「必要経費」を知って確定申告を正しく理解しよう

収入と所得と必要経費の関係

最近では本業の他に副業をされる方が増えてきました。
またそれに伴って、個人で確定申告をされる方も増えてきているようです。
しかし、この確定申告については誤った認識を持っている方がいらっしゃいます。
と言うのも、「副業による収入が20万円を超えたら確定申告しなければならない」と考えている方が多いのです。
おそらく、この指摘を聞いても「何が間違ってるの?」と思われる方が居るに違いありません。
それくらい、こうした認識は一般に広く浸透しているのです。
では、一体どこが間違っているのかと言うと、副業による「収入」ではなく「所得」が20万円以上になった時に確定申告が必要になるというのが正解なのです。
つまり、収入と所得を間違えて認識している方が多いのです。
あるいは、この2つの違いを認識していないという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで簡単に両者を説明しますと、まず収入とは会社員であれば給与を指し、自営業者であれば売り上げを指すものです。
そして所得とは、この収入から必要経費を除いたものを指すのです。
サラリーマンの給与を例に取ると、サラリーマンにとっての収入は給与のことを指し、年収などと呼ばれたりしています。
一方、サラリーマンにとっての所得はそこから必要経費を差し引いたものとなり、サラリーマンの場合の必要経費は給与所得控除という形で差し引かれることになっています。
給与所得控除は年収300万円のサラ―リーマンであれば108万円となります。

 

副業をしている場合の必要経費

さて、次に副業を行っている場合の必要経費についても触れていきたいと思います。
副業の場合も、収入と所得の関係については基本的には変わりません。
副業によって得た収入から必要経費を差し引いた額が所得になります。
ですので、副業による収入が20万円を超えていても、必要経費を差し引いた後の所得の額が20万円に満たなければ確定申告を行う必要は無いということになります。
そしてそこで重要になってくるのが、副業における必要経費とはどのようなものかということです。
例えば、副業としてアフィリエイトを行っているとします。
そうすると、サイトを作るためにはパソコンが必要になり、さらにはインターネットプロバイダ料金やレンタルサーバー代、その他の通信費、資料・書籍代、
セミナー参加費、交通費などがサイトの運営のために必要なお金として必要経費に計上されることになります。
また、アフィリエイトのケースでさらに言えば、打ち合わせに使った飲食代や自宅の一室を仕事部屋にしている場合の家賃・光熱費も一部経費として計上することが出来ます。
尚、必要経費を計上する場合には後々その証明が可能なように領収書やレシートを保管しておきようにしましょう。
そうしないと、万が一税務署から私道があった場合に不正を疑われることになってしまいます。
以上が副業としてアフィリエイトをしている場合の必要経費との関係です。
ちなみに、所有している不動産を賃すことで副収入を得ている場合には不動産所得という扱いになり、
所得額が20万円以下であっても確定申告が必要となりますのでこの点は注意しておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
確定申告については収入と所得を混同して考えている方がいます。
この2つの違い、そして必要経費との関係について本稿が少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です