副業で高収入は詐欺?ネットで安全に稼ぐ方法

長過ぎる残業時間。突然の休日出勤。なのに、上がる見込みのない給料。そうなるとやっぱり「短時間」で「高収入」を得られる副業を探したくなりますよね。とはいえ、ネットで高収入という謳い文句はどこか詐欺臭さが伴います。

 

ためしに、Google検索で「ネット 稼ぐ 高収入」というキーワードを入れてみると、昔ほどではないにしろ、1クリックで100万円というようなあやしいサイトもまだまだ上位に表示されます。

 

本当にこうしたことが実現できるのでしょうか。うまい話はないということで、詐欺なのでしょうか。

 

◯ネットで「簡単」に「高収入」は詐欺?

結論から言うと、ネットに書かれている情報をそのまま鵜呑みにすることはかなり危険です。インターネットというのは良くも悪くも、誰でも情報を発信することができます。そして、Googleはその情報の信頼性というものを確認できません。

 

ということは、

 

たとえ実際には稼げていなくても、「稼げいる風」に文章を書くことができてしまうわけです。文才がある人であれば、稼いでいる人が伝えている情報を加工して、それっぽくみせることもできるでしょう。

 

ですから、まず大前提としてネットで簡単に稼げる系の情報は疑ってかかったほうが得策です。そうはいっても、本当にすべてが詐欺なのかという。そういうわけではないのが、ネットビジネスの夢があるところです。それは、またあとでお伝えします。

 

◯こんな言葉には要注意!詐欺だと感じるキャッチコピー

私自身、ネットで稼ぐ系の情報は集めています。このサイトで読者の方により良い情報をお伝えするためにも、様々な情報を集めています。

 

そうすると、「これはちょっといいすぎだな。」「詐欺と言われても仕方ないよ。」と思えるものにも遭遇することが必然的に多くなります。たとえば、

 

・初心者でも1ヶ月で100万円稼いだ

・パソコンの使い方がわからない人でもいきなり初月30万円

・あなたはなにもしなくていいのです

・不労所得

 

普通の精神状態でみたときであれば、「だれがこんな言葉に誘われて申し込むんだ。」と思えるようなものでも、その言葉だけにひかれて、内容をよく読まずに数万円から数十万円するものを買ってしまう人もいます。

 

ただ、ここで誤解してほしくないのが、「疑った方がいい」というだけで、確実に詐欺だとは言い切れないということです。

 

・初心者でも1ヶ月で100万円稼ぐ。

・パソコンの使い方がわからない人でもいきなり初月30万円

 

→「稼ぐ」の意味が“利益”ではなく“売上”であればわりと簡単です。100万円はどっぷりとやりこめば達成できます。本業の片手間でも、30万円くらいなら十分にできるでしょう。

 

私自身、物販系の副業は副業で、2週間位で売上としては30万は到達したので、初心者の方がやりかたを覚えるのに1週間、仕入れに1~2週間、販売期間が3週間というだけで、30万、50万は全然達成できる数字です。

 

・あなたはなにもしなくていいのです

・不労所得

 

→だいたい、こういった言葉のあとには(仕組みさえ作れたら・・・)が続きます。アフィリエイトなどが、その典型例ですよね。

 

報酬が発生する仕組みをつくることができれば、あとは1週間で1時間程度のメンテナンスをするだけで高額な報酬を得ることができます。放置していると当然、報酬は下がってきますが、それでも、「なにもしなくいい」というのは、広い意味では嘘と言いにくいでしょう。完全外注化のシステムまで作ってしまえば、連絡のやり取りだけで、報酬を上げ続けることができてしまいます。

 

◯安全に稼ぐには?

