ネットショップをオープンさせるにあたって、気になるのが毎月のランニングコスト。ここにこだわるならば、ヤフーショッピングかBASEがおすすめです。

独自ドメインにこだわるのであれば、カラーミーショップがいいですね。
カラーミーは料金も非常に安く、その割に色々なところを触ることができます。

またこれからネットショップをやろうと考えている多くの人は、今すぐ仕事を辞めて、ネットショップ一本でやっていくというよりは、まずは副業からだと覆います。そのため、管理コストや作業の楽さから言っても、BASEやカラーミー、ヤフーショッピングがおすすめです。

 

何を売るのか

vintage-music-business-shop-large

何を売るのか。つまり、何を仕入れるのか、何を作るのか。

結論から先にお伝えすると、
『コンセプトがはっきりしている雑貨』
です。

アパレルははじめは避けることをおすすめします。
というのも、アパレルはまず商品撮影が大変です。

平置きで撮るサムネイルは
ユーザーにとって最適な表示方法ではないので、
トルソーに着せたり、モデルを起用したりします。

コスト面から言ってモデルは無いと思いますが、
トルソーで撮るのも結構大変です。

サイズを測る部分も多く、
人が着るものですからサイズの合う合わないもあります。

 

また、商品詳細に説明を書きにくいというのもネックです。

そして、一番の問題点は、
手間がかかる割に消費者の感覚に受注のすべて委ねられ、商品寿命が短い事です。

どれだけ多くの商品情報を掲載したとしても、それがお客さんに求められるかが問題です。衣服は特に人に見られ、印象を作り出すものなので、面白いでしょ!のようなノリでは買えません。

さらに、シーズンがおわると、型落ちとして、すべて在庫になり、値下げをしても売れにくい状況になります。他のお店でも大々的にセールをしているからですね。

在庫になった服を来年の同じ季節まで寝かしておくリスクは、はじめのうちは撮るべきではなく、「委託販売」でない限りアパレルはどんなに好きでも検討から除外すべきです。

 

では、服飾雑貨ならどうでしょうか。
靴や鞄です。

これも同じように、時期やブームという要素はあるのですが、『定番が存在し、機能面を重視するユーザー』も同時に存在します。

靴で一番解り易いのは、「フラットシューズ(バレエシューズ)」ですね。
一時期ものすごいブームがありましたが、現時点でも定番として根強い人気です。
コンバースのスニーカーも毎シーズン、新作が出ていますが、長く愛されている商品もありますよね。

ですので、まずは定番で日常使いしやすい商品を集めるのがいいです。
自分のセンスゴリ押しなのは、2割程に留めた方が良です。

 

そういうわけで、最後におすすめするのは、
「コンセプトがはっきりしている雑貨」

これはブームがどうとかではなく、「消費者が共感するかどうかの商品」です。

また、コンセプトがはっきりしているので、コメントや見せ方、プロモーションにいたるまでやりやすく、自分が本当に感動したものであれば、無理をしなくとも、商品ページに情報を載せることができます。また、担当者の熱意もお客さんには伝わります。

結果として、共感をよび、商品数が少なくても売れたり、口コミで広がったりする可能性が高いのです。コンセプトがはっきりとしたものを捕まえて、製造から販売までをしっかりとストーリーを紡ぎ合わせてプロモーションをする。

このときに大切なのは、商品にストーリーが持たせられるかです。
たとえば、コダワリを持った醤油や変わった素材を使った鞄や靴、先進的な技術を用いたスマートガジェットなどです。

 

SEOだけでは不十分

pexels-photo-large

ただ、すぐにお客さんに新しく作ったショップを見つけてもらうのには時間がかかるので、当分の間は売れないことを覚悟して、続けていきましょう。

今は、プロモーションとしてブログを書いたり、ただ商品を登録するだけでは売上につながりません。ブログを土台に、ショップ全体にストーリーをもたせます。
ブログで商品の素晴らしさや由来、こだわり、購入者の喜びの声などを掲載しましょう。

改めて、ここで役割を確認しておきましょう。

 

【ネットショップ】

既にお客さんが共感を持った商品を購入する場所。なので、このページで必死になって商品説明はしない方が良いです。

【ブログ】

ネットショップに並べている商品の共感を作る為の場所。お客さんが購入する導線のメインとなる部分で、ここにこそ労力を割くべきです。

【SNS】

ブログへ誘導し、ファンとのコミュニケーションを取る場所。ブログでは伝えられない「その瞬間の感動」を伝えるツールです。

ブログの更新情報を流すことにも使えます。

 

というわけで、長くなりましたので、まとめます。

 

まとめ

ネットショップを持つだけでは成功しない。
ブログやSNSなど、その商品にたどり着く道を複数用意しましょう。

合わせて、3つのポイントは、

1.小規模でコストが掛からないBASEなどを利用して出店する
2.商品は少なくてもストーリーが持たせられるコンセプト商材のみを取り扱う
3.ネットショップのSEOだけでは不十分。ブログやSNSで共感を作ることが大切。

ネットショップオープンで使うサービスの詳細の比較はこちらの記事でお伝えしていますので、合わせてご確認いただくと、よりはじめの一歩が明確なります。

 






\ SNSでシェアしよう! /

Sideline Lab.|副業で自由な人生を謳歌するWEBマガジンの注目記事を受け取ろう

0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Sideline Lab.|副業で自由な人生を謳歌するWEBマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • %e9%80%95%ef%bd%bb%e8%9c%92%e3%83%bb1

    内職よりずっと高収入!5万円以上稼げるクラウドソーシングで在宅ワークをはじめよう!

  • iw2FJ63rWOktLA11470754018

    スマホで撮った写真をフリマ感覚で売れる「Snapmart」で小遣い稼ぎ!

  • 0

    【要確認】赤字注意!オークションにおすすめな発送方法まとめ

  • food-japanese-food-photography-sushi-large

    これで回らないお寿司も行ける!会社にばれない方法と稼げる副業34選

  • 0

    Youtubeで顔出しなしで稼ぐには?競合と差をつけるポイント2つ

  • 1

    【文章スキルアップ】しっかりと相手に伝わる文章表現の技術