副業から起業したい?それなら絶対に準備しておきたい3つのこと

会社員生活を送りながらの副業は、たとえ失敗したとしても翌月にお金が入らなくなるなんてことはありません。たとえあなたが副業で全くの成果を出すことができなかったとしても毎月決まった日に、決まった金額が振り込まれます。その金額は会社が利益を大きく出しても、損失を出していたとしてもあまり大きく変わることはないでしょう。

 

ですが、会社員に見切りをつけて、これまで副業だったものを本業として取り組んでいくとなると当然ですが、事業で利益を出さなければ、最低限の生活すらできなくなってしまいます。

 

それは非常に勇気のいることです。たとえ今この瞬間がうまくいっていたとしても、明日突然、プラットフォームの規約変更や取引先の倒産(てるみくらぶなんて本当に突然でしたよね)なんてことが起こって、売掛金さえ回収できないなんていう事態になりえます。それを受け入れてこそ起業家でもあるのですが、この記事ではそんな副業から独立して起業するためには何が求められるのかをまとめておきます。

 

ぜひ、もう副業で十分に稼いでいて独立を考えている人からこれから副業を始めたいけどその後に独立することまで考えている人は考えてみてください。

 

 

 

1.会社員をやめて副業から独立するタイミングは?

これは、副業で取り組んでいた収入が本業を上回ったときだというのが一般的な考え方です。副業でそのような状態を作れるのであれば、独立してこれまで本業で使っていた時間を、副業の事業の時間に使うことによって、利益を倍にすることもできるでしょう。

 

ビジネスは戦争です。あなたが今、もしくはこれから副業で取り組んでいる事業についてはほとんどの場合ライバルがいます。そして、そのライバルたちというのは、1日の時間の大部分をその事業で成長させるために頭と労力と時間を使っています。

 

たくさん時間をかければいいというわけではないですが、やはり専業でやっている人と副業でやっている人とではあげられる成果が違ってきます。そのようなことから副業で本業を超えるくらいの収入があれば、税金や社会保険など会社が払ってくれていた見えないお金の分も十分にカバーすることができるでしょう。

 

 

2.最低半年

そして、副業から独立して専業となるタイミングの目安として、収入だけでなく持っている貯金額が半年分の生活費を超えているというのも入れておくといいでしょう。このお金は事業用とは別に、完全に半年間無収入であったとしても、今と変わらない生活を送れるだけの金額です。それだけの貯金があれば、事業で多少転んだとしても再起を図るために十分な時間を確保できます。

 

また、失敗しても半年間は無収入でも十分に食べていけるという安心感は想像している以上に重要です。貯金も持たず、気合いと勢いだけで独立して、半年、1年という長い期間を見た事業活動ではなく日銭を追うビジネス活動になってしまうと、事業として長く継続することが困難になってしまいます。

 

雑誌や本では背水の陣で起業して成功していったというサクセスストーリーがよく見受けられますが、これは裏を返せば、それだけ背水の陣で挑んで成功した人が少ないということです。少ないからこそ、雑誌などで取り上げられてインタビューになるのです。

 

成功した人の影には何十人、何百人もの屍が転がっていると考えていいでしょう。もちろんあなたが自分のことを天才だと思うのであれば、今すぐに独立して問題ありません。ですが、ちょっと不安がある。これから事業だけで生活もやっていけるか心配だ。という慎重派なのであれば、貯金を半年分しておくことがおすすめです。

 

 

3.7個以上の打ち手がある

貯金は半年以上残せていたとして、次に意識したいのが、今あなたが取り組んでいるビジネスにおいて、これからもっと成長させていこうと考えたときに何をすればそれを実現できるのかという打ち手が思い浮かんでいることが大切です。

 

個数の目安をよく聞かれるのでここでは7個としていますが、実際は10個位はあった方がいいでしょう。ビジネスはずっと同じ環境で続けられるわけではありません。競合も変化すれば、お客さんも変わりますし、市場も変化します。

 

その変化に対応してこそ、継続的なビジネスを営めるわけですが、これからの成長戦略の打ち手が1つしかない場合、想定外の事態が起きてしまったり、その打ち手が失敗してしまったときに次の施策を試すことができなかったり、タイムラグが生じてしまったりします。

 

そうなるとビジネスは停滞し、最悪の場合、一気に売上が下降してしまうこともあるでしょう。そしてビジネスとしての方向性も失い、いつしか目の前の作業をこなすことに一生懸命になって、会社員をしながら副業で収益をあげていたときよりもストレスは増大し、手取りは激減ということにもなってしまいかねません。

 

もし、あなたが貯金と打ち手について上記の条件を満たしていないのであれば、まだ独立しない方がいいかもしれません。せっかく、悪く言えば何もしなくても定期収入がある会社員なのですから、その特権を活かして、お金を貯め、次の打ち手を考えておくことをおすすめします。

 

 

4.覚悟しておきたい信用のなさ

 

 

あなたはまだ会社員だと思うのですが、これまで何度か引越しをされたことはございますか?クレジットカードを作ったことは?ローンを組んだことは?

 

このように会社員であれば何も気にすることがなかった賃貸の審査やカードの審査、ローンの審査などが驚くほど通らなくなります。起業家というのは、特に個人事業主というのは、世間ではほとんど無職と変わりません。住む家を探すことすら困難で、どれだけ稼ぎがあったとしても、1年間家賃を前払いするとは言っても家の審査が通らなかった人もいるくらいです。

 

これは、会社員をしていた頃には気づきにくい部分ではありますが、大きなメリットです。ですから、これから独立をしようとしている場合は、その前に「会社員の特権」は十分に使ってからにしておきましょう。

 

独立してしまうと、少なくとも3年は引越しできなければ、もローンも組めないと思ったほうがいいです。合わせて、クレジットカードも複数つくっておきます。個人事業主となってからは、今まで審査に落ちるなんて考えていなかったクレジットカードでさえ落ちてしまうことがざらにあります。また、限度額も学生とそんなに変わらない30万円なんていうこともあります。

 

転売などの物販をやられている場合、仕入れはカードで行うと思うのですが、限度額が少なければそれだけ仕入れられる金額にも制限をかけられてしまうわけですから、利益の上限が出てきます。だからこそ、独立してから新しくカードを作るのではなく、審査が簡単に通る会社員のうちに、現時点で使う使わないに関わらず3~5枚は最低でも作っておきましょう。

 

 

まとめ

会社員が副業から起業して独立しようとするために、

1.最低でも半年間、無収入でも今と変わらない生活が送れるだけの貯金

2.事業を拡大させるための打ち手7つ以上

3.事前に社会的信用を活用するところは使っておく

という大きく3つの準備項目を紹介しました。

 

1ヶ月、2ヶ月くらい、本業の収入を超えるなんてことはよくあることです。そこで勢い余って独立するのもありですが、冷静に現状を見直して、独立するかどうかを再考することがおすすめです。そして独立するときはもう二度と会社員には戻れないという強い気持ちで取り組んでいきましょう。

 

 

 

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です