1. TOP
  2. 興味あるけど、よくわからないネットビジネスの種類7つと稼ぐコツ

興味あるけど、よくわからないネットビジネスの種類7つと稼ぐコツ

2016/07/17 TREND
この記事は約 10 分で読めます。
pexels-photo-65977

 

ここ最近テレビや雑誌 etc. たくさんのメディアで取り上げられることが増えてきた言葉の一つが、この『ネットビジネス』というワードです。ですが、そのイメージは人それぞれ。

「秒速で○○億」「クビでも年収○○億」なんてバブリーなものから「自宅でかんたん」「在宅でラクラク副収入」のような簡単さをうたったものも。さらには「詐欺ばっかり」「全然稼げなかった…」などネガティブなものまで。

そこで今回は、代表的なネットビジネスの種類とそれぞれの方法で着実に稼ぐためのコツ、さらには当サイトがおすすめする初心者が最初に始めるべきネットビジネスまでまとめてご紹介します。

 

ネットビジネスの種類と上手に稼ぐコツ

アフィリエイト

woman-typing-writing-windows

自身のブログやその他所有するWEB上のコンテンツ、発行しているメールマガジンなどに企業等から提供されている商品サイト・サービス提供サイトへのリンクを貼付します。

閲覧者・読者がそのリンクを経由して商品やサービスを購入したり遷移先で会員登録などを行うと、該当リンクの提供元から報酬が支払われるという仕組みになっています。

この手法で実際に数千万単位の報酬を得ているサイト運営者やブロガーもおり、この仕組み一つで不労所得を得ている人も大勢いるくらいメジャーなネットビジネスです。

 

《稼ぐコツ》
あなたが紹介するリンク先の契約内容や商品に対していかに理解し詳しくなっているかがポイントです。その商品に詳しい人からしっかりと説明を受けた方が購入に至る確率は高くなります。

そして『読者に有益な、役立つ、見たいと思ってもらえる』サイトを作ることを心がけましょう。バナー広告や商品マージンで『儲ける』ことを意識するのは二の次にしましょう。

まずはしっかりと知識を蓄え商品に対する自信を付ける、その上で紹介用のサイトを通して読者にその情報を提供する、そして契約や購入を促す場面では迷いなくオススメするだけの熱意を持つことが重要になります。

 

コンテンツビジネス

pexels-photo

コンテンツ = あなたが提供する価値のこと。特にインターネットビジネスにおいては無形の価値を指すことが大半です。

自身の経験やノウハウを体系化し、それを顧客に教え伝えることで報酬を得るビジネスの総称です。

インターネット上でオンラインコンテンツとして販売したり、そのノウハウを元にオンライン・オフラインでのセミナー開催、コンサルティングとして提供する etc. その提供方法はさまざまです。

 

《稼ぐコツ》
私の経験なんて…と思っている方、そんなことはありません。ネットで稼ぐために年齢や性別、学歴は一切関係ないのです。はじめは自身の経験や知っていることをブログで外に提供することから始めてみましょう。

そうすることでその情報に興味を持った読者からリアクションを得られ、自分の知識が必要とされていることが実感できるでしょう。また、もしかすると多くの方に有益なブログに育って思わぬ広告収入を得られるかもしれません。

敷居を高く考える必要はありません。興味本位で月数万円を稼ぐことからスタートしてみましょう。

 

インフォプレナー

pexels-photo-90333

前述のコンテンツビジネスでの説明と重なる部分が非常に多いですが、自分自身、または自社独自の成功に至ったノウハウや有益なビジネスツールをe-bookやCD・DVD・デジタルコンテンツ化して顧客へ販売する個人事業主や企業経営者のことを指します。

コンテンツビジネス部で解説した”インターネット上でオンラインコンテンツとして販売したり”を行うこととほぼ同義と考えていいでしょう。

 

《稼ぐコツ》
前述のコンテンツビジネスでも触れたようにまずは自身が持つノウハウや情報を外に提供することから始めましょう。

インフォプレナーは無形の商品を取り扱うため粗利率が90%以上となることは全く珍しくありません。ゆえに月100万、1,000万それ以上の稼ぎを上げる人たちが大勢生まれる職種でもあります。

ただ、まず他者に提供出来る情報を持つことや実績を作ることが先決です。夢は大きく、行動は小さく始めましょう。

 

