脱サラして家業を継ぐという生き方 副業で安定した収入を得よう

お金の稼ぎ方も人さまざまで会社に就職する人もいれば、会社に縛られるのが嫌で独立して開業する人もいます。
なかには親の家業を継ぐために会社を辞めた人も少なからずいますが、脱サラして家業を継ぐ生き方にも明暗があるようです。
そこでサラリーマンが脱サラして家業を継いだ、実際の事例から成功と失敗を検証してみます。

三菱電機グループの商社から家業のデンキ店に転職

片山誠司さんが家業のデンキ店を継いだのは、今から約10年前の32歳の時です。
片山さんは東京電機大学を卒業した後に三菱電機グループの商社に就職し、営業担当として携帯電話の基地局に設置されている空調の販売業務を行っていました。
29歳の時に趣味の自動車を通じて知り合った同じ年の薬剤師の今の奥さんと結婚し、当時は奥さんの方が片山さんより給料も良くいつまでもサラリーマンを続けていても仕方ないんじゃないと言われていたそうです。
それに自分が店を継がなければゆくゆくはお店はなくなってしまし、自分の裁量で自由に仕事ができるのも魅力だったと言います。
両親と50代のベテランの従業員2人の5人体制でやっていて、昨年の年商は約9000万円で今年は1億円を目指している片山さんの年収は、サラリーマン時代よりちょっといいくらいだそうです。

順風満帆のサラリーマンから家業を継ぎ借金生活へ転落

東京で中小企業や零細企業の倒産を防ぐ為のコンサルタント会社を経営する吉田猫次郎さんが、卸売業を営んでいた両親の家業を継いだのは大学を卒業し大企業へ就職した9年後のことです。
吉田さんがサラリーマンの道を選んだ理由は、両親が休みもなく働き続けて仕事をする姿を見ていたのと、自分で両親の会社を経営しても限界があると思ったからです。
吉田さんのサラリーマン時代は順風満帆で数え切れないほどの海外出張を経験し、辞めた時の年収は800万円を超えていて本当は仕事はとてもやりがいがあり面白かったので、できればもうあと10年ぐらいは会社にいたいと思っていたようです。
しかし家業の経営悪化から、会社を辞め両親の家業を継いだのです。
家業を継いだ吉田さんですが会社経営の経験がなかったことから無借金経営から、1年で借金が1000万円から2000万円ずつ増えてい事態になっていたのです。

まとめ

吉田さんはその後は借金を返済し今はのコンサルタント会社「NEKO-KEN」を経営し、自分の経験から中小企業や零細企業の支援をしています。
家業のデンキ店を継いだ片山さんも親が行っていた電気工事のみの受注を断り、工事と商品の販売をセットで行うという方針に切り替えてから経営が安定したと言います。
サラリーマンと経営者では全く異なりサラリーマン時代の仕事は、会社の名刺があったからできていたのです。
家業を継ぐ場合も自分の力を過信せずに、冷静に判断して家業を継ぐかどうかを決断すべきでしょう。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!

【人生のリスクヘッジ】

人生のリスクヘッジ

【PC1台で自由に生活する男の15の法則が常識外れ過ぎる!】

PC1台で自由に生活する男の15の法則が常識外れ過ぎる!

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です