PC1台で自由に生活する男の15の法則が常識外れ過ぎる!

2016/09/23 TREND
この記事は約 7 分で読めます。

 

75585

 「PC1台で生活する」という自由なライフスタイルはここ数年で一気にメジャーになり、

 以前は「自分の収入が気に入らない」「ブラック企業を脱したい」「今を変えたい」という場合に

 「転職」という方法がほとんどだったのに対して、

 

 近年インターネットを用いたビジネスで「脱サラ」「自由な暮らしを得る」という人が急増してきています。

 現在、約4000人への調査で「2人に1人」はこういったインターネットを用いた副業を行った経験があり、

 2年前より2倍の水準まで急増してきています。言わないだけで隣のデスクの同僚も経験者かもしれません。

 

 一方で「月5000円稼げない人が95%」という統計もあり、途中で挫折してしまうケースも少なくありません。

 ではどうしてほとんどの人が成功できないのでしょうか?

 

 「自由人の条件」(紙直樹/著)によれば、成功し自由になる唯一の方法は「常識の逆を行く」事です。

紙さんは、「常識の逆を行く人間」に「常識的に生きてる人間」は利用され、搾取されていると言っても過言ではないとしています。

 

世の中は「仕組みを作り人を動かす側」と「その仕組みで動かされる側」しかいません。仕組みを作る側からすると「常識的に生き、枠組みからはみ出さないように生きる人間」を

必要とします。となれば、当然世の中の学校、社会での教育は必然的に「自由に生きる事」ではなく「枠組みから出るな、常識的に生きろ」という教育になり、

自由になれない教育を施されてるのが原因ともいえます。

 

では「自由になれない人」「成功できない人」の特徴とは一体どんなものか?本書に掲載されてますが、そのうち7個を紹介します。

あなたはいくつ当てはまってるでしょうか?

 

・労働量=収入量である

・頑張り屋(真面目)である

・何かを始めるとき周囲の人間に意見を求める(または相談する)

・大手企業に勤める事、資格を保有することが安定だと信じている

・昇進するために日々精進している

・何かを始める時「今すぐできそうかどうか」で判断する

・「人が変わる3大要素」を知らない

 

%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%92%e8%be%9e%e3%82%81%e3%81%9f%e6%97%a5%e3%81%ae%e7%a7%81

いかがでしょうか?たくさん当てはまってしまった人は要注意です。一生「利用され、搾取される側」になってしまう可能性があります。

この「自由人の条件」では、「自由になるための15のルールを守り、金銭的・時間的・精神的自由を手に入れ、自分の生きたい人生を送ろう」としています。

 

例えば、ちょっと考えればわかる事ですが、「労働量=収入量」では働かなくなった途端に収入も無くなるわけですから一生馬車馬コースになってしまいます。

インターネットビジネスでは「収益が生まれる仕組み」を作る事が比較的容易にできます。

インターネット上に自分の「自動販売機」を設置することによって、労働量と収入量は良い意味で比例しなくなります。

 

また、「副業」や「自由になる」といった世間にあまり馴染みがない事を周囲に相談しても意味がありません。もしも成功者がいれば話は別ですが、

世の中で「年収1000万円」以上のいわゆる「金銭的に自由な人」は3.9%しかいません。

つまりそれ以外の人に相談したところで「そんなん無理だからやめとけよ」とネガティブでやる気を削がれる結果となるだけです。

 

ふつう、「学校や会社で金銭的・時間的・精神的自由になる方法」など教えてもらえません。ですから、「PC1台で自由に暮らす」という事に対して

憧れはあっても、上記のような考えに戸惑いを覚えるかもしれません。しかし、自由になる力が身につくという事は、自分で収益を生み出し、

自分の好きなように時間を使えるという事です。それは、災害で家を失ったとしてもどうにかできますし、職を失ってもどうにでもできますし、

家族や近い人を救ってあげる、助けて上げれることにもつながります。そのために本書「自由人の条件」は大いに役立つでしょう。

 

実は著者も3年半前までは「自由になれない人の特徴」に全て当てはまってました。

2016-06-15_01-20-47

・山手線で駅員に押し込まれた日々

・休みの日も仕事の電話が鳴りやまない日々

・大手企業に勤め資格試験の勉強に明け暮れる日々

・昇格しても月給が5000円増える程度

・面倒な飲み会、人付き合いでの気疲れ

 

職場での評価は悪くありませんでしたが、「真面目にコツコツ」これを繰り返した結果、なんの自由もありませんでした。

「本当にこのままでいいのか?」「あと何十年こんな生活が続くのか?」毎日葛藤しながら満員電車に揺られ、家畜のような気分と絶望感すら抱いてました。

 

あなたも同じ想いを抱いてませんか?「自由になりたい」「自分の人生は会社のためにあるわけじゃない」と感じたことはありませんか?

 

著者は常にそんな想いを抱いて生きてました。

 

ところがある時「自由になるための考え方(条件)」を学びインターネットビジネスをまずは副業からスタートしました。

その結果、今ではサラリーマン時代の年収を1か月で稼ぐほどになり、週に1回旅行に行き、意味のない人間関係のストレスからも解放され、

「金銭的・時間的・精神的自由」を手に入れることができました。

150713_summer-meet-location

今では起きたい時間に起きて、欲しいものは買える、そんな夢のような生活を送ってます。

 

その過程では特別な能力は必要なく、単純に「自由になる」というこれまで学ばなかったことを学んだ瞬間に人生が一気に好転したのです。

逆転ホームランのような逆転劇でした。

 

こんな話をすると「なんだか怪しい…」なんてあなたは思うかもしれませんね。そう思うのも仕方ありません。

なぜなら、「自由になる」という可能性をこれまで教えてもらわず「常識的に生きなさい」という考え方が植え付けられてるので

そういった反応はいたって正常な考え方です。

 

ですがあなたが信じられないような自由な生活を実際著者は送ってます。

「好きな場所で」「好きな仲間と」「好きな時間を」お金にまったく困る事ない毎日を送ってます。

img_1007

車や時計、ブランド品など欲しいものは手に入れ、旅行三昧の生活です。家族への仕送りも相当増えましたし、将来への貯蓄も十分。

一切の不安も不満もありません。

 

そのきっかけはすべて「自由になる」と決めて「自由になるための方法を知る」これを選択したことです。

もしそのたった1つの選択がなかったらと思うとゾッとします。

 

もしあなたが、著者と同じように「金銭的・時間的・精神的自由」を手に入れたいなら、現在2万人以上が購読している

著者のメールマガジンを読んでみてはいかがでしょうか?

今だけamazonランキング1位記念キャンペーン中につきメルマガ登録で冒頭の書籍「自由人の条件」電子書籍版を0円で手に入れることが可能です。

 

メールマガジンの情報を手にする事により

 

「自由になる考え方が理解できた!」

「日々生きる意欲が湧いた!」

「気持ちに余裕が出来た!」

「具体的なインターネットビジネスの手法を学べた!」

 

と、大きな評判になってます。(>>書籍プレゼントの詳細はこちら

 

また、今なら「まずは月収30万円 自由人集中講座DVD動画」の追加プレゼントも受け取ることができます。

あなたの人生を好転させる考え方や手法をここから学び取ってください。

 

↓バナーをタップしてプレゼントを確認する↓

75888-1






\ SNSでシェアしよう! /

Sideline Lab.|副業で自由な人生を謳歌するWEBマガジンの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Sideline Lab.|副業で自由な人生を謳歌するWEBマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!