サラリーマンに人気のインターネットで効率的に稼げる副業5選

約20.1%、5人に1人以上の割合でサラリーマンの人も副業をしているというアンケート結果がでていました。副業禁止の会社が多い中で意外にも隠れて副業をしている人が多いようですね。

 

最近では“働き方改革”とも言われるように、国としても副業を推し進める方向に歩み始めています。今まで副業をやっている人からすると「これでこそこそしなくても大丈夫だ」と嬉しい反面、まだ副業をやったことがない人にとってはかなり不利な方向と言えるでしょう。

 

今までは終身雇用、1社にしか勤めないということが当たり前だった時代ですが、副業推進によって、国も「会社はあなたが定年するまで雇うとは限らないですよ。」「しっかりとスキルをつけてくださいね。」と暗に示していると感じられます。

 

さて、では実際にサラリーマンがやっている副業とはなんなのでしょうか。この記事では忙しいサラリーマンでも多くの人が取り組んでいる人気の副業をご紹介します。

 

◯約半数がインターネットを利用

副業しているサラリーマンのうち、約半数の人がインターネットを使った副業に取り組んでいます。仕事終わりの居酒屋やコンビニでのアルバイト、土日休みでの引越し・ガソリンスタンドでのアルバイトなど時間を切り売りしてお金を稼ぐのではなく、インターネットを活用して、自宅にいながらでも稼げる方法を選択する人が多いです。

 

やはりこれだけインターネットが普及した時代で、サラリーマンとして何らかのスキルや金銭的な余裕があれば休日に自分の体力と時間を切り売りして数千円稼ぐよりも、自宅に居ながら少し頭を使って、1日数時間の作業で稼ぐほうが副業として取り組みやすいですよね。

 

◯インターネットで人気の副業

そんなインターネットを活用した副業ですが、その中でもサラリーマンが主に取り組んでいたものは

 

1.株式投資

2.アフィリエイト

3.FX

4.クラウドソーシング

5.ネットショップ

でした。

 

株式投資やFXなどの資産運用は以前から会社としても副業として認めているところが多く、そういう理由で取り組まれている方も多いです。副業が原則禁止の公務員でも株式投資などの資産運用は認められていますからね。

 

またFXも最近では1万円からでも始められるような仕組みになってきていて、隙間時間でも取り組めるということで増えてきています。またランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを利用するサラリーマンの人もここ数年で急激に増えてきました。

 

 

それでは個別に紹介していきます。

 

 

1.株式投資

毎日が忙しいサラリーマンにとって、副業をするというのはそう簡単ではありません。特に家庭を持っているような人ならなおさらです。遅い時間に仕事が終わって、平日は帰ってきたら寝るだけ、休日は家族サービスと、副業をする時間すら取れないことが多いでしょう。そうなると副業なんて考える時間がないですよね。そこで、そんなサラリーマンの人でも取り組める副業として、長期運用を前提とした株式投資を行う人が多いです。

 

デイトレードや短期投資の場合、毎日データ分析しながら、勉強もしながら、相場を読んで売り買いするというのは圧倒的な不利状態なのは間違いありません。専業トレーダーと戦わなければいけないので、せっかく始めたとしてもすぐに投資資金を溶かしてしまうことは覚悟して置かなければいけません。

 

一方で長期投資であれば、細かい毎日の分析はする必要がありませんし(もちろんできるならやったほうがいいですが)、大きな流れを捉えることで数百万円から1000万円近い利益を出すこともできます。

 

これから10年以上は安定して収入が入ることが確定しているサラリーマンならではの取り組み方ができます。

 

2.アフィリエイト

アフィリエイトは副業としてサラリーマンだけでなく、主婦の方にも人気な仕事です。中にはアフィリエイトで月間100万円以上稼いでサラリーマンを辞めて独立したという方もいらっしゃいます。

 

サイトのような資産型であれば、最初は作業量の割に報酬がついてこないかもしれないですが、徐々に1日数時間の作業で日給10万円を超えるような日もやってきます。

 

特にスマートフォンも普及し、スマートフォンから商品を買うことも一般化してきた今、稼ぎやすくなっているとも言えます。ただ、アフィリエイトは案件の緊急停止や広告主側の一方的な都合によって、突然の提携解除などリスクも存在します。

 

アフィリエイトで月100万、サラリーマンとしての給与以上に稼いだから独立したという人も、その数カ月後に規約変更やGoogleのアルゴリズム更新によって報酬が激減し、アルバイトしないと生活できなくなったという人もいます。気軽に取り組めて、本格的にやれば稼げる副業ではあるのですが、変化が激しいビジネスでもあるので油断は禁物です。

 

「これでどんなことがあっても大丈夫」と思えるまでは、会社員を辞めない方がいいでしょう。

 

3.FX

FXはドル円やユーロ円などの通貨を売り買いすることで、その差額を利益として得るものです。最低10000通貨単位での取引が主なFX口座が多く、資金的な余裕がなければ取り組めないものでした。ですが、最近では1000通貨単位でも取引できるような口座が増えてきて、レバレッジをうまく活用すれば1万円からでも取り組めます。

 

通貨の相場は毎秒単位で変わり、経済的なイベントがあったときにはそれだけで1円以上の価格が変化することもあります。それによって短期間で億万長者になる人もいれば、借金まみれになる人もいる、ハイリスクハイリターンなものとなっています。

 

取り組みやすそうだからと安易に手を出すと、一瞬で元金を溶かしてしまうので、最初はデモトレード、そして少額投資での実践、慣れてきたら金額の引き上げ、という手順で取り組むことがおすすめです。

 

FXによる借金は自己破産もできないので、リスクを取りすぎるとあとから大変なことになります。

 

4.クラウドソーシング

一番確実にお金を稼ぐならクラウドソーシングはおすすめです。企業に頼むよりも安い価格で仕事をお願いしたいクライアント企業と、副業として少額でもいいから稼ぎたい個人がマッチングしやすい環境が整っています。

 

稼げる金額としてはだいたい月に3万円から多い人で10万円程度ですが、アフィリエイトや株式投資、FXとは違って、取り組めば確実にお金をもらえるのでリスクがありません。案件としてはWEBメディアでの記事執筆やWEBサイトのデザイン、バナー制作、システムのプログラミングなどがメインです。

 

仕事でプログラミングしているのであれば、クラウドソーシングの仕事を空き時間にするだけでも、月に10万円以上は稼げます。リスク無く取り組みたいけどアルバイトする元気はない。これまでの経験やスキルを活かして仕事をしたい。というサラリーマンにはおすすめです。

 

5.ネットショップ

特別なデザインスキルやサイトに関する知識がなくても、BASEやカラーミーなどを使えば誰でも簡単に、それなりのデザインのネットショップを創ることができます。ネットショップであればAmazonやヤフオクなどの規約を気にせず、好きなように商品を販売することができるので、じっくりと腰を据えて取り組むにはおすすめの副業です。

 

問い合わせをメールのみにしていれば、サラリーマンをしていても昼休みなのに返信して対応することができます。ネットショップは軌道に乗れば安定しやすいものではある一方で、時間と労力がそれなりにかかるのも事実なので、サラリーマンの副業としては取り組んでいる人も多いですが、副業の中では人気が5位となっています。

 

まとめ

 

近年サラリーマンをしていても、このまま給料がうなぎのぼりというケースは稀です。ボーナスも業績によってはカットされる企業も多い中、会社の給料だけに頼るのはリスクでしかありません。

 

まずはできることから、月に3万円でもいいので副収入を目指して取り組んでいきましょう。

 

 

 

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です