現実的に年金はもらえるのか

少子高齢化社会を迎えている我が国に於いて、福祉や医療の問題は日増しに大変な状況になっています。
特に年金です。毎月払っているには、いずれ戻ってくるからとの思いがあるからこそですが、時間と共に年金支給額は下がる一方。
更には年金機構なる存在が年金を運用して投資をすれば何兆円もの損失を出すなど、もはやこのままでは年金などもらえないのではないかと危惧している人も多いのではないでしょうか。
そこで現実的に年金をもらえるのかを考えてみるとしましょう。

 

もらえるけど少ない。これが現実でしょう


支払っていればもらえるのが年金ですが、残念ながら受給額はこれから低くなっていくのは明白です。
そもそも年金は現役世代が引退世代を支えようという制度です。若い人口が多い状況であれば年金は正常に回るのですが、少子高齢化を迎えている我が国にとっては支えられる高齢者の方が多い状況となってしまっているのです。
年金が高くなる。更にはストックしていた年金も減る。これらの状況を考えれば、もらえる年金の減少と共に、支払うべき年金が高くなるであろうことは誰もが分かるでしょう。

払いたくないけど…
 

まとめ

このような状況から、年金を払うのは「バカみたいだ」と思う人が多いのも事実。
結局支払った所で自分は思うようにもらえないのであれば、年金に頼るよりも貯蓄しておいた方が良いと考えるのは当然ですが、一方では会社員であれば企業厚生年金もあります。

 

問題となっているのは自営業やフリーランスです


会社員の場合、厚生年金にも加入します。これは企業と折半して支払うものです。つまり、実は会社員に関してはそこまで大きな問題ではないのです。
むしろ自営業者やフリーランスの国民年金の方が問題なのです。未納率も高まっていますし、将来的にもらえるのは国民年金のみ。
これが問題となっているのです。

 

まとめ

自営業やフリーランスであれば、もらえる額面以上に何かに備えておかなければ国民年金だけでは生活出来なくなるのは明白です。
一方、会社員であれば企業によっては年金だけではなく、保険まで完備してくれている所もあるなど実は扱いも様々なのです。
それらが面倒であれば会社に所属して働いていた方が無難ではありますが…。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です