お金持ちになれる習慣「情報収集力」を育ててビジネスを成功させよう

国家間の戦争では相手の国の情報を、いかに多く集めるかで勝敗が決まるなど、昔から情報の重要性が言われてきました。日本でも戦国時代の忍者と呼ばれた忍びも、他国の情報収集を主な仕事としていました。敵対している相手の国がどれくらい鉄砲を持っているかを、知らずに戦えば負けることは言うまでもありません。お金持ちになりたいのであれば、同じことが言えます。そこで今回はお金持ちになれる習慣、情報収集力についていろいろと検証します

 

就活は情報収集力が全てって?


お金持ちになれるかどうかの最初の岐路が、就活と呼ばれている企業への就職活動です。日本の雇用制度は世界でもとても独自で新卒一括の採用制度で、もしこれを逃すと既卒と呼ばれ有利な就職が途端に難しくなります。それと終身雇用が崩壊したとは言っても依然として年功序列は残っていて、もしあなたが年収1000万円を目指すのであれば、社員の平均年収が1000万円の企業を目指すべきです。ではどうすれば社員の平均年収が、1000万円の企業に入社できるのでしょうか?まずは自分が希望する企業や業種の、平均年収が1000万円以上かどうかを調べましょう。次に企業が新入社員に、何を求めているのかその企業のホームページなどで調べます。それが分かれば、応募書類の書き方や面接での受け答えも自ずと決まってきます。

 

お金持ちになる人に共通した習慣


お金持ちになる人には共通した習慣が、必ずあるとよく言われています。例えばお金持ちはポジティブ思考する習慣を持っているとか、チャレンジしたことは必ず成功すると考える習慣があるなどです。他にも夜更かしをしないで早起きの習慣を持っているとか、お金持ちほど運動の習慣があるなどです。しかしもしあなたがこれからお金持ちになりたいのであれば、情報収集力の習慣を持つことは大事なことです。同じような能力の人でも、働く会社が違えば年収も異なります。もし少しでも年収アップしたいと考えるのであれば、同業他社の情報収集をすることです。

まとめ

今の時代は終身雇用制度が崩壊していて、会社が必要ないと判断した社員は、容赦なくリストラするような時代です。昔と違って、転職に対する考え方も大きく変わってきています。転職して年収アップを図るのであれば、周到な準備と情報収集力が欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です