リスクを取らずに安定してネットで稼ぐ!おすすめの3つの方法

最近、副業の重要性が高まってきているのは実感されているでしょうか。これまで終身雇用を前提とした諸々の制度・流れがあった中で、一部の企業ではなく国をあげて「働き方改革」が行われています。

 

実は、70%以上の会社員の人が「副業をしたい」と思っていたという調査結果も出るほどでしたから、副業をしたい会社員の人にとってはこの流れはどんどん加速していってほしいと思いますよね。ただ、これで手放しで喜べるかというとそうではありません。国策として「働き方改革」が行われているということは、近い将来、日本では終身雇用・年功序列・定期昇給という制度が破綻するだろうという予想がたちます。

 

今まで一度会社に就職してしまうと、そのまま定年退職するまで働きつづけることが美徳とされ、転職するものなら「あの人は物事を続けられない人だ」「すぐに辞める人だ。」「忍耐力がきっとない人なんだ」と変なレッテルを貼られていました。ですが急に、「副業推進」となっているわけです。つまり、これまで日本企業においては一度社員を受け入れたら、雇用を定年まで継続させることが一種の義務となっていたのですが、そうではなくなってきているわけです。

 

現に、大手製薬メーカーでは副業を推奨するようになって、暗に「会社だけの給料では生活できないよ。ちゃんと自分の力で稼げるようになっていてね」というプレッシャーを与えられています。

 

 

1.アンケートサイトで月1万円でもプラスに

 

これからは上がる可能性が薄い会社の給料をあてにするのではなく、自分の力で稼いでいくことが大切なことはお伝えしました。ですが、最初から何か企業しようというのはハードルが高すぎますよね。

 

そこでまずは気軽に始めることができる在宅ワークを紹介します。それがマクロミルです。リサーチ会社としてはもう老舗とも言える会社です。その会社が運営しているアンケートサイトでは、企業から送られてくるアンケートに答えることでポイントを獲得することができます。

 

そしてそのポイントを換金することによって、現金収入を得られるわけです。アンケートサイトに登録している人は大勢いますし、そのアンケートがあなたに割り振られるのかわからないという点があるので、毎月10万円を稼ぐというのは難しいですが、コツコツと続けて1万円程度であれば十分に稼ぐことができるでしょう。

 

また、アンケートの中には無料で試供品をプレゼントしてくれて、それのレビューをするというものもあります。このときは試供品をタダでゲットできているわけですから、その分が給料という捉え方もできますね。

 

なんとなくネットで稼ぎたい。でも、特別なスキルはない。ネットには怪しい情報がたくさんある。そう思っている人にはマクロミルは他のポイントサイトに比べてもまともで安心ですし、実際に稼いでいる感覚も味わえます。

 

 

2.スマホのフリマアプリを使って不用品をお金にかえる

もうスマホを持っている人の8割はインストールしても過言ではないというくらいに普及しているのがフリマアプリ。メルカリ・フリル・ラクマなどがその代表的なサービスですね。

 

このフリマアプリを活用することで、自宅にいながらお金を稼ぐことができます。特にネットの副業でスキルがない状態からお金を稼ごうと思うと不用品を処分することから始めるのが手っ取り早いです。

 

実際に出品してみたことがある人ならわかると思いますが、値付けさえ間違えなければ本当に1時間~2時間もあれば売れてしまいます。相場より安くしてしまうと出品後3分で売れるというスピード感です。

 

かつて不用品処理というと、処理する側がお金を払って不用品回収業者に取りに来てもらっていたか、リサイクルショップで二束三文で買い取ってもらうか、少しネットに詳しい人であれば自力でヤフオクを使って売りさばくか、しかありませんでした。ですが、ヤフオクは操作が難しく、記入項目も多かったため敬遠されていたのも事実です。

 

ですが、スマホの普及によって商品写真を撮ることは簡単になり、またメルカリなどのフリマアプリではそこまで細かい商品情報を書かなくても売れるような場所になっているので取り組むハードルが低いというメリットがあります。

 

ただ、フリマアプリは年齢層が若く、若干マナーに疎い世界であるため、失礼な人やマナーの悪い人が出てきたりしますが、「そういうものだ」と割り切るようにしましょう。

 

そして不用品を処分して得たお金は1割は自分のご褒美に使ってしまってもいいですが、残りの9割は次のお金を稼ぐための元資金として残しておきましょう。あなたの目的はすぐに食べられるケーキではないはずです。これからさき、安定して5~10万円は利益として振り込まれ、ゆくゆくは独立しても安心して食べていけるくらいの収入を得ることだと思います。

 

そうであれば、ここで得た収益を次の事業のために活用するという感覚で取り組むことがおすすめです。次の事業では、実際にここで得たお金を元手に利益が出そうな商品を仕入れて販売する転売が自然なステップアップでしょう。

 

 

 

3.クラウドソーシングサービスを利用して仕事を見つける

今、企業はちょっとした作業、たとえばWEBページ制作や簡単なアプリ・業務用ツールの作成は他社ではなく、クラウドソーシングサービスを利用している一個人に依頼するようになってきています。

 

日本でクラウドソーシングサービスといえば、ランサーズやクラウドワークスが有名ですが、そこでは毎日のように新しい依頼が登録されては、様々な企業と個人がマッチングされています。

 

このようなサービスで募集されている仕事は、ブログ記事の執筆やアンケートへの回答など経験があればスキル不要で誰でもできるものから、ネットショップの商品登録、画像の切り抜きという簡単な作業から、バナーデザインやホームページデザイン、アプリ制作などの専門的なスキルが求められる仕事まで幅広いです。

 

実際、プログラミングが十分にできるのであればランサーズ・クラウドワークスがクラウドワークス内にある仕事を受けるだけで会社員よりも少ないストレスで、高い収益を確保することができるでしょう。「自分なんて」と思わずに、まずは案件を見てみることをおすすめします。これなら自分でもできるんじゃないか?と思えば、クライアントに提案だけでもしてみるのはおすすめです。

 

想像以上にクライアントは提案文を読んでいます。ただ依頼も読まず、定型文のように提案するのではなく、「どうしてあなたは私を選ぶべきなのか」まで考えて提案することが差別化につながります。

 

私はランサーズを発注者側で使いますが、やはり提案文は見てしまいます。そこで良さそうだと思えば、はじめてメッセージを送って詳細を確認していくので、やはりここでも依頼者の意図を汲み取った提案が求められます。普通の仕事でも同じですね。

 

 

まとめ

 

 

ここで紹介したものはどれも手堅く稼げるものです。ネットですべてが完結してしまうものですので、ご近所への状況を知られてしまうことを嫌がる主婦の方から、同僚との顔を合わせることを気にしてアルバイトができない会社員の方まで幅広く読んでいただきたいです。また他にも自宅で、ネットで稼げる方法というのはありますが、それらについてはまた別の記事で紹介しています。

 

SideLineLabは副業に役立つ情報を集めたメディアです。あなたのほしい情報がきっと見つかるのでぜひ他の記事もご覧になってみてください。

 

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です