もし人生に迷ったらウォルト・ディズニーの名言に学ぶ

今の仕事でいいのかなと迷ったり、自分の生き方に疑問を持つ時は、よく偉人や先人の名言に学べと言います。
もちろん友人や会社の同僚に相談してもいいのですが、偉人や先人の名言には「は!」とするようなヒントや導きがあります。
これは普通の人よりもさまざまな経験や苦労をしている人が多いからで、今回は東京ディズニーランドの生みの親でもあるウォルト・ディズニーの名言に学びましょう。

ディズニー・ワールドの完成を見ないまま65歳で永眠したウォルト・ディズニー

ウォルト・ディズニーは少年の時から動物や自然などの絵を描くのが好きで、10歳の時から絵画教室で本格的に絵を学ぶ始めます。
高校に入学すると夜間の美術学校で絵を学び、19歳の時にアニメーターとして働き始め絵画からアニメへと興味が移っていきます。
そのごスタジオを設立しオリジナルアニメ作品を制作しますが、制作に没頭するあまり資金繰りがつかずスタジオは倒産します。
ウォルト・ディズニーは再起を図ってハリウッドへ移住し、兄とディズニー社を設立しアニメ製作会社として大きく躍進します。

夢見ることができればそれは実現できる

この言葉はウォルト・ディズニーの名言の一つで、ウォルト・ディズニーはある意味で常に夢を見ていたのかもしれません。
ディズニー社を設立した後に興行師とのトラブルから社員を引き抜かれ、社員だけでなく自社のキャラクターとは配給元を失って倒産寸前まで追い込まれます。
しかし夢を諦めなかったウォルト・ディズニーを救ったのは、人気キャラクター「ミッキー・マウス」の誕生でした。
多くの人は子供の頃の夢を、いつの間にか忘れてしまいます。
しかしウォルト・ディズニーは子供の頃の夢を、いつまでも忘れることはありませんでした。

まとめ

もし何に迷ったら子供の頃の夢を、思い出してみてはいかがでしょうか。
子供の頃にサッカー選手になりたいとか、アイドルになりたいとか誰でも何かの夢を持っていたはずです。
しかし大人になるにつれていつの間にか、子供の頃の夢を忘れ現実の出来事に悩み迷います。
夢は何も子供だけが見るものではなく、大人になっても見ることができます。
そしてその夢は願い続ければ、いつかそれは実現できるのです。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【諦めないならば夢が現実化する事例】

諦めないならば夢が現実化する事例

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です