同世代の平均年収は?学歴や偏差値とあなたの年収の関わり

あなたは自分と同じ年代の人たちがどれくらいの年収があるのか、気になったことはありませんか?
学校での偏差値を人と比べあった経験は多くの人にあるかもしれません。
しかし収入というのは年齢を重ねるごとに不思議と周囲の人に聞き難くなってきますよね。
これまで会社で頑張ってきたけど、実は平均より劣っていたとしたら。

このような年収がより高いか、低いか知るための数字を年収偏差値と最近は呼んで、比較対象にしています。
あなたの年収偏差値はどのくらいでしょうか。
そして、同じくらいの偏差値の学校を卒業した人たちは今、どれ程の収入を得ているのでしょうか。

 

最近よく聞く年収偏差値って?

年収偏差値の高いサラリーマン

最近年収についての話がある中でよく使われる言葉があります。
「年収偏差値」
なんとなく聞いたことがあっても具体的に知っている方は、少ないのではないでしょうか。
この項目では年収偏差値とはなにか?という部分について見ていきたいと思います。

年収を偏差値で表すことの意味は捉え方により様々でしょうが、今自分自身が置かれている状況を客観的かつ正確に把握することの重要性は誰しもが必要とする情報なはずです。
テストの点数と違い、年収は努力だけではどうにもならない要素があるとはいえ、「だから何もしなくていい」という考え方は、非常に危険です。
平均値や目先の金額の増減だけで語られがちな年収を多角的な視点で分析することは、自分自身の状態が数年でどう推移しているかを正確に知る手段となります。これにより、より具体的な目標値を見定め、それに向かった具体的な行動(対策)を起こすきっかけになるはずです。 正確な状況分析は、具体的な対策行動のための第一歩となるはずです。

(出典:REPOLOGより http://www.sekkachi.com/entry/Nenshu_Hensachi

簡単に噛み砕くと年収偏差値とは、
年収という概念だけでは地域差、年齢差、性別によって年収の意味は大きく異なることから、結局自分の年収が普通であるのか、低い方なのか、高い方なのかを判断する基準です。

 

年収偏差値の高い人は100%学歴が高いのか

大学講堂

年収偏差値については前項で簡単にお伝えしましたが、「結局、年収偏差値が高い人って学歴の偏差値も高いの?」という疑問は残ります。
学歴と年収偏差値は比例しているかどうか、年代別の年収を統計したものがこちらです。

年代別の年収を統計

年齢  男性 女性
19歳以下 157万円 104万円
20~24歳 265万円 231万円
25~29歳 378万円 297万円
30~34歳 446万円 301万円
35~39歳 502万円 293万円
40~44歳 564万円 290万円
45~49歳 629万円 290万円
50~54歳 656万円 291万円
55~59歳 632万円 270万円
60~64歳 477万円 227万円
65~69歳 389万円 201万円
70歳以上 359万円 204万円
(出典:年収ラボより http://nensyu-labo.com/

一見すると年齢を重ねていくのと比例して年収も増加しているのがわかるのですが、学歴などによっても変化するものですから、一概には見えてこないですよね。
このデータだけでは親近感を持って見るのはなかなか難しいと思います。
それではこちらを見てみましょう。

学歴別賃金カーブ

学歴別平均年収

学歴(年収) 男性 女性
中学卒 383万9,600円 242万6,500円
高校卒 458万5,100円 294万2,300円
高専・短大卒 484万1,300円 381万2,100円
大学・大学院卒 648万1,600円 443万4,600円

(出典:年収ガイドより https://www.nenshuu.net/sonota/contents/gakureki.php

これを見ると確かに学歴に比例して平均年収が上がっているのがわかります。
この差を大きいと捉えるか、少ないと捉えるかは人それぞれですが、これらの情報はあくまでも平均であり、高卒であっても年収1,000万円を超えている方々もなかにはいます。
例えば、YouTuberであるヒカキンさんは大学には行かず、卒業された新潟県立新井高等学校も偏差値50前後と比較的普通の学歴ですが、2017年の予想されている年収は3~6億円とも言われています。

さらに、GMOグループの社長である熊谷正寿さんは、最終学歴が中卒であるにもかかわらず売上1,000億円を達成しているのは言わずと知れた事実ですよね。
必ずしも学歴=年収ではないのは言うまでもありませんね。
簡単なことにはなかなか思えないかもしれませんが、学歴や偏差値が低いからといって嘆く必要はなく、自分で収入をあげていくことも可能です。
反対に、学歴が高いからといって安定した生活を送り続けられるかというと、それもここ数年では大きく変化してきています。

 

偏差値が高いから年収も高い、という考え方は古い!?

偏差値の高い人と普通の人が握手

少し前までのイメージでは学歴=年収と直結していたのですが、最近ではそれに該当しないケースも増えてきていますね。
例えばこんなワードを聞いたことはありませんか?