せどり

designer-typography-table-shop

簡単に言うと有形商品を安く買って高く売る、古くからある商売の基本とも言えるビジネスモデルです。

黎明期ではその対象がブックオフや古書業者から購入した本・CD、DVDでしたが、最近ではその枠を広げ家電やカメラをはじめあらゆるものがせどりの対象となっています。

ネットビジネスにおいてせどりは、オンラインやオフライン上で仕入れを行ったものをインターネット上を販路としてで販売を行うビジネスモデルを指します。Amazon・ヤフオク・メルカリなどを使用して商品を販売するのが最近のせどりでのスタンダードとなっています。

 

《稼ぐコツ》
実際に仕入れを行う前にまずは自宅の不用品を使ってオンライン上での取引の流れを掴みましょう。原価が0円なので赤字になることはありませんし、眠っていたお宝で思わぬお小遣いを得られるコトもあります。

一通り取引の流れを覚えるのにはヤフオクを使っての不用品販売をおすすめします。出品→購入→発送→顧客とのやりとりの流れを単純作業を通して身につけることができます。

 

ドロップシッピング

pexels-photo-76762

製造元や卸元業者と提携し、販売するものが在庫を持たずにオンライン上で商品を販売するビジネスモデルです。このモデルでは商品の発送は提携先の業者が行います。

前述のアフィリエイトと異なるところは、紹介ではなく実際に販売を行っていくという部分と、販売する商品の価格を自由に設定できるという部分です。

ただ以前、受注した商品を業者に発注したところ「在庫切れです」として発送を行わない問題がマスメディアでも取り上げられたこともあるので注意が必要です。

 

《稼ぐコツ》
ドロップシッピングは基本的に自身のオンラインショップを作成して提携先の商品を販売していきます。なのでそれらの商品の販売を拡大するためには、商品の購入を強く希望している見込み客のショップへのアクセスが不可欠になります。

この見込み客のアクセスを集める目的でヤフオク etc.個人で使用できる販売プラトフォームを用いる人も多いです。こういったところでもヤフオクの知識などが重宝されたりもするので、物販系ビジネスモデルはまず不要品のヤフオク販売をおすすめします。

 

輸入ビジネス

pexels-photo-30855

前述のせどりの形態で仕入先を海外に求めたものが輸入ビジネスです。国内で人気の高い・トレンドに乗った海外商品を現地価格で安く仕入れて国内で販売する。その販売差益を得るビジネスモデルになります。

仕入れ国と日本での通貨が異なるため円高・円安の為替相場の変動が差益の額に関わってくることや、仕入れ時に相手国の言語を用いて取引を行わなければいけないこと、さらには海外発送に際しての手続き知識や法律知識が必要になってくることがせどりと大きく異なる部分となってきます。

 

《稼ぐコツ》
せどりでも同様のことが言えますがこうした差益を得るビジネスモデルは商品リサーチの質がとても重要です。また、関税や仕入れにかかる送料などせどりと違い思わぬところで差益が減少することも少なくありません。

海外や海外製品に明るい方にアドバンテージがあるビジネスモデルなのは間違いないでしょう。ネットビジネス初心者の方がまずは数万円を稼ぐ手法としてはあまりおすすめはしづらいです。

 

輸出ビジネス

flight-travelling-airplane

前述のせどりの形態で販売先を海外に求めたものが輸出ビジネスです。販売国で人気の高い・トレンドに乗った国内商品を安く仕入れて海外へ販売する。その販売差益を得るビジネスモデルになります。

こちらも日本と仕入れ国での通貨が異なるため円高・円安の為替相場の変動が差益の額に関わってくること、販売の際には相手国の言語を用いて取引を行わなければいけないこと、さらには海外発送に際しての手続き知識や法律知識が必要になってくることは輸出ビジネスと同様です。

 

《稼ぐコツ》
輸入ビジネスと同様の理由から初心者には不向きと思われがちな輸出ビジネスですが、実はそうでもありません。

近年国内での輸出を支援するサービスやツールの進歩が目覚ましく、言語の壁や海外発送の知識を持たずに国内で販売するような感覚で輸出ビジネスを行うことが可能になっています。

