ebay(イーベイ)輸出の裏技 顧客のメルアドを活用しよう!

皆さま、紙直樹です。
今回は「輸出ビジネスワンポイント講座 ebay(イーベイ)メルマガ活用編」です。

ebayでは、販売毎に顧客のメールアドレスを取得することができます。
その取得したメールアドレスもビジネスにつなげていきましょう。
ただ、これは正式な手法とは言いがたいので、ペナルティに注意しながら行ってください。

僕の場合、ebay輸出を始めて半年間ほどは素通り状態でしたが、その分を差し引いても、
おもちゃカテゴリの顧客リストには約1万件のメルアドが眠っていました。

その約1万件のリストを活用しない手はないということで、
過去にはいろいろなメルマガ施策を打ってきました。
では、その中でも一番ベーシックなものをご紹介していきます。

商品の告知をしよう


セール、新商品の告知です。
無在庫商品を他者よりも早く売り切りたいときなどに活用していきましょう。
効果としては薄いかもしれませんが、ちりも積もれば山となります。

僕自身はこの方法で一日の売り上げを約2.5倍に伸ばしました。
1万通に対して開封率は4~6%。約500通分が良い反応を示したことになります。
自己責任ではありますが、集客のきっかけにもなるので一度ご検討ください。

ただ、頻発してしまうと当然数字は下がっていきます。
月1~2回ほどの利用に留めておいたほうが良いでしょう。

メルマガ配信スタンド

これらを行うにはメルマガ配信スタンドが必要です。
オススメの配信スタンドは口コミでNo.1の『Mail Chimp』ですが、
申し訳ないことに、僕自身は『エキスパ』を使用しています。選択は自由です。

ステップメールについて

では、ここからはステップメールについてご紹介していきます。
基本的にメール配信スタンドは、
メールをセッティング通りに自動送信するためのツールです。

その機能を活用し、無事届いたか、発送後の商品の確認を行いましょう。
配送日数を計算してセッティングすれば可能です。
万が一ということもありますので、念のために一言添えておきましょう。

新商品の告知もカテゴリ別に行うことができます。
カテゴリを細かく絞っていくことによって、
顧客の要望に応じた商品を告知することができます。

自社サイトを立ち上げよう


次は自社サイトへの誘導です。
ebayに出品している商品を自社サイトで扱うようにしていきましょう。
自社サイトから販売することによって、ebay手数料を省くことができます。

ちなみにebay手数料は約10%。商品が50万円だった場合、5万円が手数料になります。
自社サイトを用いれば、その5万円は費用ではなく利益になります。
また、その分商品価格を下げることもできるので、顧客側にも嬉しい限りです。

自社サイトは有料です。もちろんPaypal手数料もかかります。
ただ、それほど高額ではありませんし、何よりOpenCaseを避けることができます。
PaypalでOpenCaseされることもありますが、ebayよりはリスクを抑えることができます。

このシリーズはまだまだ続きますので、楽しみにしていてください。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です