LCC(ローコストキャリア)の上手な活用方法を教えます!

 

LCCとは英語で「Low・cost・carrier」と書きますが、一般にローコストキャリアと呼ばれている格安航空会社のことです。
日本国内にあるLCCはPeach(ピーチ)やSKYMARK(スカイマーク)など8つの航空会社が運航していますが、世界にはエアアジアをはじめ多くのLCCがあります。そこで今回はLCCの上手な活用方法について、いろいろと詳しく検証してみます。

LCCはどうして安いのか?

ANAやJALなどの大手キャリアの航空運賃に比べると、PeachやSKYMARKなどのLCCの料金は破格の安さです。中国の春秋航空が日本に就航した時の、茨城空港から上海浦東の国際空港までの料金がたった4000円だったのには驚きました。もちろん就航オープンのキャンペーン価格ですが、それでも国際線が往復でたった4000円とは普通は有りませんよね。LCCがどうして安いのかは大手キャリアの航空運賃のように、機内食もなければ毛布や枕の貸し出しを有料です。さらにチェックインの時に預ける手荷物もANAやJALなどであれば、20キロまでは無料ですが多くのLCCでは有料です。このように利用者にとってはこれまで当たり前だった、さまざまなサービスを簡素化して、安い格安料金を実現させているのです。

LCCの上手な活用方法

LCCの航空券はANAやJALなどの大手キャリアの航空運賃と違い、片道で購入でき利用期間の縛りがないオープンチケットです。つまり仮に香港までエアアジアで行って、帰りの便は違うLCCを利用することができます。またLCCの場合には早い時期に購入すればするほど料金が安くなる仕組みで、さらにバーゲンやキャンペーンなどが常に行われています。恐らく空席があれば、それを埋めるためのバーゲンやキャンペーンだと思われます。

まとめ

機内食も毛布も枕も必要ないという人は、LCCを利用すればかなり安く海外旅行にも行けます。ただ国内であればあまり気にならない座席の狭さも、国際線の機内では慣れないとかなり苦痛です。そんな方は少し高くなりますが、最前列か非常口がある座席であれば、ゆっくり足を伸ばすことができます。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です