お金持ちになるのは本人の才覚か、環境か?それとも……?

あなたお金持ちになるためには、いったい何が必要だと思いますか?例えば親が貧しくて本人にお金儲けの才覚があれば、お金持ちになる人はたくさんいます。またお金儲けの才覚がなくても、本人の努力でプロ野球の選手やアイドルになってお金儲け
する人もたくさんいます。そこで今回はお金持ちになるのは本人の才覚か、それとも環境かについていろいろと検証します

 

赤ちゃん取り違え事件が意味すること


この事件は1953年(昭和28年)に東京の墨田区にある賛育会病院で起きたもので、60年近くも別の家庭で育った男性が
別の新生児と取り違えた賛育会病院に賠償を求め、東京地裁は3800万円の賠償を命じたのです。このニュースを知るまではどんな環境に育っても、人間は才覚さえあればお金儲けになれると思っていました。しかし病院を訴えた男性の戸籍上の父親は男性が2歳の時に亡くなり、男性は6畳一間のアパートで母親に女手一つで育てられました。生活保護を受けるほど貧しくて、定時制の工業高校に通いながら町工場で働き、高校を卒業した後はトラック運転手をしています。一方の男性は親が裕福で子供は全員大学を卒業し、裕福な暮らしをしています。

 

親がお金持ちならば必ずお金持ちになれるのか


この赤ちゃん取り違え事件は、かなりショックなニュースでした。どんなに貧しくて本人に才覚があれば、自分の才覚で誰でもお金持ちになれると信じていたからです。ただ世の中には親がどんなに貧しくても、努力してお金持ちになる人はたくさんいます。ただ育った環境は時には本人の才覚よりも、大きな影響を及ぼすことも事実です。これは親が裕福だと子供に、充分な教育の機会を与えられるからです。

 

まとめ

育った環境が人に大きな影響を及ぼすことは事実でも、貧しい環境で育ったからといってお金持ちにないということはありません。むしろ貧しい環境で育った人のほうが、お金持ちになりたいという思いや動機が強いのです。お金が大切なことも知っていますし、良い意味でお金に対する執着も強いのです。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です