「高学歴ニート」

高学歴にもかかわらず、就活で内定をもらえず失敗、もしくはそもそも就職活動をしない方のことを指します。
中には就職した先で自分と合わないと感じ我慢できずにやめてしまうケースや、第一志望の就職先に内定をもらうことができなかった場合には未練を感じやめてしまうケースがあります。
その後思うような就職先を見つけられず、そのままニート生活を続けてしまう人も高学歴ニートに該当します。
仕事ができる人が必ずしも高学歴であるという考え自体が今後もしかしたら覆るかもしれませんね。
同時に学歴が低い人は希望がない。という考え自体も古い考え方として定着する日も遠くはないはずです。

そして、直近では政府も副業解禁を大々的に進めていますから、今後は益々、個人の年収は学歴に分け隔てなく増えていく、増やすことができる時代が訪れます。
というよりすでにアンテナを張り巡らせている方はすでに稼ぎ始めていますよね。
先ほども言いましたが、「学歴=年収」という概念自体が古い考えにもなり得る時代です。
これから訪れる時代で重要なのは、古い考えにとらわれず、会社など自分以外の存在への収入面での寄りかかりの考えをできるだけ取り除き、度々訪れる産業革命に対し「自分の力で稼ぐために」今どうするべきかを考えて柔軟に立ち回るための準備をしておく必要がある、という点です。

低学歴でも年収が高い人はなにを始めているのか

ぶっとんだ収入の低学歴サラリーマン

たとえ学歴は低くても自分や家族の幸せというものに意識を強く持っている人は、将来への不安や強い目標を持っています。
簡潔にお伝えすると、低学歴でも年収が高い人は、最初から勤めている会社に依存や期待をしていません。
自分で副業という形であったとしても稼ぐ力を身につけ行動し、学歴と関係なく稼いでいるというのが一つの答えです。

会社に依存している人は、収入が減って満足に旅行など遊びに行けないことや、節約をしなければいけない現状について、会社や時代、はたまた行政のせいだと口を揃えて言います。
自らが適応し変えていかなければ未来も変わることはありません。
近い将来、あなたが行動を起こした先に見えてくる世界はどのようなものでしょうか?

 

AIの台頭により、収入はおろか職自体がなくなる未来

今の給料は続かないかもしれない

前項で「度々訪れる産業革命」という表現をしましたが、AIの急激な発達に伴い、確実に人間の仕事は無くなっていきます。
Lv.4自動運転技術(アクセルもブレーキもない、座るだけの車)の導入により、多くの配送業やタクシードライバーは職を失います。
それだけではありません。
自動運転技術が発展するとともに、交通事故も当然減るので、板金屋さんやリペア塗装を主に行っている会社、もっというと保険屋さんまでもが大きな影響を受けることになるのです。

また、完全に無人のお店の形態が発展すれば、店員さんも雇う必要が無くなりますし、行政が進めている働き方改革によるノー残業デーや、リタイア世代の再就職推進や非正規雇用の給料を引き上げる等の数々の改革によって現役で働いている社員の給料が削られる自体も想定できますよね。
ノー残業デーやプレミアムフライデーなどで喜んでいる方は、他人事ではありません。
上記のことからも予測ができるとは思いますが、年収の推移を考察してみましょう。

民間平均給与推移
(JIJI.comより https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_company-heikinkyuyo)

ここ数年上がっているのは事実ですが、長いスパンで見た所、維持できていないのが現状です。
それに加えて物理的に仕事が減って行くことで、生活レベルが年々下がるのは納得ですよね。
これからは少子高齢化も加速することがわかっていますから、今後より税金も増えて収入が必要になるのがわかっているのに、尚更収入が減少するのは目に見えています。

現在みなさんが見ている年代別の年収グラフはあくまでも現在の統計であって、例えば、「50代になったら今より楽になる」といった目安も年々減少することをしっかりと想定できていればいいのですが、そうではない場合がほとんどだと思います。
昇給があったとしても思ったほど上がらないのなんて今では当たり前ですよね。

 

将来の不安をなくすために、今知っておくべきこと

選択肢が増え家族団欒

稼げる様になると、金銭的にも精神的にも自由度が引き上がります。
稼いだお金で趣味を謳歌するのもいいですし、家族のために使うこともできます。
大きな問題の解決という視点では、子供がいる家庭では子供の将来の選択肢を思いっきり広げてあげることもできますし、愛する人に自分の力で豊かな生活を送らせてあげることができる様になるのです。
冒頭で年齢に比例して年収も増加することをお伝えしましたが、自由を得るなら少しでも早い方がいいですよね。
なぜならのんびりしていては選択肢が増えた頃に趣味なども含め行動できることの幅が老化や環境の変化によって減少するからです。
収入や時間が増えても身体がついて来なかった。ではやはり勿体無いです。
子供が一緒に遊べる時期に忙しく仕事ばかりしていて、いざ余裕ができた頃には学校行事や部活で忙しくなかなか旅行にも行けなくなっていたりするのです。
「いつかは自分も」と思っていたら子供の進路はもちろん、家族や愛する人を幸せにするための選択肢をも減らすことになりかねないのです。
しっかりと予測できる将来の情報にアンテナを張り巡らせ、早期に気付き、人より早い段階から最適な対策を練って行動を始めていくことで自分の力で数々の選択肢を増やし精神的自由や収入の悩みを解消していくことができるのです。

もしあなたが、「少しでも早く将来の不安を無くしたい」「愛する人を守るための力が今すぐに欲しい」と本気で思っているのであれば、最初の一歩として是非この書籍を読んでみてください。
この書籍には、今のあなたにとって必要な「情報のアンテナ」を張り巡らせていく為の一生役に立つ内容が満載に詰まっています。
電子書籍なのでパソコンでもスマホでも、空いた時間に好きなだけ読むことができます。

 

 

 

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です