不要品販売で物販の基礎をつかんだ後は、せどりももちろん良いですが、国内の何十奪いもの市場が存在する海外を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

ネットビジネスはネットワークビジネスとは違うの?

pexels-photo-70292

少し話が逸れますが『ネットビジネス』というワードが多種のメディアで報じられればられるほど多く上がってくるのがこの疑問です。名前が似ているので混同されている方がとても多いのですがこの2つは全くの別物です。

 

ネットワークビジネスはマルチ商法・MLM(マルチ・レベル・マーケティング)などとも呼ばれる、いわばネズミ講に近いビジネスモデルです。

詳細の収益モデルなどはここでは割愛しますが、あなたがやることは口コミを使って顧客を集め商品やサービス・販売権などを販売していく仕事になります。

すると多くの方が身近な家族や友達・同僚などから声をかけていく。その様が宗教活動にも似ていることで訝しがられることの多いビジネスモデルです。
(上記は一般的に広まっているネットワークビジネスに対する悪いイメージの一例です、実際にはネットワークビジネスは合法の販売手法となっています。)

 

対してネットビジネスとはインターネットを利用・活用したビジネスモデルの総称です。物販や広告収入などオフラインで行なわれているそれぞれのビジネスモデルをインターネット上で展開したものがネットビジネスということになります。

なので、上記で紹介したものはすべてこのネットビジネス(インターネットビジネス)の種類になっています。この違い、混同していた方はしっかりと押さえておきましょう。

 

初心者でもかんたん!当サイトおすすめのネットビジネスはコレ!

 

さて、ここまで代表的なネットビジネスを7種類紹介してきましたが、「じゃあ、これから始めるとするとどれを選べばいいの?」という疑問が浮かんでくると思います。

もちろんどれが正解というものはありません。あなたの趣向にあったものを選んで取り組んでいくのが成果が出る早道ではあります。

ただ、少しでも早くかんたんに結果が出るものがやりたいという方へ、当サイトから2016年にオススメのネットビジネスがあります。それは…

 

じつは、輸出ビジネス!

flight-travelling-airplane

前述しましたが、ここ数年で輸出ビジネスを行うためのインフラが急激に整い始めています。加えて言語の壁や国境の壁から「初心者には難しい」という印象が強いため、新しく始める方が極端に少ないのが現状です。

もちろん物販ビジネスなので最初の一歩としては不要品での販売で実際のやりとりの流れを掴むのをお勧めするという点は変わりません。ですが、いざ本格的にネットビジネスで稼ごうと考えた際はこの2016年に急激な追い風が吹いている『輸出ビジネス』を当サイトではオススメしています。

 

まとめ

 

さて、いかがでしたでしょうか。一言で『ネットビジネス』といってもその中にはいろいろな種類の稼ぎ方が存在します。

そしてネットビジネスの業界自体が日々急速に進化している業界なので、数年も経てばその主流がここでご紹介したものとガラッと変わってしまっていることもありえない話ではありません。

ネットビジネスはオフラインのビジネス以上に「スピード」がものを言う業界ですので、これを読まれたあなたは1日でも早くネットビジネスに取り組まれることを強くオススメいたします。

すぐにでも始めたい!でもまず何からすれば…という方は当サイトオススメの輸出ビジネスの全容をさらに詳しく説明したコチラの記事もオススメです。
ぜひご覧になってみてください。






\ SNSでシェアしよう! /

Sideline Lab.|副業で自由な人生を謳歌するWEBマガジンの注目記事を受け取ろう

pexels-photo-65977

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Sideline Lab.|副業で自由な人生を謳歌するWEBマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 1

    断捨離まとめ。種類やコツをつかんでスッキリしよう!

  • iw2FJ63rWOktLA11470754018

    スマホで撮った写真をフリマ感覚で売れる「Snapmart」で小遣い稼ぎ!

  • 【はじめてのSIMフリー】5分でわかる格安スマホ

    【はじめてのSIMフリー】5分でわかる格安スマホ

  • 1

    【女性向け】携帯でできる高収入な副業。チャットレディ以外もご紹介。

  • building-joy-planning-plans

    月に10万円稼げる!主婦・学生におすすめの在宅ワーク 10選+1

  • hands-coffee-smartphone-technology-large

    【スマホで簡単】安全に稼げる内職から本格的な副業を紹介!最新版