ここまでお伝えしたように、ネットに転がっている情報は嘘のものもあれば、本当のものもあります。ですが、せっかく取り組むならまずは「安全に」稼げるものがいいですよね。

 

というわけで、いくつか紹介していきます。

 

 

・WEBライター

 

高収入を狙えて、「安全に」稼ぎたいならWEBライターはおすすめです。ただ、簡単ではないです。最初は、クライアントを見つけるところから苦労するかもしれません。在宅ワークという考え方が広がって、今は多くの人がWEBライターになることができます。

 

そして、それだけWEBライターが多いということは、中には驚くほどの低単価でも仕事をうけてしまう人が出てきます。そんな中にこれから入っていこうと思ったら、最初は低単価でも受け入れて戦う。もしくは、専門的な知識を用いて、文字単価の高い仕事を受ける。どちらかが必要になるでしょう。

 

それからは、クライアントに満足してもらえる記事を書き、「質の高い」記事を書けるようになれば、文字単価の交渉もしやすくなります。

 

 

・WEBデザイナー/プログラマー

 

比較的、在宅ワークの副業で高収入となるのがWEBデザイナーやプログラマーのような専門スキルが必要となるものです。時給に換算すれば3000円~5000円くらいになるでしょうか。

 

企業に依頼するよりも低価格でそれなりのクオリティを求めるクライアントと、空いた時間で給料以外の収入がほしい「スキルを持った人」がそれぞれの願望に適した形で取引が行われます。

 

このような人たちをマッチングするサイトとしてあるのが、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスです。

 

案件を見てみると、WEBデザインに関する仕事は多く募集されています。PhotoshopやIllustrator、そしてデザインを考えられるスキルが必要になりますが、安全に稼げる仕事です。

 

 

WEBライター・WEBデザイナー・プログラマーのような仕事は、クラウドソーシングサービスを使えば、クライアントを簡単に見つけることができます。そして、仕事はクライアントから正式に依頼されて進めていくので、「お金を稼げない。」ということはまずありません。

 

そのうえ、単価としても交渉して高くできるので、副業でネットで安全に高収入を目指すなら取り組んでいきたいです。

 

 

◯リスクはあっても、高収入を目指せる副業

リスクとは言っても、ギャンブルのようなものではありません。リスクは、自分で事業をやろうと思ったら確実についてくるようなものです。副業となったときに、会社とは別に「誰かから仕事をもらってお金を稼ぐ」であれば、安全に行なえますが、「自分で仕事を作って稼ぐ」となったら別です。

 

実際に商品を販売してみて、「売れないリスク」があります。商品を仕入れると、その商品が売れ残って「在庫リスク」があります。時間と労力をかけたのに、報酬が数十円だったというようなあなたの費やした「時間と労力」に対するリスクもあります。

 

ですが、うまくいけば、本業以上の収入も目指せます。

 

 

・アフィリエイト

 

無料で始めることができるので、「お金」という面ではリスクがありません。むしろ、安全すぎるくらいです。ですが、その分、時間と労力をかけて取り組んでいく必要があるので、はじめのうちは、月に数百円しか稼げないかもしれません。

 

ここで挫けずに、半年、1年と続けることができれば、10万円、30万円は全然目指せる数字です。

 

・転売

 

転売の基本は、「安く仕入れて高く売る」ことです。在庫を持って始める転売であれば、売れ残ったときのリスクがあるので、お金面でリスクがあります。

 

とはいえ、10万円のものを仕入れて売れなかったから10万円分まるまる赤字になるかというと、そういうわけではありません。そういったものは、10万円ではうれないかもしれませんが、9万円、8万円くらいならほしいという人がいるものです。そのため、実質的な赤字は1万円~2万円。

 

他で利益を得られる商品を見つけていれば、その赤字分は簡単に補填することができるでしょう。そして、利益が出る商品を見つけたらひたすら売る。

 

それだけでもほとんど手間なく、利益で数十万円は目指せます。

 

 

◯ネットで安全に高収入を得るためのポイント

それは、最初から高収入を狙わないことです。まずは、月に1万円でもいいから稼いでみる。そして、「これはいけるぞ」と思えば、やる量を増やしたり、よりリスクを取ってみたりして利益を拡大していきます。

 

自分で選んだ副業を、永遠にやる必要はありません。もしやってみて、「なんか違うな?」と思えば、別のものを探すのも一つの手です。誰にも強制されてやるものではありません。

 

ぜひあなたにあった、楽しんで取り組める副業が見つかるのを祈っています。

 

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です