もう騙されない!ネットで稼ぐ方法を調べるときの注意点

少し前、パソコン1台で稼ぐことができるネットビジネスが副業として人気になりました。それが今では、さらにコンパクトに、スマホ1台で稼ぐことができるようにまでなっています。そのどちらにも共通しているのが、「ネットで稼ぐ」ということ。

パソコンを使うにしろ、スマホを使うにしろ、ネットを使ってお金を稼ぐことで、時間や場所に制約の多い会社員・学生・主婦の方に広がっていきました。そして、ネット上ではクリック1つで100万円というような怪しい情報も広がっていくようになりました。

こうしたキャッチコピーが嘘かというと、そういうわけでもありません。事実、クリック1つで数百万円稼いでいる人はいます。ですが、そうなるために何年も時間とお金を費やして、試行錯誤してきた人ばかりです。

これからネットを使って稼いでいこうとする場合、ついついそうした言葉に惹かれてしまいますが、下手をすると、時間とお金を無駄にしてしまうこともありえます。そこで、これからネットで稼ぐことを目指して、どんなものがあるのか調べるときに注意したいポイントをまとめて紹介します。

 

ネットで稼ぐ情報はうさんくさい?

1
ネットで稼ぐ方法を調べると、かなり怪しい・胡散臭いという印象を持たれるのではないでしょうか。特にネットビジネスの業界は、独特な言葉遣いが多いため、初めて参入する人にとっては怪しさのオンパレードだと思います。

「毎日2時間だけの労働で100万円」とか、「半年後には月収100万」とか、夢のような数字が並んでいます。これが本当に実現できるのであれば素晴らしいですよね。ただ一方で、「だまされた」「詐欺だった」「稼げなかった」という声も多く聞きます。

果たして、ネットで稼ぐ情報は嘘なのでしょうか。詐欺なのでしょうか。私個人の感想としては、稼ぐ方法を発信している人たちの内容はだいたい間違ってないと思っています。確かに、同じようにやれば稼げるのですが、たとえば、前提条件が違ったり、時代背景が違ったりして、「たまたま稼げた」手法というのも存在します。そうしたものを取り組むと、嘘の情報だと感じるかもしれません。

ですので、胡散臭いもの・怪しいものがほとんどですが、嘘・詐欺ではない。と思っていただいて大丈夫です。

 

まずはネットビジネスの種類を把握する

2
それでは本題です。まず、ネットで稼ぐ方法を調べる場合、全体像をつかむようにしましょう。大きく、ネットビジネスでいうと広告を扱うアフィリエイトか物を販売する転売、投資関係のFX、情報を販売するコンテンツビジネスに分けられます。

はじめに目についた情報が、非常に魅力的に見えると、すぐに取り組みたくなってしまいますが、一度こらえて、大枠をつかむだけにとどめましょう。ネットで稼ぐには、時間と多少のお金は使うことになります。ですので、どういったものがあるのか、選択肢を出してから、自分自身にあったネットビジネスをやっていくようにしましょう。

実際、アフィリエイトをはじめたものの1000円程度しか稼げなかったのに、転売をはじめると一気に半年後には、50万円近い利益を出した人もいます。

使える時間とお金、適性から最適なものを選ぶのが、成功への近道です。そのためにも、ネットビジネスの種類は把握しておきましょう。そうすれば、何か新しい情報に出会ったときも「これは自分には合わない」と目移りすることが少なくなります。

 

メリット・デメリットを知る

3
ネットビジネスの種類を理解し、取り組むビジネスを決めたら早速、そのビジネスについて詳しく調べていきます。

特にあなたの選んだビジネスのメリット・デメリットを調べます。

たとえば、アフィリエイトを選んだ場合、初期投資はかかりません。無料ブログを使えば本当に無料でネットで稼ぎ始めることができます。ですが、売上につながるまでに3ヶ月~半年かかることもざらにあります。また、売上が確定しても報酬の振込が翌々月の15日というところが多いです。

そうなると、たとえば1月に報酬が「確定」したとしても、振込は3月15日になります。また、報酬の確定も長いところで90日かかるところがあるので、そうした案件だった場合、1月に報酬が「未確定」であがって、確定になるのが4月、そうして、振込が6月15日になると…約半年後にも先延ばしになってしまいます。

ですから、お金的に余裕があって、コツコツ取り組むことができるのであればおすすめですが、「今すぐ稼がないと」という人には向いていません。

逆に転売の中でも、国内転売(せどり)を選んだ場合、キャッシュの回転は非常にいいです。売れた2週間後には振り込まれます。5000円で仕入れたものが7000円で売れた場合、2週間後には2000円の利益になって手元に入ってくるわけです。ですが、在庫を抱えるとなると「売れないリスク」というものが出てきます。そうなると、“損”を出してしまうというデメリットがあります。

このように、本当に簡単な説明ではありますが、選ぶビジネスによってキャッシュの回転や稼げる金額、求められる時間が変わってきます。やってみたら、思ったより時間がかかった。かなり働く時間が必要だった。とならないように、前もって、メリット・デメリットをわかっておきましょう。

そうすれば、アフィリエイトで報酬の振込が遅かったとしても「こういうもんだ」と納得して、焦ること無く続けることができます。

 

はじめは、再現性の高いものを選ぶのがおすすめ

4
ネットビジネスの中でも、再現性の高いもの・低いものがあります。メルマガアフィリエトは再現性の低いものの典型で、情報発信者のスキルや環境に依存します。サイトアフィリエイトなどもそうです。SEOやコピーライティングなど様々なスキルが要求されます。たとえ教えている人がうまくいったからといって、あなたがうまくいくとは限りません。

ですので、これからネットビジネスに取り組んで稼いでいこうとする場合、再現性が高いかどうかを基準にして選ぶのもおすすめです。転売やトレンドアフィリエイトは、比較的、再現性の高い手法だと思います。

 

情報にお金を出すのも選択肢の1つ

5
ネットで調べると、数多くの人が「ネットで稼ぐ情報」を無料で公開しています。もちろん、それらをすべて読んで取り組んで行けば、結果を出すこともできるでしょう。

ただ、他の選択肢として情報にお金を出すこともあります。「情報商材」って聞いたことはありますか?何か胡散臭いイメージがあるかもしれません。詐欺だったり、嘘だったりとかなり批判されてもいるのですが、私は、意外と役に立つと思っています。

というのも、ブログやサイトに載っている無料の情報は、体系立てられてないですし、特殊な状況における解決策のようなものが目立ちます。実際に取り組んで、売上を上げられている段階であればそうした情報は非常に役立つと思うのですが、はじめたばかりのころですと、「じゃあ何からすればいいの?」となることが多いです。

ですので、選んだビジネスを体系的に学び、「最初の一歩」を明確に示してくれるようなものとして、情報にお金をかけるのもいいです。もちろん情報商材でなくても構いません。本やセミナーなど、「体系的に」学んで取り組めるものを選びましょう。

 

まとめ

6
「もうネットで稼ごうとするのは後発組で遅い」という言葉を耳にするかもしれません。ですが、これだけ稼ぐ情報が無料で見られるので、正直、昔よりも稼ぎやすくなっています。間違った選択をせず、継続して続けていけば、稼げるのは確かです。

ここで紹介したネットで稼ぐ方法を調べるときの注意点に気をつけながら、あなたにあったやり方を見つけて取り組んでいってください。お役に立てれば幸いです。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です